本のページ

SINCE 1991

“文学少女”シリーズの野村美月さん3年ぶり新作は同一人物を主人公にラノベと文芸で2冊同時刊行

野村美月さんが同一人物を主人公にラノベと文芸で2冊同時刊行

野村美月さんが同一人物を主人公にラノベと文芸で2冊同時刊行

“文学少女”シリーズで知られる野村美月さんの3年ぶりとなる新作『むすぶと本。『外科室』の一途』(ファミ通文庫)、『むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長いおわり』(KADOKAWA文芸単行本)が6月30日、KADOKAWAより同時刊行されました。

また、刊行を記念して『むすぶと本。『外科室』の一途』第1話の朗読を公開。著者・イラストレーターのサイン入り書籍などがもらえるキャンペーンも開催中です。

 

野村美月さん×竹岡美穂さんの「“文学少女”シリーズ」コンビで新たに贈る、本にまつわる物語たち!

ライトノベル史に残る傑作「“文学少女”シリーズ」の野村美月さんによる3年ぶりの新作発売が決定しました。

しかもファミ通文庫と文芸単行本の2ジャンルで6月に同時発売。
「むすぶと本。」という共通のシリーズ名を冠している通り、同じ主人公「榎本むすぶ」を描く二作になります。

そして見逃せないのが、彼が通う高校の名前、聖条学園。“文学少女”シリーズのファンにはおなじみのはず――そう、この新シリーズは、同じ世界を舞台とした別の物語なのです。

 
イラストは“文学少女”シリーズに引き続き竹岡美穂さんが担当しています。

 

「むすぶと本。」について

■『 むすぶと本。 『外科室』の一途』(ファミ通文庫)

〈野村美月さん×竹岡美穂さんが紡ぐ、人と本のための物語〉

本の声が聞こえる少年・榎木むすぶ。駅の貸本コーナーで出会った1冊の本が“ハナちゃんのところに帰らないと”と切羽詰まった声で訴えてきて――。
表題作、泉鏡花の『外科室』ほか、さまざまな人と本の問題を、 “本の味方!”榎木むすぶが解決していく学園ビブリオミステリー。

■『むすぶと本。 さいごの本やさんの長い長いおわり』(KADOKAWA)

〈ある本やさんの最後に起こった、かげがえのない出会いと小さな奇跡の物語。〉

とある街の、最後の “本やさん” で起こった出会いと小さな奇跡の物語。
店主が亡くなり閉店フェアをやることになった幸本書店。
そこに現れたのは、故人から幸本書店のすべての本を任されたという高校生・榎木むすぶ。彼は本の声が聞こえるらしく――。
“本の味方!”榎木むすぶのビブリオミステリー。

 

野村香菜子さんによる小説試し読み朗読を公開!

野村美月さんの新作小説『むすぶと本。『外科室』の一途』(ファミ通文庫)の発売を記念して、第一話「『長くつ下のピッピ』の幸せな幸せな日」の朗読が公開されました。

 
朗読は『むすぶと本。『外科室』の一途』と同じイラストレーター・竹岡美穂さんが描く、キミラノのオリジナルキャラクター、〈綴野つむぎ〉を担当する声優・野村香菜子さんです。

 
本の声が聞こえる男の子「むすぶ」、むすぶの運命の一冊で恋人の「夜長姫」、自分の持ち主を探す小さな女の子の本「ピッピさん」、頼りになる才色兼備の「姫倉悠人先輩」に、討論会を繰り広げる本の「ご老人」など、野村香菜子さんが演じ分ける多彩なキャラクターも必聴です。

1話をまるごと無料で朗読しており、100分以上の大ボリュームです。是非ご堪能ください。

 
【動画】

 
また、『むすぶと本。『外科室』の一途』(ファミ通文庫)の小説試し読みも公開されています。

また、同日発売の同シリーズ『むすぶと本。『さいごの本やさん』の長い長い終わり』(KADOKAWA・単行本)も試し読みを公開中です。

 

3アカウント合同企画 #キミラノ試し読み キャンペーンも開催!

<参加方法>

野村美月広報部(@pr_nomura https://twitter.com/pr_nomura)、ラノベニュースオンライン公式Twitter(@lnnews https://twitter.com/lnnews)、キミラノ公式Twitter(@kimi_rano https://twitter.com/kimi_rano) の3つのアカウントをフォロー!

『むすぶと本。『外科室』の一途』、『むすぶと本。『さいごの本やさん』の長い長いおわり』の感想を、
#むすぶと本
#キミラノ試し読み
の2つのハッシュタグを付けて投稿してください。
※どちらか1冊分の感想の場合は作品名をわかるように明記してください。

抽選で野村美月さん、竹岡美穂さんのサイン入り新刊2冊セットを3名にプレゼント。

 
<応募締切>
2020年7月7日(火)18:00

 
ラノベニュースオンラインにて、野村美月先生のインタビューも掲載中です。
朗読×試し読み×インタビューで『むすぶと本。』の世界をたっぷりとお楽しみください。
★インタビュー:https://ln-news.com/articles/108973

 

むすぶと本。 『外科室』の一途 (ファミ通文庫)
野村 美月 (著), 竹岡 美穂 (イラスト)

野村美月×竹岡美穂が紡ぐ、人と本のための物語、開幕!

本は読み手を、深く愛している。
本の声が聞こえる少年・榎木むすぶ。とある駅の貸本コーナーで出会った1冊の児童書は“ハナちゃんのところに帰らないと”と切羽詰まった声で訴えていた。恋人の夜長姫(=本)に激しく嫉妬され、学園の王子様・姫倉先輩の依頼を解決しながら、“ハナちゃん”を探し当てるのだけれど……。
健気な本たちの想いを、むすぶは叶えることができるのか!?
表題作・泉鏡花の『外科室』ほか、“本の味方!”榎木むすぶがさまざまな人と本の問題を解決する学園ビブリオミステリー登場!

むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり
野村 美月 (著), 竹岡 美穂 (イラスト)

街の“最後の書店”で起こった、かけがえのない出会いと小さな奇跡の物語

店主の急死により、閉店フェアをすることになった幸本書店。
そこに現れたのは、故人の遺言により幸本書店のすべての本を任されたという都会から来た高校生・榎木むすぶ。彼は本の声が聞こえるという。
その力で、店を訪れる人々を思い出の本たちと再会させてゆく。いくつもの懐かしい出会いは、やがて亡くなった店主・幸本笑門の死の真相へも繋がってゆく――。
“本の味方!”榎木むすぶが繋ぐ本と人のビブリオミステリー。

 
【関連】
『むすぶと本。』野村美月新作2冊同時刊行特集|キミラノ
【特集】『むすぶと本。』シリーズ2冊同時刊行記念 「人」と「本」の絆を巡る物語を綴る野村美月先生インタビュー – ラノベニュースオンライン
野村美月広報部 (@pr_nomura) / Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です