本のページ

SINCE 1991

ディスカヴァー・トゥエンティワン×ハフポスト「ハフポストブックス」創刊

ディスカヴァー・トゥエンティワン×ハフポスト「ハフポストブックス」創刊

ディスカヴァー・トゥエンティワン×ハフポスト「ハフポストブックス」創刊

ディスカヴァー・トゥエンティワンは、ハフポスト日本版と提携し、4月20日に「ハフポストブックス」を創刊します。

 

世の中に会話のきっかけを届ける、ネットとリアルの新しい融合の形――ハフポストブックス創刊!

「ハフポストブックス」は、インターネットメディア「ハフポスト日本版」と、出版社「ディスカヴァー・トゥエンティワン」がともにつくる新シリーズです。

立場や考えが違う人同士が、「このテーマだったらいっしょに話し合いたい」と思えるような、会話のきっかけとなる本を届けていきます。

 
<ハフポストより>
インターネットメディアの新しいあり方、 幻想の壁を超えていく試み 世界では「分断」が起きている、といわれています。 だが、本当でしょうか。 人は本当に排他的で、偏屈になっているのでしょうか。 家族の間で、学校で、オフィスで、そして国際社会で。 さまざまな世間でルールが大きく変わるなか、 多くの人は、ごく一部の対立に戸惑い、 静かに立ち止まっているだけなのではないのでしょうか。

<ディスカヴァー・トゥエンティワンより>
本というものの新しいあり方、新しい時代の仲間づくりを
本は独りで読む、閉じられたものなのでしょうか? 本をもとに、これまでだったら決して接点を持ちそうになかった人びとが、ネット上で語り合う。 読者同士、作り手と読者、書き手同士が、会話を始める。 議論が起こる。共感が広がる。自分の中の無関心の壁を超える。 そして、ネットを超えて、実際に出会っていく。 意見が違ったままでも一緒にいられることを知る。

 

ネットメディアのハフポスト日本版がなぜ今、書籍をつくるのか

(ハフポスト日本版 コメント)

「ハフポスト日本版は2013年5月にスタートし、政治、経済、ライフスタイルなどのニュースを独自の視点で報じてきました。

「会話をはじめよう」というコンセプトを大事に、女性にもっと身体のリアルをオープンに語ろうと呼びかける「Ladies Be Open」、みんなと同じじゃなくていい、ひとりの力を見つめ直そうと提案する「だからひとりが好き」などの編集企画、国際政治やジェンダー、LGBTQなど今さら誰かに聞けないことを改めて“再入門”するネット番組「ハフトーク(dTVチャンネル)」の制作も行なっています。

また、日常生活の中にちょっとした非日常を創り出そう、と呼びかけた「アタラシイ時間」企画では、ブルーボトルコーヒーの協力で、読者にコーヒーをごちそうするイベントを実施しました。

そしてこの度、私たちは「本づくり」にチャレンジします。

世界のいたるところで「分断」という言葉を目にする毎日。SNSがネットのスピードを加速させ、フェイクニュースも炎上もまたたくまに拡散する世界になりました。

読者と読者のあいだに、読者と新しい誰かとのあいだに、会話を生み出すにはどうすればいいのか。

考えた末に、じっくり読み、じっくり向き合える「ゆったりとしたメディア」を通じて読者と向き合いたいと考えました。

速さや拡散力が強みのネットに加えて、新しい読者との付き合い方をしてみたい、新しい読者と出会いたい。そう思っています。

この度、ディスカヴァー・トゥエンティワンと一緒にレーベルを立ち上げることになったのは、「視点を変える 明日を変える」という同社のミッションに共鳴したためです。既成概念を覆し、新しくて多様な価値を世の中に見せていきたいという同社の思いは、ハフポスト日本版が目指す真のダイバーシティでもあります。

また、同社は、出版社と書店を結ぶ「出版取次」を介さず、全国5000店舗の書店と直接取引するスタイルをとっています。大量消費・大量生産をベースとした分業ではなく、消費者と直接つながっていくのは「インターネット的」でもあり、ものづくりの姿勢として共感する部分が大いにありました。

「ハフポストブックス」プロジェクトでも早速、全国の書店員さんと直接コミュニケーションし、読者に本をお届けするための作戦をともに次々に練っています。ご期待ください。」

 
★編集長・竹下隆一郎さんの創刊ブログ
「本なんて売れないよ」と何度も言われた。それでもネットメディアが書籍を作る理由。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/huffpost-books_jp_5cb7fc11e4b081fd1693105f

★全国の書店員さんとの取り組み
「本屋さんの推し本」ブログ連載
https://www.huffingtonpost.jp/news/honyasannooshihon/

 

ハフポストブックス刊行ラインナップ

<4月20日刊行>

竹下隆一郎さん(ハフポスト日本版編集長)
内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術

自分の内面とじっくり向き合い、好きな人とだけ関係を結んでいく最強の知的生産法!

朝日新聞記者

スタンフォード大留学

ハフポスト日本版編集長
の著者が実践!

内向的な人こそ、ビジネスで活躍できる時代。
「好きな人」とピンポイントでつながり、チームをつくれば自分も組織も変えられる。

手塚マキさん(歌舞伎町カリスマホスト・経営者)
裏・読書

歌舞伎町伝説のホストが、「名著」を自由気ままに批評する。裏側から見る現代の日本。

「良い本」って誰が決めたの?
新宿・歌舞伎町に本屋を開いたカリスマホスト・経営者が語る名著13作の意外な読み方

 
<5月刊行予定>

伊是名夏子さん(コラムニスト)
ママは身長100cm

電動車いすで生活する“小さなママ”。「出来ないことを素直に言う」勇気とは。

コラムニスト伊是名夏子さんによる子育てエッセイ。
著者の伊是名さんは、生まれつき骨が折れやすい障害で、身長100cm体重は20kg、車いすで生活しています。
そして、元気な二児のママ。

人は誰もひとりでは生きていけません。ましてや、子育てはできません。
障害の有無にかかわらず、「自分ができること・できないこと」を知り、助け合って生きていくことの大切さを知ることができます。

※書影は変更の可能性があります

 
4月以降、起業家、歌舞伎町ホスト、障がいを抱えながら育児に奮闘する女性、AV男優、若手NPO代表など30~40代の多様な書き手をそろえ、まずは計6冊出版される予定です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です