本のページ

SINCE 1991

「中二病で学ぶドイツ語セミナー」講師・伸井太一さん『創作者のためのドイツ語ネーミング辞典』刊行 マンガ・アニメ・ゲームなどの名付けに活躍!

伸井太一さん著『創作者のためのドイツ語ネーミング辞典 ドイツの伝説から人名、文化まで』

伸井太一さん著『創作者のためのドイツ語ネーミング辞典 ドイツの伝説から人名、文化まで』

ホビージャパンは、マンガ・アニメ・ゲームなどの名付けに役立つ、伸井太一さん著『創作者のためのドイツ語ネーミング辞典 ドイツの伝説から人名、文化まで』を刊行しました。

 

モンスター、武器、魔法のドイツ語からドイツの人名の意味・由来まで 創作に役立つドイツ単語を4000語収録!

クーゲルシュライバー(ボールペン)、シュヴァルツ(黒)、ヴォルケンクラッツァー(摩天楼)などなど……。ドイツ語は「響きがかっこいい」「必殺技みたい」「中二病的なクールさがある」とネットで話題を集めています。

 
本書は、そんな話題の言語「ドイツ語」に特化した、まったく新しいネーミング辞典です。

マンガやアニメ、ゲームなどの創作に活かしたくなるドイツ単語とスペルを4000語にわたって収録。創作のイメージがふくらむように、特に面白い単語については由来や雑学などを交えて紹介しています。

著者は、大反響を呼んだ「中二病で学ぶドイツ語セミナー」講師の伸井太一さん。ドイツ・ヨーロッパ文化の研究本を数多く手掛けてきた著者によるドイツ語解説やネーミングコラムも必見です。

 

『創作者のためのドイツ語ネーミング辞典』の構成

◆幻想の章……モンスター、武器、魔法、悪魔、天使に関するドイツ語

ドイツ語で悪魔は「トイフェル」、黒魔術は「シュヴァルツマギー」、両手剣は「ツヴァイヘンダー」……などなど、ファンタジー作品の名付けに使える幻想的ドイツ語の数々を紹介。「ザントマン」「リューベツァール」「リントヴルム」などなど、ドイツ伝承のモンスターも多数紹介します。

 
◆言霊の章……闇や破滅に関するドイツ語、正義や祝福に関するドイツ語

ドイツ語で闇は「ドゥンケルハイト」、地獄の苦しみは「ヘレンクヴァール」、真実は「ヴァールハイト」、気高き心は「エーデルムート」……などなど、マンガやアニメ、ゲームの名付けに活かせる言葉を紹介。

 
◆人の営みの章……無駄にかっこいい!? 日常のドイツ語

ドイツ語ではボールペンが「クーゲルシュライバー」、分度器が「ヴィンケルメッサー」。その他、日常のアイテムなのにかっこいいドイツ語の数々を紹介。日用品から食品まで、意外な単語がかっこいい!?

 
◆人名……ドイツ人の名前や名字に隠された「意味・由来」を解説

名字「アッカーマン」は農家、「イェーガー」は狩人。名前「ルートヴィヒ」は“誉れ高き戦人”、では「ギルベルト」は……?ドイツ人に多い名前や名字を紹介し、その意味や由来を解説します。

 
◆その他……自然、動物、芸術、学問、色彩などのドイツ語

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です