本のページ

SINCE 1991

【第65回小学館漫画賞】『ねこ、はじめました』『舞妓さんちのまかないさん』『凪のお暇』『アオアシ』『かぐや様は告らせたい』などが受賞

第65回小学館漫画賞の受賞作が決定!

第65回小学館漫画賞の受賞作が決定!

小学館は1月23日、第65回小学館漫画賞の受賞作を発表しました。

 

第65回小学館漫画賞の受賞作が決定!

第65回小学館漫画賞の各部門の受賞作は次の通りです。

 
■児童向け部門

環方このみ(わがた・このみ)さん
『ねこ、はじめました』(小学館『ちゃお』連載中)

 
■少年向け部門

小山愛子(こやま・あいこ)さん
『舞妓さんちのまかないさん』(小学館『週刊少年サンデー』連載中)

 
■少女向け部門

コナリミサト(こなり・みさと)さん
『凪のお暇』(秋田書店『Eleganceイブ』連載中)

 
■一般向け部門

◎小林有吾(こばやし・ゆうご)さん
『アオアシ』(小学館『ビッグコミックスピリッツ』連載中)

◎赤坂アカ(あかさか・あか)さん
『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』(集英社『週刊ヤングジャンプ』連載中)

 
■審査委員特別賞

◎(株)藤子・F・不二雄プロ
「『ドラえもん』を世界的キャラクターに発展させた功績に対して贈呈」

◎沢田ユキオ(さわだ・ゆきお)さん
『スーパーマリオくん』(小学館『コロコロコミック』連載中)

 
審査委員は、かざま鋭二さん、川村元気さん、島本和彦さん、ブルボン小林さん、細野不二彦さん、松田奈緒子さん。

受賞者には、正賞としてブロンズ像、副賞として100万円が贈られます。

 

小学館漫画賞について

小学館漫画賞は、昭和30年に創設され、児童向け、少年向け、少女向け、一般向けの4部門で、それぞれ優れた漫画作品を選出・顕彰する漫画賞です。小学館が主催。

前年1月1日以降に雑誌、単行本、新聞等に発表されたものを選考対象とし、当年1月に選考・発表します。

 

ねこ、はじめました (1) (ちゃおフラワーコミックス)
環方 このみ (著)

中身が男子高校生な…ゆるゆるネコまんが!

アナタのそばにいるネコの中身、もしかしたら人間かもしれません!
交通事故で中身が入れ替わってしまった男子高校生・和代 尚は、カワイイ女子高生に拾われ、飼われることになる!

人間とネコのハイブリッド・キャットヒューマンになるわけでもなく、ただただゆるいツッコミ満載の日常を描いた、超話題ネココメディなのだニャー♪

舞妓さんちのまかないさん (1) (少年サンデーコミックススペシャル)
小山 愛子 (著)

京都の花街発・16歳が綴る台所物語!

ここは京都のど真ん中にある花街。
舞妓さんたちが深夜、お仕事を終えたあと帰ってきて、共同生活を送っているのは、「屋形」と呼ばれるおうちです。
とある屋形で「まかないさん」として舞妓さんたちに毎日の食事を作っているのは、なんと弱冠16歳の少女・キヨ。
彼女がまかないさんになったのには、ある意外な理由があって――。

華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれます。

凪のお暇(1)(A.L.C・DX)
コナリ ミサト (著)

空気読みすぎるの、もうやめたい…のに! !

場の空気を読みすぎて、他人に合わせて無理した結果、過呼吸で倒れた大島凪。
仕事も辞めて引っ越して、モラハラ彼氏からも逃げ出して、新しい日々、始めます。

共感の声続々の、大島凪28歳の人生リセットコメディ!

アオアシ 1 (ビッグコミックス)
小林 有吾 (著), 上野 直彦 (企画・原案)

アオき原石よ、「Jユース」で飛翔せよ!

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。
粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

かぐや様は告らせたい 1 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)
赤坂 アカ (著)

「恋愛は告白した方が負けなのである!」
家柄も人柄も良し!! 将来を期待された秀才が集う秀知院学園!! その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!
プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!?
恋愛は成就するまでが楽しい!! 新感覚“頭脳戦”ラブコメ、開戦!!

スーパーマリオくん (55) (てんとう虫コロコロコミックス)
沢田 ユキオ (著)

オデッセイ編、ついに完結!
コロコロコミック連載30年目に突入!

根強い人気のNintendo Switchソフト「スーパーマリオオデッセイ」編がついに完結!料理の国、雪の国、月の国…そしてクッパとの最終決戦!!ラストには予想外すぎる最後のキャプチャーが…!?

コロコロイチバン!で連載中の「スーパーマリオくん劇場」も収録!
他にも「マリオパーティ」編、特別編「大乱闘スマッシュブラザーズSpecial」編も掲載の盛りだくさんなラインナップです!

 
【関連】
第65回小学館漫画賞が決定いたしました!!〔PDF〕

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です