本のページ

SINCE 1991

宮田愛萌さん書き下ろし連作短編集『あやふやで、不確かな』が刊行

宮田愛萌さん書き下ろし連作短編集『あやふやで、不確かな』が幻冬舎より刊行されました。   瑞々しい感性が光る、恋愛連作短編集『あやふやで、不確かな』 2023年2月に上梓したデビュー小説『きらきらし』で、万葉集から想像を膨らませた物語を描いた宮田愛萌さん。アイドル卒業後も、本に関わる様々な活動を行っています。   そんな宮田さんの最新書き下ろし小説『あやふやで、不確かな』のテー […]


宮田愛萌さん連載エッセイ「ねてもさめても本のなか」が『小説現代』でスタート

講談社が発行する月刊小説誌『小説現代』2023年7月号(6月22日発売)より、元「日向坂46」宮田愛萌さんの連載エッセイ「ねてもさめても本のなか」がスタートします。   【本好きの宮田愛萌さんによる、本がもっと好きになる読書案内で!】 アイドルグループ卒業時に発表した初の小説集『きらきらし』が話題になった宮田愛萌さん。読書家として知られ、帯文やエッセイを寄稿するほか、「アイドル歌会」や『 […]


日向坂46・宮田愛萌さん初小説集『きらきらし』収録作品が『小説新潮』2月号に先行掲載

アイドルグループ・日向坂46からの卒業を発表した2期生・宮田愛萌さんの初の小説集『きらきらし』(2月28日発売/新潮社)より、収録作品の一篇「ハピネス」が『小説新潮』2月号(1月20日発売)に先行掲載されます。   宮田愛萌さん初の小説集『きらきらし』について 『きらきらし』は、宮田愛萌さんが大学でも学んだ、大好きな万葉集をモチーフとした連作短編小説集です。 <『きらきらし』あらすじ> […]


「日向坂46」宮田愛萌さん初の小説集『きらきらし』が刊行

アイドルグループ「日向坂46」を卒業する宮田愛萌さん初の小説集『きらきらし』が2月28日に新潮社より刊行されます。   宮田愛萌さん「卒業制作だと思って、お気に入りを詰め込みました!」 アイドルグループ・日向坂46を2022年12月に卒業した2期生・宮田愛萌(みやた・まなも)さん。卒業を惜しまれながらも、次の夢に向かって進み出した宮田さんが選んだアプローチは、ご本人が愛してやまない小説の […]


斜線堂有紀さん『愛じゃないならこれは何』本編に連なる新作短編を無料公開 著者×中村航さんオンライントークイベントも開催

集英社は、ミステリ作家・斜線堂有紀さん初の恋愛小説集『愛じゃないならこれは何』の本編アナザーストーリーの短編を無料公開中です。   今回、公開される書き下ろし短編のタイトルは【「彼女と握手する」なら無料】。 『愛じゃないならこれは何』に収録されている、「ミニカーだって一生推してろ」に登場する地下アイドルたちのエピソードです。JUMP j BOOKS編集部公式noteよりご覧ください。 ★ […]


日向坂46「光文社新書創刊20周年フェア担当」影山優佳さん&「光文社古典新訳文庫15周年フェア参加」宮田愛萌さんが『小説宝石』で特別対談!

光文社が発行する月刊小説誌『小説宝石』では、2021年12月号(11月22日発売)では、日向坂46メンバーの影山優佳さんと宮田愛萌さんのお二人の特別対談を掲載。その対談カットが表紙を飾ります。   光文社新書の創刊20周年フェアキャラクターを務める影山優佳さんと、光文社古典新訳文庫の創刊15周年フェアに参加する宮田愛萌さんが、読書の魅力を語る! 20歳の影山優佳さんは、この秋から光文社新 […]


「光文社古典新訳文庫」創刊15周年記念!日向坂46・宮田愛萌さん、平野啓一郎さん、亀山郁夫さん、三宅香帆さん、アバタローさん、野田彩子さんらによる推薦タイトルを集めた書店フェアを開催

光文社は、「光文社古典新訳文庫」創刊15周年を記念して、15名の読書好きの著名人による推薦タイトルを集めた「わたしの推しの光文社古典新訳文庫」を11月18日より全国書店にて開催します。   日向坂46・宮田愛萌さんが古典を推します! 光文社古典新訳文庫の創刊15周年記念フェアは読書好きの推薦タイトルを集めました! 展開タイトルは読書好きの推薦を受けたもの。その推薦者として、日向坂46・宮 […]