本のページ

SINCE 1991

福岡と羽田の「TSUTAYA」で又吉直樹さん全編書き下ろしアンソロジー『Perch』部数限定販売! 「羽田空港 蔦屋書店」オンラインショップと「TSUTAYA BOOKSTORE福岡空港」で

又吉直樹さん全編書き下ろしアンソロジー『Perch(パーチ)』

又吉直樹さん全編書き下ろしアンソロジー『Perch(パーチ)』

株式会社蔦屋書店は、9月26日に移転リニューアルオープンする「TSUTAYA BOOKSTORE福岡空港」と、「羽田空港 蔦屋書店」のECサイトにて、9月26日より又吉直樹さん全編書き下ろしアンソロジー『Perch(パーチ)』を部数限定で販売します。

 

福岡と羽田――空港の“TSUTAYA”だけで、又吉直樹さん『Perch』を部数限定販売

『Perch』は、空港という特別な場所のために生まれた作品です。当初、2020年3月29日にオープンした「羽田空港 蔦屋書店」(現在は、休店中、ECサイトでのみ営業中)で限定販売される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響に伴う店舗休業により発売を延期していました。

 
今回、「TSUTAYA BOOKSTORE福岡空港」の移転リニュアルオープンにあわせて、同店店頭と、「羽田空港 蔦屋書店」オンラインショップ2箇所限定で販売されます。一人2冊まで購入できます。

 
<『Perch』概要>

『Perch(パーチ)』は、又吉直樹さん全編書き下ろしアンソロジーです。
総ページ数は128ページ。短編、エッセイ、連作掌編、自由律俳句などを収録しています。

表紙のカラーは5パターンあり、それぞれに特製のしおりが付いています。
ブックデザインは佐藤亜沙美さん、イラストは柳智之さん、編集は九龍ジョーさん、企画・制作は木村綾子さんが担当。

装幀:鶯(緑)、桃(ピンク)、白茶(ベージュ)、濃クリーム(黄)、空(ブルー)の5色展開

装幀:鶯(緑)、桃(ピンク)、白茶(ベージュ)、濃クリーム(黄)、空(ブルー)の5色展開

※『Perch』とあわせて製作されたダイヤル式の日付印が入ったオリジナルスタンプが、「羽田空港 蔦屋書店」営業再開を待って店頭に設置されます。
本書を持って空港を訪れたその日の日付を、好きなページに押印することができます。

 
【販売店舗】

★TSUTAYA BOOKSTORE福岡空港:https://tsutaya.tsite.jp/store/fukuoka-airport/
◎営業時間:朝6:30~21:30(当面の間朝7:00~20:00) 不定休
◎所在地:福岡県福岡市博多区下臼井767-1 福岡空港国内線ターミナルビル3F
◎電話番号:092-627-1611

★羽田空港 蔦屋書店オンラインショップ:https://store.tsite.jp/haneda-airport/news/magazine/15872-1627410911.html

 

『Perch』刊行記念!制作陣の座談会を文春オンラインで公開

『Perch』刊行を記念して、制作陣の座談会が文春オンラインで公開されています。

又吉直樹さんのインタビューと、スタッフ・佐藤亜沙美さん、九龍ジョーさん、木村綾子さんも加わった座談会、ふたつの記事を文春オンラインで公開。制作の現場を振り返ります。

 
★「こんなときだから、ライブみたいな気分で作ったものを届けます」――又吉直樹、書き下ろし『Perch』に込めた想いとは?
https://bunshun.jp/articles/-/40426

★リトルプレスならではの楽しみ全開。又吉直樹・書き下ろしアンソロジー『Perch』が出来るまで 又吉直樹×佐藤亜沙美×九龍ジョー×木村綾子
https://bunshun.jp/articles/-/40420

 
【関連】
【羽田空港 蔦屋書店 オンラインショップ限定先行販売】 又吉直樹 全編書き下ろしアンソロジー『Perch』 | インフォメーション | 羽田空港 蔦屋書店
「こんなときだから、ライブみたいな気分で作ったものを届けます」――又吉直樹、書き下ろし『Perch』に込めた想いとは? | 文春オンライン
リトルプレスならではの楽しみ全開。又吉直樹・書き下ろしアンソロジー『Perch』が出来るまで | 文春オンライン

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です