本のページ

SINCE 1991

天才になれなかった全ての人へ捧げる『左ききのエレン』初の展示会が聖地・横浜で開催!

『左ききのエレン』初の展示会が聖地・横浜で開催!

『左ききのエレン』初の展示会が聖地・横浜で開催!

カヤック(http://www.kayac.com/)とアカツキライブエンターテインメント(https://ale.tokyo/)は、横浜駅直通の複合型エンターテイメントビル・アソビルの3階「STAMP HALL」にて10月19日(土)~11月24日(日)までの期間限定で「左ききのエレン展」を開催します。

 

ドラマ化決定など勢いが止まらない『左ききのエレン』、聖地・横浜に出現!

『左ききのエレン』(原作:かっぴーさん)は、「天才になれなかった全ての人へ」をキャッチコピーに、大手広告代理店に勤務する駆け出しのデザイナー朝倉光一と、類まれな絵の才能を持つ山岸エレンを中心に描かれる群像劇です。

2016年3月からcakesで連載、2017年10月から「少年ジャンプ+」でnifuniさん作画でのリメイク版として連載。2019年10月20日(日)より神尾楓珠さんと池田エライザさんのW主演でTVドラマの放送がスタートします。

 
「左ききのエレン展」は、「うんこミュージアム」を手掛けたアカツキライブエンターテインメントとカヤックが再びタッグを組み、漫画の制作過程を映像にしたイメージコンテンツ、本イベントのために特別に書き下ろされた漫画やミュージックビデオの展示、ドラマの小道具展示など、体験とエンターテインメントの要素を融合した展示イベントです。

 

「左ききのエレン展」 開催概要

■正式名称:アソビル ART SELECTION vol.1「左ききのエレン展」
※「アソビル ART SELECTION vol.1」では、左ききのエレン展の他に、「中島健太 絵画のチカラ展」と「フォトバイアヤ展~あそび人。~」が同時開催されます。

■会場:アソビル 3階 「STAMP HALL」(神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9)

■受付・当日券販売:3階「STAMP HALL」受付

■開催期間:10月19日(土)~11月24日(日)
◎開催時間:11:00~19:30
◎定休日:不定休 ※施設に準ずる

■入場料
◎前売券:入場チケット 1,100円、限定グッズ「オリジナル漫画カバー」付き入場チケット 1200円
◎当日券:入場チケット 1,300円
※チケット購入者全員に本イベントオリジナルの漫画カバーを無料でプレゼントいたします。
※小学生以下無料 ※再入場不可

★チケット販売サイト:https://eplus.jp/artselection-vol.1/

■「左ききのエレン展」主催:集英社
■「左ききのエレン展」企画・制作:カヤック
■「アソビル ART SELECTION vol.1」主催:アカツキライブエンターテインメント

 

「左ききのエレン展」展示内容

 
■本イベント限定書き下ろし漫画
「左ききのエレン展」でしか読む事のできない書き下ろし漫画。2019年現在の横浜を描いたファン必見のエピソード。

※イメージ画像です

※イメージ画像です

 
■超特大キャラクター年表
「左ききのエレン」に登場するキャラクターのキーポイントになる出来事、経歴、関係性などをまとめた超特大年表を展示。

※イメージ画像です

※イメージ画像です

 
■「天才になれなかった全ての人へ」
漫画の中で放たれてきた「天才になれなかった全ての人」へ贈る数々の名言を展示。

※イメージ画像です

※イメージ画像です

 
■エレン展・マンガ制作タイムライン展示
原作者のかっぴーさんと作画を担当するnifuniさんが「左ききのエレン」を制作していく工程の一部を公開。

※イメージ画像です

※イメージ画像です

 
■nifuniさんお気に入りコレクション
作画を担当するnifuniさんによるお気に入りの描き下ろしイラストを展示。

※イメージ画像です

※イメージ画像です

 
■ドラマの小道具展示
MBS/TBSドラマイズム枠にて2019年10月20日(土)から放送が開始されるドラマ『左ききのエレン』の撮影で使用された小道具を展示。エレンのスプレー缶、出演者のスクラップブック、デッサンなど、本展示で初公開。

※イメージ画像です

※イメージ画像です

 
■映像展示
ギガカラチップスのCMをドラマ内でハイクオリティに制作。その映像を本展示では先行上映。さらに、『左ききのエレン』をテーマにしたミュージックビデオやドラマ『左ききのエレン』のCMなども合わせて上映。

※イメージ画像です

※イメージ画像です

この他にも、数々のドラマが生まれた不夜城である目黒広告社で神谷チーム在籍時の主人公・朝倉光一のデスクを再現したスペースなども用意。デスク横の本棚にある『左ききのエレン』コミックスは、自由に読むことができます。

 

アソビル ART SELECTION とは

「アソビル ART SELECTION」は、横浜駅直通の複合型エンターテインメントビル「アソビル」による若手アーティストやクリエイターの祭典です。

日本では、日常でアート作品に触れる機会が少ないと言われています。カヤックは、アートに触れることで感じる言語化できない心の動きに着目し、気がつかないうちに作品に触れて感性を磨くことができるよう「アートによる遊ひ゛心の解放」というコンセプトのもと、アソビルの至るところに新進気鋭のアーティスト作品を展示しています。

 
今回は、異色の組み合わせや様々なジャンルの作品の同時展示をすることで、先入観にとらわらないままアートやクリエイティブ作品に偶然に触れ、心動く体験をしてもらいたいという思いで当展示イベントを企画。油絵、漫画、写真という違った手法で表現を楽しむクリエイターたちの作品をお楽しみください。

 

かっぴーさん プロフィール

かっぴーさんは、1985年神奈川生まれ。漫画家・漫画原作者。。株式会社なつやすみ代表取締役社長。武蔵野美術大学でデザインを学び、2009年卒業後は東急エージェンシーのクリエイティブ職に。アートディレクター・コピーライター・CMプランナーなど天職が見つからぬままアイデアを書き留めた絵コンテを量産する。

2014年に面白法人カヤックへ転職。2015年9月、漫画を見た同僚に背中を押され、描いた漫画「フェイスブックポリス」をWebサイトへ公開し、大きな反響を呼んでネットデビューを果たした。

以降、「フェイスブックポリス」の続編「SNSポリス」をはじめ「おしゃ家ソムリエおしゃ子! 」「左ききのエレン」「おしゃれキングビート! 」「裸の王様VSアパレル店員」などWebメディアでの多数の連載がはじまる。

★URL:https://note.mu/nora_ito

 

nifuniさん プロフィール

リメイク版『左ききのエレン』で作画を担当するnifuni(にふに)さんは、1987年生まれ。絵描き、漫画家。

大学卒業後、ジュエリーブランドに就職。ジュエリーデザイナーとして8年間勤務。現在はフリーランスとして活動。リメイク版『左ききのエレン』で作画を担当し漫画家デビュー。

 

左ききのエレン 1 (ジャンプコミックス)
nifuni (著), かっぴー (原著)

広告代理店勤務の若手デザイナー・朝倉光一。納得出来ない理由で自ら勝ち取った仕事を取り上げられた彼は、やりきれない気持ちを抱えて横浜の美術館へと向かう。そこは、彼が初めて「エレン」という才能と出会った場所で…。大人の心も抉るクリエイター群像劇、開幕!

 
【関連】
アソビルART SELCTIONのイベントのチケット情報 – イープラス

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です