本のページ

SINCE 1991

国連生物多様性の10年日本委員会が「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」を別子銅山記念図書館に寄贈

国連生物多様性の10年日本委員会が「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」を愛媛県・別子銅山記念図書館に寄贈

国連生物多様性の10年日本委員会が「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」を愛媛県・別子銅山記念図書館に寄贈

公益財団法人「日本自然保護協会」は、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)のIki・Tomo推進事務局として、UNDB-J推薦子供向け図書「生物多様性の本箱」~みんなが生きものとつながる100冊~の寄贈プログラムを実施しており、このたび、愛媛県新居浜市の別子銅山記念図書館に、生物多様性の理解や普及啓発、環境学習に役立つ、UNDB-J推薦の子ども向け図書「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」が寄贈されます。

 

国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)の子供向け推薦図書「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」を別子銅山記念図書館に寄贈

「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」は、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)支援事業として、経団連自然保護協議会などのUNDB-J構成団体が呼びかけ、企業や個人からの支援を募り、日本自然保護協会が推進事務局となって、生物多様性の理解や環境学習に役立つ子ども向けの書籍を、生物多様性や自然保護の理解を進める教育活動を推進する施設や団体に向け、寄贈を行っているものです。

今回、住友林業株式会社の支援により、児童向けに読み聞かせやおはなし会、移動図書館活動を活発に行っている新居浜市の別子銅山記念図書館に寄贈が決定しました。

なお、2017年11月16日の14時より、新居浜市立図書館の別子銅山記念図書館(本館)(http://lib.city.niihama.lg.jp/archives/libraries/niihama/)にて、寄贈式が行われます

 

「生物多様性の本箱」とは

子供たちが生物多様性について楽しく学べる図書として、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)が選定した推薦図書で、絵本、読み物、図鑑が含まれ「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」と称しています。

★URL:http://undb.jp/recommend/

 
【関連】
推薦図書等の紹介 TOP | 国連生物多様性の10年日本委員会

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です