本のページ

SINCE 1991

たんぽぽ先生こと永井康徳さんと患者さんの実話をねこの物語にしたマンガ『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで』刊行 大切な人に今すぐ会いたくなる命の物語

永井康徳さん著、ミューズワーク(ねこまき)さんマンガ『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで』

永井康徳さん著、ミューズワーク(ねこまき)さんマンガ『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで』

永井康徳さん著、ミューズワーク(ねこまき)さんマンガ『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで』が、主婦の友社より刊行されました。

 

最期まで自分らしく生きたい!「ねこマンガ」に癒やされて号泣 マンガで読む、いちばんやさしい在宅医療の教科書が登場

愛媛の在宅医「たんぽぽ先生」こと永井康徳さんと患者さんの実話が、ねこの物語になりました。死は誰もが避けられません。けれども、命にさよならする日まで、病院ではなく、住み慣れた自宅で、自分らしく生きていくという選択肢があります。

大人気マンガで映画の原作にもなった「ねことじいちゃん」シリーズの、ミューズワーク(ねこまき)さんのやさしい絵のタッチに心が癒やされ、涙があふれます。

 

あなたはどこで死にたいですか? 病院ではなく「おうち」という選択

たんぽぽ先生と、総勢約100名の多職種のスタッフのみなさんと、地域の患者さんたちの、実際にあった物語です。「在宅医療」とはどんなもの?について、マンガと、まとめの読みもの編で、やさしく読めます。

 
「ゆうの森 たんぽぽクリニック」には、日本全国から『在宅医療』の研修や見学に多くの方が集まります。あなたの近くにもきっと「たんぽぽ先生」の考え方が広がっていくかもしれません。

 

本人も家族も、「楽に、やりたいように、後悔しないように」生きていくをモットーに

本書のストーリーマンガは、余命3カ月と告げられた、幼いお子さんがいるママのお話、ひとり暮らしの働き盛りの女性のガンの在宅医療のお話、余命1週間から復活したおじいちゃんのお話など、様々な方の、かけがえのない命の物語です。

 

死亡率100%…生まれて死ぬことは自然なこと もし、自分なら?

自分もいつかは死ぬことは、なかなか想像がつきません。在宅医療のプロ「たんぽぽ先生」は「命には限りがある。だからこそすばらしいんだ」と言います。

 
本書は、いちばんやさしい在宅医療の教科書であるとともに、読後には「自分の命と、家族や大切な人と過ごす時間を、もっと大切にしよう」と思える本になっています。すべての年齢の方におススメの一冊です。

 

著者プロフィール

 
■著者:永井康徳(ながい・やすのり)さん

医療法人ゆうの森理事長/たんぽぽクリニック医師。

2000年に愛媛県松山市で在宅医療専門クリニックを開業。職員3人、患者ゼロからスタートする。「理念」「システム」「人財」において、高いレベルを維持することで在宅医療の「質を高めること」を目ざしてきた。現在は職員数約100人となり、多職種のチームで協働して行う在宅医療を主体に入院、外来診療も行う。2012年には市町村合併の余波で廃止となった人口1100人の町の公立診療所を民間移譲した。この僻地医療への取り組みで、2016年に第1回日本サービス大賞地方創生大臣賞を受賞。

たんぽぽ先生として在宅医療についての書籍の出版、雑誌での連載のほか、全国での講演会や専門職向けの研修会など、在宅医療の普及にも積極的にとり組んでいる。

 
■マンガ:ミューズワーク(ねこまき)さん

2002年より名古屋を拠点にイラストレーターとして活動を開始。コミックエッセイをはじめ、ねこや犬のマンガ、広告イラスト、アニメなども手がけている。

70万部超の大ヒット「ねことじいちゃん」シリーズ(KADOKAWA)や、大人気の「トラとミケ」シリーズ(小学館)など著者多数。

★ミューズワーク:http://www.ms-work.net/

 

ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで
永井康徳 (著), ミューズワーク(ねこまき) (イラスト)

病院ではなく、住み慣れた自宅で安心してさいごを迎えるという選択肢があります。瀬戸内の実話をねこストーリーマンガで。

■いつか、この世にさよならする日まで自分らしく生きる
■すべての人に読んでほしい 大切な命の物語
■「ねことじいちゃん」の大人気のマンガ家 ミューズワーク(ねこまき)さんのマンガで贈る

「生まれることと、死ぬことは 人の自然な営みです。 できれば、住み慣れた場所で さいごまで自分らしく安心して 生きていきたいですよね。 これは、実際にあった 私の患者さんのお話です」(著者 永井康徳)

(もくじより) 第1話 あこがれの「ゆうの森」見学 第2話 じゃがいものきんぴら 第3話 102歳の大往生 第4話 余命1週間からの復活 第5話 最期の入浴 第6話 人生会議をしよう 第7話 枯れるように逝きたい 第8話 ママのクリスマスピーチ 第9話 92歳のバースデーケーキ 第10話 エピローグ いのちの物語マンガ10話とともに、 『住みなれた自宅でさいごまで生きる』在宅医療について、 たんぽぽ先生が、やさしく、丁寧にお話します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です