本のページ

SINCE 1991

〔本や書店に関する利用意識調査〕紙の書籍は「大切な本」、電子書籍は「持ち歩き」と使い分け

株式会社マクロミルが、「読書の秋」に“紙の書籍”と“電子書籍”それぞれの利用状況や使い分けについてアンケートを行いました。また、インターネットで気軽に本が買える今、リアル店舗「書店」を利用する消費者のニーズなど、「本」にまつわるアレコレを調査しています。

 

「紙の書籍」は84%、「電子書籍」は34%、併用率は33%

“紙の書籍”と“電子書籍”、それぞれの利用率を確認すると、“紙の書籍”は85%、“電子書籍”は36%で、今もなお“紙の書籍”の方が圧倒的であることがわかります。併用している人は33%でした。

続いて、読書をする人の頻度を見てみると、“週に1冊以上“読書をする層は、“紙の書籍”で32%、“電子書籍”で40%と、“電子書籍”の方がやや多い結果でした。
特に「1日に1冊以上」と最も高頻度の層では、“電子書籍”の方が9ポイント高くなっています。“紙の書籍”の方が、ユーザー数が多くメジャーであると言えますが、ユーザーの読書頻度では“電子書籍”の方が高いという実態が明らかになりました。

 

電子書籍は「スマホ」で読むのが主流、若い年代ほど高い利用率

“電子書籍”の利用端末(全体の回答の上位4位を抜粋)について年代ごとに見ると、全年代の過半数が「スマートフォン」を利用し、若い年代ほど利用率が高く10代では実に9割に上ります。

「タブレット」は50~60代、「PC」は60代で利用率が4割を超え、他の年代よりも高くなっており、そもそもの端末の保有状況や、文字の視認性や操作性といった点も背景にありそうです。

 

「大切な本、思い入れが強い本」は“紙の書籍”、「持ち歩く」場合は“電子書籍”と、使い分け

それぞれの書籍を選ぶシーン上位5位を比較したところ、2つの特徴が見えてきました。

1点目が「利用場所」です。“紙の書籍”は「家で読む」が最多の60%に対して、“電子書籍”は「家で読む」41%のほかに「電車やバスなどで読む」42%、「旅行や出張などで読む」28%などが上位に入りました。“電子書籍”は、持ち歩きが必要なシーンで選ばれているようです。

2点目は「本の大切さ、思い入れの強さ」です。“紙の書籍”は「保管・保存しておきたい本を買う」48%、「何度も読み返しそうな本を買う」37%、「大好きな作家、漫画家などの本を読む」35%と思い入れに関する選択肢が選ばれているのに対し、“電子書籍”は「面白いかどうかわからない本を買う」25%がランクインしました。

 
●”紙の書籍” ”電子書籍”、それぞれを選ぶシーン 上位5位
ベース:“紙の書籍”、“電子書籍”を両方とも利用している人(n=666)/複数回答

”紙の書籍”を選ぶシーン
順位 選ぶシーン            (%)
1位 家で本を読む            59.5
2位 保管・保存しておきたい本を買う   48.3
3位 何度も読み返しそうな本を買う    37.1
4位 大好きな作家、漫画家など本を読む  35.4
5位 勉強用の本を買う          32.1

”電子書籍”を選ぶシーン
順位 選ぶシーン            (%)
1位 電車やバスなどで本を読む      41.7
2位 家で本を読む            40.7
3位 旅行や出張などで本を読む      27.5
4位 面白いかどうかわからない本を買う  24.8
5位 暗いところで本を読む        18.8

 

“紙の書籍“は「小説・文芸書」、”電子書籍“は「コミック・マンガ」が1位

“紙の書籍”と“電子書籍”では、どのようなジャンルの本が読まれているでしょうか。

“紙の書籍”は多いものから、「小説・文芸書」60%、「コミック・マンガ」43%、3位「趣味・生活関連の実用書」41%、4位「雑誌」36%、5位「エッセイ・ノンフィクション」26%でした。

一方の“電子書籍”は、「コミック・マンガ」59%、「小説・文芸書」29%、「雑誌」23%、「趣味・生活関連の実用書」19%、「ライトノベル」15%でした。「コミック・マンガ」のスコアが突出しています。

 
●”紙の書籍” ”電子書籍”、それぞれで読むジャンル 上位5位
ベース:“紙の書籍”、“電子書籍”を両方とも利用している人(n=666)/複数回答

”紙の書籍”で読むジャンル
順位 ジャンル         (%)
1位 小説・文芸書        60.4
2位 コミック・マンガ      42.9
3位 趣味・生活関連の実用書   40.5
4位 雑誌            35.7
5位 エッセイ・ノンフィクション 26.3

”電子書籍”で読むジャンル
順位 ジャンル       (%)
1位 コミック・マンガ    58.7
2位 小説・文芸書      29.1
3位 雑誌          22.5
4位 趣味・生活関連の実用書 19.4
5位 ライトノベル      15.2

 

なぜ書店に行く?「書籍購入」や「情報取集」のほか、「時間つぶし」39%、「雰囲気が好きだから」27%

書店に足を運ぶ理由を尋ねると、上位5位は「紙の書籍を買うため」58%、「情報収集のため」45%、「時間つぶし」39%、「試し読みをするため」33%、「書店の雰囲気が好きだから」27%でした。

特に若い世代では、時間つぶしや雰囲気を楽しむなど“購買や検討に直接的には結びつかないこと”が高い傾向にあります。

 

書店での購入の決め手は、“作品自体の魅力“が上位 「書店のおすすめやランキング」「POPの内容」が2割程度

最後に、書店で本を買うときの決め手を確認しました。「好きな作品・シリーズ」54%、「好きな作家」47%、「表紙やタイトル」42%と、本そのものが持つ魅力が上位3位に、そして「本の帯の情報」28%、「書店のおすすめや、書店のランキングで上位であること」21%、「POPの内容」15%が続きました。

 
●書店で本を買うときの決め手 上位7位
ベース:紙の書籍を買うために書店行くことがある人(n=1,062)/複数回答

順位 決め手                      (%)
1位 好きな作品・シリーズ                53.7
2位 好きな作家                     47.3
3位 表紙やタイトル                   42.2
4位 本の帯の情報                    28.3
5位 書店のおすすめや、書店のランキングで上位であること 21.3
6位 ネットやSNSで話題になっているもの          18.8
7位 POPの内容                      15.2

 

「本や書店に関する調査」の詳細について

今回の調査の”もっと詳しいデータグラフ集”を、以下URLから無料ダウンロードできます。
https://honote.macromill.com/report/20180925/

 
■掲載されているその他の調査結果
・数年前に比べ、“紙の書籍”“電子書籍”を読む頻度は増えたか、減ったか
・併用者へ、“紙の書籍”“電子書籍“どちらのほうが好きか
・“電子書籍”を利用する理由、利用しない理由
・将来的に、「紙の書籍」はなくなっていくと思うか
・書店に行く頻度
・カフェが併設された書店の利用状況 ・・・など

 

「本や書店に関する調査」調査概要

■調査主体:マクロミル

■調査方法:インターネットリサーチ

■調査対象:全国15~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)

■割付方法:平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計2,000サンプル

■調査期間:2018年8月14日(火)~2018年8月15日(水)

※本文の数値は四捨五入した整数で表記されています。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。

 
【関連】
本や書店に関する調査|市場調査メディア ホノテ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です