本のページ

SINCE 1991

チャット小説アプリ「peep」が動画+小説の新しいコンテンツ「シネマ小説」をリリース 第一弾は木野山ゆうさん主演『堕罪』

チャット小説アプリ「peep」が動画+小説の新しいコンテンツ「シネマ小説」をリリース 第一弾は木野山ゆうさん主演『堕罪』

チャット小説アプリ「peep」が動画+小説の新しいコンテンツ「シネマ小説」をリリース 第一弾は木野山ゆうさん主演『堕罪』

チャット小説アプリ「peep(ピープ)」内にて、シネマ小説第一弾となる作品『堕罪』(主演:木野山ゆうさん/脚本:大石ロミーさん)が公開されました。

 

読める、観れる、スマホで楽しむ新しい読み物

『堕罪』は5分未満の動画+テキストで構成された、新感覚なコンテンツです。「peep(ピープ)」では、本作のような映像と小説を組み合わせた「シネマ小説」の国内初の提供を開始しました。

 
【作品冒頭のサンプル】

シネマ小説は、縦型動画をベースとした短尺な動画が採用されているので、スマホで閲覧するのに適したコンテンツとなっています。
そのため、小説だけでは作り出せなかった作品への没入感を生み出します。
また、映像には「俳優」だけでなく、「映画監督」「ミュージシャン」「衣装スタイリスト」と様々なアーティストが関わるので、作品自体への求心力もより一層強いものになります。

 

シネマ小説第一弾『堕罪』 あらすじ

目を覚ますと、そこは知らない地下室。瑛美は、頭に包帯を巻かれた男の死体とともに部屋に監禁される。その模様を録画し、瑛美が想いを寄せる篤志にスマートフォンで送る。謎の死体の周囲にはメッセージが落ちていて、そのメッセージを読み解いていくと……。

 
■主演:木野山ゆうさん
https://www.instagram.com/kinoyama_yuu/

 

peepについて

■サービス名称:peep(ピープ)

■対応端末:iOS

★URL:https://itunes.apple.com/jp/app/id1271282207

■コンテンツ
◎ホラー、恋愛ジャンルの短編小説を中心としたチャット小説
◎イラストを活用したチャット型UI漫画「タップコミック」
◎動画+テキストの新しい読み物「シネマ小説」

■料金形態
◎定額制:月額960円、週額360円
◎従量課金制:120円(400peep)、240円(800peep)、360円(1,200peep)、720円(2,400peep)

 
【関連】
peep [ピープ] – チャット小説作品数No.1/毎日更新!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です