本のページ

SINCE 1991

日本出版販売×絵本ナビが絵本ガイド「いくつのえほん2021」を全国の書店で配布 64万人のママ・パパが選んだ「本当に読んでほしい絵本」が分かる!

日本出版販売×絵本ナビが絵本ガイド「いくつのえほん2021」を全国の書店で配布

日本出版販売×絵本ナビが絵本ガイド「いくつのえほん2021」を全国の書店で配布

書店取次大手の日本出版販売(日販)は2月9日より、年齢別絵本陳列企画「いくつのえほん2021」をスタートさせ、全国約1,200書店にて絵本ガイド冊子の配布および掲載作品のコーナー展開を実施しています。

 

「いくつのえほん」とは

「いくつのえほん」は、絵本・児童書の情報サイト「絵本ナビ」の会員64万人が0~5歳向けに選んだ「本当に読んでほしい絵本」を年齢別におすすめする通年企画で、今年で7年目を迎えます。

 
「絵本は種類がありすぎて、どれを選べばよいのかわからない」「どの絵本が自分の子に向いているのだろう?」といった読者の声に応え、長く読み継がれているロングセラーから、近年刊行された話題の絵本まで、幅広く130作品を紹介しています。

 
<新型コロナウイルスの影響で絵本・児童書の書店店頭売上は好調>

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や休校の影響で、子どものために絵本・児童書を買い求める読者が増えたと考えられます。絵本・児童書の書店店頭での売上も、緊急事態宣言が解除された2020年5月には前年比が最大129.8%まで上がり、その後5月~12月の累計でも前年比105.9%と好調に推移しています(日販調べ)。

2021年も年頭より一部地域で緊急事態宣言が発出されるなど、今後も外出自粛が続き、絵本・児童書の需要は高まることが予想されます。日販では「いくつのえほん」を通じて絵本の魅力を広く伝え、親子の「おうち時間」を豊かにするお手伝いをしていきます。

 

読者の想いがあふれる「絵本ガイド」

「いくつのえほん」絵本ガイドは、選ばれた全作品の内容紹介や「絵本ナビ」会員のママ・パパによるレビューなど、絵本選びの参考になる情報をたくさん掲載した小冊子で、全国の展開書店で配布しています。

 
レビューによって「何歳の子どもに読んで、どんな反応があったか」ということなどがわかり、絵本をプレゼントする際の参考になります。

2021年版では、巻頭に絵本専門士の資格を持つフリーアナウンサー・吉田明世さんからのメッセージと、読み聞かせについてのコラムを掲載しています。

▲書店での展開の様子(写真協力:文教堂二子玉川店)

▲書店での展開の様子(写真協力:文教堂二子玉川店)

また、日販が運営するインターネット書店「Honya Club.com」内にも特設ページを設け、絵本の紹介とコーナー展開店舗一覧を掲載しています。

★「いくつのえほん」Honya Club.com特設ページ:https://www.honyaclub.com/shop/pages/ikutsunoehon.aspx

★「いくつのえほん」展開店舗一覧:https://www.honyaclub.com/shop/pages/ikutsunoehon_store.aspx

 

絵本ナビについて

「絵本ナビ」は、株式会社絵本ナビが運営。「子どもに絵本を選ぶための情報を集めた参加型絵本紹介サイト」というコンセプトで2002年4月にオープンした、日本最大級のインターネットの絵本サイトです。

この絵本をこれから子どもに選ぼうとしている方へのアドバイス、という観点で書かれた40万件以上の利用者の「みんなの声」は、ただの評価にはない温かみと、情報としての深みがあるとして好評です。

★URL:https://www.ehonnavi.net/

 
【関連】
いくつのえほん 掲載絵本一覧
いくつのえほん 実施店舗一覧

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です