本のページ

SINCE 1991

「第22回大藪春彦賞」候補作が決定 赤松利市さん、川越宗一さん、遠田潤子さん、前川ほまれさんの計4作品

「第22回大藪春彦賞」候補作が決定!

「第22回大藪春彦賞」候補作が決定!

大藪春彦賞選考委員会は12月23日、第22回大藪春彦賞の候補作を発表しました。

 

「第22回大藪春彦賞」候補作が決定!

大藪春彦賞選考委員会は、2018年10月から2019年9月までの選考対象期間に刊行された作品の中から、次の作品を「第22回大藪春彦賞」候補として選出しました。

 
<第22回大藪春彦賞 候補作>

◎赤松利市さん『犬』(徳間書店)

◎川越宗一さん『熱源』(文藝春秋)

◎遠田潤子さん『ドライブインまほろば』(祥伝社)

◎前川ほまれさん『シークレット・ペイン 夜去医療刑務所・南病舎』(ポプラ社)

 
なお、2020年1月24日に大沢在昌さん、黒川博行さん、藤田宜永さんによる選考会が開催され、受賞作が決定します。受賞作には、2020年3月6日の贈賞式において、大藪春彦賞正賞(顕彰牌)と副賞(賞金300万円)が贈られます。

 

大藪春彦賞について

大藪春彦賞は、作家・大藪春彦さんの業績を記念し徳間書店が創設、「優れた物語世界の精神を継承する新進気鋭の作家及び作品」に贈られる文学賞です。

大藪春彦賞選考委員会が主催し、毎年10月1日から翌年9月末日までに発表された小説作品の中から選ばれます。

 


赤松利市 (著)

大阪でニューハーフ店「さくら」を営む桜は63歳のトランスジェンダーだ。23歳で同じくトランスジェンダーの沙希を店員として雇い、慎ましくも豊かな日々を送っていた。
そんなある日、桜の昔の男・安藤勝が現れる。今さらと思いながらも、女の幸せを忘れられない桜は、安藤の儲け話に乗ることを決意。老後のためにコツコツと貯めた、なけなしの1千万円を用意するが……。

大阪発。愛と暴力の旅が、今、始まった。
嬲り、嬲られ、愛に死ね!

熱源
川越 宗一 (著)

故郷を奪われ、生き方を変えられた。それでもアイヌがアイヌとして生きているうちに、やりとげなければならないことがある。北海道のさらに北に浮かぶ島、樺太(サハリン)。人を拒むような極寒の地で、時代に翻弄されながら、それでも生きていくための「熱」を追い求める人々がいた。明治維新後、樺太のアイヌに何が起こっていたのか。見たことのない感情に心を揺り動かされる、圧巻の歴史小説。

ドライブインまほろば
遠田潤子 (著)

「人殺しになるくらいなら、生まれてけえへんかったらよかった」
奈良県南部の秘境の村を通る峠越えの旧道沿いで、細々と営業を続ける「ドライブインまほろば」。
ある日、憂と名乗る少年が幼い妹を連れて現れ、「夏休みが終わるまでここに置いてください」と懇願する。一人娘を喪った過去を持つ店主の比奈子は、逡巡の末、二人を受け入れた。
だが、その夜更け、比奈子は月明かりの下で慟哭する憂に気付く。震える肩を抱きしめる彼女に、憂は衝撃の告白をはじめた……。
――愛を知らずに育った者が生きる意味を問い続ける、再生の物語。

シークレット・ペイン: 夜去医療刑務所・南病舎
前川 ほまれ (著)

医療はあの高い塀を越えて、鉄扉を通り抜けなければいけないんだ。はからずも医療刑務所へ期間限定の配属となった精神科医の工藤。矯正医官となった彼が見たのは、罪を犯しながらも民間と同等の医療行為を受けている受刑者たちの姿。自身の過去から受刑者たちに複雑な感情を抱く工藤。さらに彼の気持ちをかき乱したのは、医師を志望するきっかけを作った男との鉄格子を挟んだ邂逅だった…。

 
【関連】
第二十二回大藪春彦賞候補作品決定 | 徳間書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です