本のページ

SINCE 1991

漫画家デビュー40周年!柴門ふみさん初期作品『愛して姫子さん』『みんなでデイト』『ホワイトノート』を電子書籍として復刊!

文藝春秋は、漫画家・柴門ふみさん『愛して姫子さん 1-2』『みんなでデイト 柴門ふみ傑作選1』『ホワイトノート 柴門ふみ傑作選2』を電子書籍として発売しました。

 

『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』だけじゃない! 柴門ふみさんの初期傑作の数々を電子書籍として復刊!

お茶の水女子大学時代に漫画研究部に所属し、同人誌で活動していた柴門ふみさん。大学卒業直後の1979年、「クモ男フンばる!」が新人賞を受賞し、漫画家デビューを果たします。

1979年といえば、『機動戦士ガンダム』が放映され、YMOが「テクノポリス」を発表、村上春樹さんが群像新人賞を受賞した年。柴門さんは、大友克洋さんや高野文子さんなど従来の少年・少女漫画家とは一線を画した「ニューウェーブ」の一人として登場、注目を集めます。

 
その後、講談社漫画賞を受賞した『P.S.元気です、俊平』をはじめ、『同・級・生』『あすなろ白書』など恋愛をテーマとした作品を次々と発表。なかでも『東京ラブストーリー』はドラマ化されて社会現象になるほどの大ヒットを記録、柴門さんは「恋愛の教祖」と呼ばれるようになります。現在も女性週刊誌で『恋する母たち』を連載するなど、第一線で活躍。

そんな柴門さんのデビュー40周年を記念して、絶版になっていた初期作品群が一挙、復刻。男に都合のいいだけの女ではなく、夢見る少女でもない。いつも不貞腐れ、目を釣り上げ、でも気品だけは失わない。そんな等身大の女性を描いた柴門ふみさんの初期傑作群が、甦ります。

 

『愛して姫子さん 1-2』 あらすじ

1980年に青年マンガ誌で初めて連載した作品。平凡な日常にムシャクシャしている室生姫子、高校2年が主人公。月並みな男女交際なんて真っ平ゴメン、庶民(ブス)と特権階級(ハンサム)が結びつく革命(ラブ)があってもいいじゃないか! ということで、クラス一の美男を振り向かせようと大奮闘するのだが……。

女子高生のカラダ目当てのおじさんをからかったり、バレンタインチョコの斡旋を商売にしたり、片岡義男風恋愛を実践したりと、姫子さんは八面六臂の大暴れ。平和で退屈な学園生活にバクダンを投げ込むぞ!

 

『みんなでデイト 柴門ふみ傑作選1』 あらすじ

笑うとブスになると気づいた「みなこ」は、二度と笑うまいと決心した。ある日、同級生に交際を申し込まれるが、うまく付き合うことができず、フラれてしまう。生き方をあらため、グループ交際の初歩から恋愛を学ぼうとするが……。

表題作「みんなでデイト」をはじめ、故郷徳島を舞台にした自伝的作品「MY LITTLE TOWN」、アマチュア時代に「ケン吉」名義で描いたナンセンス漫画なども収録。

 

『ホワイトノート 柴門ふみ傑作選2』 あらすじ

授業中、ノートをとろうとしない太田原薫子は学校の問題児。しかし、父親が高名な社会学者のため教師も口出しが出来ない。「白いノートに文字なんか書きたくない」薫子の頑なな態度には、ある理由があった……。

表題作「ホワイトノート」をはじめ、『P.S.元気です、俊平』の原型ともいえる「20才のぼくの夏日記」、世良公則さんや桑田佳祐さんのインタビュー漫画なども収録。

 

柴門ふみさん プロフィール

著者の柴門ふみ(さいもん・ふみ)さんは、1957年、徳島県生まれ。1975年、お茶の水女子大学入学のため上京、同人誌活動を始める。

1979年「クモ男フンばる!」でメジャーデビュー。以後、青年誌を中心に作品を発表。1980年、漫画家の弘兼憲史さんと結婚。1983年『P.S.元気です、俊平』で講談社漫画賞、1992年『家族の食卓』『あすなろ白書』で小学館漫画賞を受賞。

著書に『同・級・生』『東京ラブストーリー』『女ともだち』、『美は乱調にあり』(原作:瀬戸内寂聴さん)、『恋する母たち』など多数。

 

愛して姫子さん 1 (文春デジタル漫画館)
柴門 ふみ (著)

2019年、メジャーデビュー40周年を迎えた漫画家・柴門ふみ。
40周年を記念して、1980年にメジャー誌で初連載した幻の作品を電子版で復刻!

