本のページ

SINCE 1991

角田光代さんが5年ぶり長編小説「タラント」を読売新聞で連載開始 今を生きる女性を主人公に、ほんとうの「才能」とは何かを問う 挿絵は木内達朗さん

角田光代さんが5年ぶり長編小説「タラント」を読売新聞で連載開始

角田光代さんが5年ぶり長編小説「タラント」を読売新聞で連載開始

直木賞作家・角田光代さんの新作小説「タラント」の連載が7月18日から、読売新聞朝刊で始まります。

角田さんは『源氏物語』(全3巻/河出書房新社)の現代語訳に専念するため、2015年まで執筆した『拳の先』を最後に、長編小説を書いていませんでした。今回が5年ぶりの長編執筆となります。なお、読売新聞で連載小説を手掛けるのは、2005年11月~2006年7月に連載した夕刊小説「八日目の蝉」以来、2回目となります。

 

現代を生きる女性を主人公に、家族、戦争、パラスポーツなどのテーマを描く

「タラント」の主人公は、香川のうどん屋が実家で、18歳の大学進学とともに上京した「みのり」。映画関連の会社で働く男性と結婚し、現在は洋菓子店で働いています。間もなく40歳を迎えるみのりの日々の生活や、中学2年生の甥や90歳代の祖父との交流などを描きながら、戦争やパラスポーツなどのテーマを扱っていきます。タイトルの「タラント」は才能、賜物の意味です。

 
角田光代さんは、2005年の直木賞受賞作『対岸の彼女』やベストセラー『八日目の蝉』などで、現代女性の生き方を描く一方、戦後に満州(現中国東北部)から引き揚げた一家を描く長編『ツリーハウス』(2010年)を発表するなど、近代の歴史と等身大で向き合った作品を発表しています。

今作はこれらの流れを受けた、細やかさとスケールの大きさを併せ持った作品となりそうです。

 
◆連載にあたって……角田光代さんのコメント

新約聖書の「タラントのたとえ話」を読んだときから、神さまがしもべたちに与えたタラントはなんだろうと考えていました。私はキリスト教徒ではありませんが、私たちそれぞれに与えられたものについては考え続けています。与えられたものは何で、どうすればそれを生かすことになるのか。
小説を書くのはじつに5年ぶりです。最後まで書き切れるか、正直、不安しかありませんが、書くことで、考えていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

挿絵はイラストレーターの木内達朗さん

挿絵を担当するのは、イラストレーターの木内達朗さんです。重松清さんの小説『きよしこ』の装画と挿絵、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズ、「下町ロケット」シリーズなどの書籍装画をはじめ、数々の作品を手掛けてきたベテランの描き手です。角田さんの作品世界に、毎日1枚ずつ彩りを添えていきます。

 
◆連載にあたって……木内達朗さんのコメント

角田さんの物語は、リアルな世界が描かれている。小説にある程度に忠実に沿いながら、読者のイメージを膨らませるものを描いていきたい。

 

読売新聞オンラインで同時掲載

「タラント」の連載は、読売新聞のデジタルサイト「読売新聞オンライン」(https://www.yomiuri.co.jp/novel/)でも毎日更新されます。バックナンバーのまとめ読みができ、イラストもカラーで楽しめます。

 
なお、連載開始にあたり、角田光代さんのロングインタビュー(https://www.yomiuri.co.jp/novel/taranto/20200710-OYT8T50033/)も掲載されています。

 

角田光代さん プロフィール

角田光代(かくた・みつよ)さんは、1967年生まれ。1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞してデビュー。

2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、2005年『対岸の彼女』で直木賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞。2011年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で柴田錬三郎賞、2014年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞するなど、数多くの文学賞を受賞。

準備期間を含めると6年をかけた『源氏物語』現代語訳は、2017年から刊行を始め、2020年に刊行を終えた。敬語を少なくした歯切れの良い訳文で、古典の新たな魅力を切り開いたと話題を呼んだ。

 

木内達朗さん プロフィール

木内達朗(きうち・たつろう)さんは、1966年生まれ。国際基督教大教養学部生物科卒業後、渡米してイラストレーションを学ぶ。アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン、イラストレーション科卒業。

数多くの小説の挿絵や装画、絵本などを担当。『月の光』(作:重松清さん)などにより、講談社出版文化賞さしえ賞を受賞。

 
【関連】
連載小説 : 読売新聞オンライン
角田光代さんの「タラント」18日スタート : タラント : 連載小説 : 読売新聞オンライン

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です