本のページ

SINCE 1991

元SDN48フリーライター大木亜希子さんが“元アイドル”8人の第二の人生を追跡! デビュー作『アイドル、やめました。』刊行

元SDN48フリーライター大木亜希子さんが“元アイドル”8人の第二の人生を追跡! デビュー作『アイドル、やめました。』刊行

元SDN48フリーライター大木亜希子さんが“元アイドル”8人の第二の人生を追跡! デビュー作『アイドル、やめました。』刊行

宝島社は5月23日、『アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア』を刊行しました。

本書は、アイドルグループ「SDN48」からライターに転身した大木亜希子さんが、「48グループ」を卒業してセカンドキャリアに挑む元アイドルたちを追跡取材したノンフィクション作品です。

 

卒業後、“元アイドル”たちはどうしているのか? 現役時代の葛藤、転機、そして現在…元アイドル8人の人間ドラマ!

“元アイドル”という大きな十字架を背負う彼女たちは、現在どんな人生を歩んでいるのか。いかにして一般社会に戻り、どのような職業に就き、どのような悩みとともに生きているのか。

本書は、アイドルになったきっかけ、現役時代の葛藤、転機、そして現在と、元アイドル8人の人間ドラマに踏み込んだ、自身も元アイドルである大木亜希子さんのデビュー作です。

 
<登場する8人の元アイドル>

■佐藤すみれさん(クリエイター)元AKB48/SKE48

■河野早紀さん(ラジオ局 社員)元NMB48

■赤澤萌乃さん(アパレル販売員)元NMB48

■藤本美月さん(保育士)元SKE48

■菅なな子さん(広告代理店 社員)元SKE48

■山田麻莉奈さん(声優)元HKT48

■三ツ井裕美さん(振付師)元SDN48

■小栗絵里加さん(バーテンダー)元AKBカフェっ娘

 

著者・大木亜希子さんコメント

「元アイドル」と言われ続けることが、誇らしい反面ずっとコンプレックスでした。一般社会で生きるようになった現在も、「君は元アイドルだから」と色眼鏡で見られる瞬間が多々あります。私はそれに、ブチ切れています。だから、私と同じように「元アイドル」の女性達にも話を聞いてみたいと思いました。実際に取材してみると、皆、最高に“良い女”でした。アイドルをやってて良かったと、ようやく私もそう思えました。この本は私なりの、怒りに対する逆襲の仕方です。

 

大木亜希子さん プロフィール

著者の大木亜希子(おおき・あきこ)さんは、1989年8月18日生まれ。千葉県出身。

2005年、ドラマ『野ブタ。をプロデュース』で女優デビュー。数々のドラマ・映画に出演後、2010年、秋元康さんプロデュースのSDN48のメンバーとして活動開始。

その後、タレント活動と平行しライター業を開始。ウェブの取材記事をメインに活動し、2015年、「NEWSY(しらべぇ編集部)」に入社。PR記事作成(企画~編集)を担当する。2018年、フリーライターとして独立。

 

アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア
大木 亜希子 (著)

燃え殻(作家)推薦!
「読んだら安心した。誰もが無傷じゃない。それでも誰も下を向いていない」

AKB48グループを卒業しセカンドキャリアに挑む元アイドルたちを、自らもSDN48から会社員を経てライターとなった大木亜希子が追跡取材するノンフィクション企画。
10代から20代にかけて一般社会を離れアイドルとして生きてきた彼女たちが、卒業後に歩み始めた“第二の人生”。
「元アイドル」という肩書きが残った彼女たちは今どこでどのような人生を歩んでいるのか。
現役時代の葛藤、転機、そして現在までの喜怒哀楽に踏み込みます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です