わたし室生姫子、高校2年。月並みな男女交際なんて真っ平ゴメン。ついに私は決心した、恋愛に革命を起こすのだ!

高校生にとって「クラス=国家」。美男美女やスポーツ選手は特権階級で、それ以外の一般人は庶民階級。しかし、そんな階級社会でも、庶民(ブス)と特権階級(ハンサム)が結びつく革命(ラブ)があってもいいじゃないか!

ということで、われらが姫子さんはクラス一の美男・原島くんを落とそうと、「お目目パッチリ視線攻撃」「さりげない優しさ作戦」「ささやき戦術」などを繰り出し、なんとか彼を振り向かせようと大奮闘するだが──。

女子高生のカラダ目当てのおじさんをからかったり、バレンタインチョコの斡旋を商売にしたり、片岡義男風恋愛を実践したりと、ところかまわず八面六臂の大暴れ。

えーい、平和で退屈な学園生活にバクダンを投げ込むぞ!

愛して姫子さん 2 (文春デジタル漫画館)
柴門 ふみ (著)

2019年、メジャーデビュー40周年を迎えた漫画家・柴門ふみ。
40周年を記念して、1980年にメジャー誌で初連載した幻の作品を電子版で復刻!

わたし室生姫子、高校2年。退屈、なにやらムシャクシャ……ついに私は決心した、平和な学園生活にバクダンを投げ込むぞ!

叔母さんが、室生家に家出してきた。原因は夫の浮気。一方、学校では「家庭科教育」に力を入れ始めた。時ならぬ亭主の浮気増と家庭科教育の強化。女を家に縛りつけ、男は外で遊び放題、これは裏に何かあるに違いない! 真相を突き止めるべく、われらが姫子さんは調査に繰り出すが──。

ヌードモデルにスカウトされて被写体になる快感を覚えたり、文化祭で女子高生デートクラブを企画したり、野球部の女子マネに志願して高校野球のタテマエに反発したりと、相変わらずのやりたい放題。でも、ひとつひとつ課題をクリアして、姫子もオトナになっていくのです……。

他に、初期短編「かわいそうな姉さん」「星よりひそかに」を収録。

みんなでデイト 柴門ふみ傑作選1 (文春デジタル漫画館)
柴門 ふみ (著)

2019年、メジャーデビュー40周年を迎えた漫画家・柴門ふみ。
40周年を記念して、初期傑作選を電子版で復刻!

笑うとブスになると気づいた「みなこ」は、二度と笑うまいと決心した。ある日、同教生に交際を申し込まれるが、うまく付き合うことができず、フラれてしまう。生き方をあらため、グループ交際の初歩から恋愛を学ぼうとするが……「みんなでデイト」。

海に囲まれた小さな町で生まれ育った野絵は、学校一の秀才にもかかわらず、不良グループとつきあっている。野絵の希望は、いつかこの町を出て行くこと。故郷徳島を舞台にした自伝的作品──「MY LITTLE TOWN」

他に、「見上げてごらん夜の星」「苗木を越えて」「ドラゴン・ドラゴン」「夕ごはんまだ!?」。

デビュー前にケン吉名義で描いたシュールなナンセンス漫画「空を駆ける」「カメが出てきた日」「山月記」「万年床進化論」「変身」も収録。

ホワイトノート 柴門ふみ傑作選2 (文春デジタル漫画館)
柴門 ふみ (著)

2019年、メジャーデビュー40周年を迎えた漫画家・柴門ふみ。
40周年を記念して、初期傑作選を電子版で復刻!

授業中、ノートをとろうとしない太田原薫子は学校の問題児。しかし、父親が高名な社会学者のため教師も口出しが出来ない。「白いノートに文字なんか書きたくない」薫子の頑なな態度には、ある理由が……「ホワイトノート」。

芸大を目指して東京で二浪中の哲郎は、夏休みも帰省せず、ブラブラと過ごしていた。ある日、高校時代のマドンナ倉橋と街で偶然出会った哲郎は、女子大生になった彼女のことが頭から離れられず、深夜に電話をかけてしまう──「20才のぼくの夏日記」

他に、「世良クンに会ったのよ!!」「桑田クンがんばって!!」「Tokushiman Graffiti’72」「反逆天使の墜落」「いちばん寒い僕の冬」「12月物語」。

デビュー前にケン吉名義で描いたナンセンス漫画「嘔吐」「別れのことばはいわないで」「不倫の恋」「わたしにとって民主々義とは何だろう?」「共通一次」も収録。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です