本のページ

SINCE 1991

母親たちの熱闘甲子園! 早見和真さん『アルプス席の母』が刊行

補欠球児の青春を描いたデビュー作『ひゃくはち』から15年、早見和真さんの新たなる高校野球小説『アルプス席の母』が小学館より刊行されました。   早見和真さんが作家生活15年の節目に選んだテーマは、やはり高校野球! 『イノセント・デイズ』(2014年)で日本推理作家協会賞を受賞、『店長がバカすぎて』(2020年)で本屋大賞ノミネート、同年『ザ・ロイヤルファミリー』で山本周五郎賞を受賞。近著 […]


彼女たちは、蟻地獄の中で、必死にもがいていた――早見和真さんが描く、女たちの“鎖”の物語『八月の母』刊行 「『イノセント・デイズ』を今一度書く。そして「超える」がテーマでした」

早見和真さんの最新小説『八月の母』がKADOKAWAより刊行されました。本書は、愛媛県伊予市を舞台に、母性とは何か、親子愛、家族愛、人間の業を深く描いた長編大作です。   ここにあるのは、かつて見たことのない絶望か、希望か──。 『イノセント・デイズ』『ザ・ロイヤルファミリー』(ともに新潮社)をはじめ多くの代表作を持つ早見和真さん。 近年は、強豪二校の野球部に密着したノンフィクション『あ […]