本のページ

SINCE 1991

村岡恵理さん『ラストダンスは私に 岩谷時子物語』刊行記念!島田歌穂さんとのトークショー「岩谷時子とレ・ミゼラブルについて語ろう」&サイン会を開催

(左)島田歌穂さん/(右)村岡恵理さん

(左)島田歌穂さん/(右)村岡恵理さん

村岡恵理さん著『ラストダンスは私に 岩谷時子物語』(光文社)の刊行を記念して、ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)」(東京)で2月22日、【「岩谷時子とレ・ミゼラブルについて語ろう」村岡恵理&島田歌穂トークショー&サイン会】が開催されます。

 

月刊てりとりぃ+Espace Biblio共同企画「岩谷時子とレ・ミゼラブルについて語ろう」トークショー&サイン会 開催概要

作詞家・岩谷時子さんの人生を辿った『ラストダンスは私に 岩谷時子物語』(光文社)の著者・村岡恵理さんが、女優・歌手として活躍する島田歌穂さんを迎えて、公開インタビュー&サイン会を開催します。

 
越路吹雪さんのマネージャーとして奔走しながら、数々の大ヒット歌謡曲の作詞家としても知られ、令和時代になってもなお、多くのファンに愛される岩谷時子さん。大輪のバラのように華のある越路さんとは対照的に、岩谷さんは常に控えめで、静かな月のような存在感でした。しかし、その冷静な外見の内側に秘めた人一倍の情熱や、ワーキングウーマンのさきがけとしての苦悩は、これまであまり語られていません。

本イベントでは、彼女の人生はもちろんのこと、訳詞を手掛けた舞台「レ・ミゼラブル」について、同作でヒロインのエポニーヌ役を演じた島田歌穂さんと共に、その創作の裏側と作品の魅力に迫ります。

※終演後サイン会が行われますが、サインはESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)」で購入された書籍/CDに限ります。

 
■日時:2020年2月22日(土)16:30~18:30(16:00開場)

■出演
◎島田歌穂さん(女優・歌手)
◎聞き手:村岡恵理さん(作家)

■参加費:2,500円(当日精算)

■参加方法:予約制/メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp)または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付
◎メール受付: 件名「2/22 村岡恵理トーク希望」にて、氏名・電話番号・参加人数をお知らせください。おって返信メールで予約完了の通知があります。
◎電話受付: 03-6821-5703(火~土/11:30~20:00)

■定員:60名

■会場:ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)
◎地図:http://espacebiblio.superstudio.co.jp/?page_id=2
◎住所:東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1F
◎電話:03-6821-5703

★詳細:http://espacebiblio.superstudio.co.jp/?p=7666

 

出演者プロフィール

 
■島田歌穂(しまだ・かほ)さん 女優・歌手

1987年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』で脚光を浴び、同作の世界ベストキャストにも選ばれ、英国王室主催の御前コンサートに出演。出演回数は1,000回を超えた。参加したベストキャストアルバムが米国にてグラミー賞を受賞。

主な出演作品は『ウエストサイド・ストーリー』『黙阿弥オペラ』『江利チエミ物語』『飢餓海峡』『ビリー・エリオット』『メリー・ポピンズ』『ナイツ・テイル』など、ミュージカルからストレート・プレイまで幅広い。他にもディズニー映画『美女と野獣』(2017年)、『メリー・ポピンズ リターンズ』(2019年)にて吹き替えを務める。女優、歌手として幅広く活躍。

芸術選奨文部大臣新人賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀女優賞など受賞多数。大阪芸術大学教授。昨年、デビュー45周年を迎え、ニューアルバム『Slow Ballade -おとこごころ-』をリリース

 
■村岡恵理(むらおか・えり)さん 作家

1967年生まれ、翻訳家・村岡花子の孫。成城大学文芸学部卒業後 雑誌の記者をしながら翻訳家の姉、村岡美枝さんと共に村岡花子の資料、蔵書の管理、研究に従事。また、日本とカナダの友好関係促進につとめる。

著書『アンのゆりかご~村岡花子の生涯~』は2014年NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』の原案となる。その他の著書に『アンを抱きしめて』(絵:わたせせいぞうさん/NHK出版)、編著に『村岡花子と赤毛のアンの世界』(河出書房新社)など。近著は2019年7月、作詞家・岩谷時子さんの生涯を描いた『ラストダンスは私に 岩谷時子物語』(光文社)。

 

ラストダンスは私に 岩谷時子物語
村岡 恵理 (著)

越路吹雪のマネージャーであり、加山雄三やザ・ピーナッツほかの大ヒット作詞家・岩谷時子は、二つの輝きで時代を駆け抜けた。「アンのゆりかご」(連続テレビ小説『花子とアン』原案)著者が、関係者への詳細な取材と、貴重な資料をもとに初めてときあかす岩谷時子の歓喜と涙。

 
【関連】
『岩谷時子とレ・ミゼラブルについて語ろう』トークショー+サイン会出演:島田歌穂(女優・歌手) 聞き手:村岡恵理(作家)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です