本のページ

SINCE 1991

読書インフルエンサー大島梢絵さん初の著書『読書は鼻歌くらいでちょうどいい』が刊行

発売約1か月前からAmazonで先行予約をスタートするなり、本屋大賞発表直後の受賞作品をおさえて「文学・評論」カテゴリにTOP10入りを果たした、SNSで人気急上昇中の読書インフルエンサー大島梢絵さんの読書エッセイ『読書は鼻歌くらいでちょうどいい』が辰巳出版より刊行されました。   飾ったり、見たり、読んだりして本と仲よくなる 若者の読書離れが問題視される昨今ですが、実は小中学生の読書量 […]


「最後の一文にぎゅっと胸をつかまれる」佐々木望さんの推薦コメント帯で『グレート・ギャツビー』を出荷開始

KADOKAWAは、アメリカ文学の傑作、フィツジェラルド『グレート・ギャツビー』(訳:大貫三郎さん/角川文庫)を声優・佐々木望さんによる推薦コメントを掲載した帯を巻いた形での出荷を始めました。   海外文学を愛好する佐々木さんがオススメするアメリカ文学の傑作 佐々木望さんはもともと海外文学がお好きで、英語への関心も高く英検1級と全国通訳案内士資格を取得。翻訳と原著の両方で作品を楽しむこと […]


人類の永遠の悩みに挑む! 三宅香帆さん『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』が刊行

疲れてスマホばかり見てしまう、その理由を労働史と読書史で解き明かす、三宅香帆さん著『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』が集英社新書より刊行されました。YouTube、Podcastの人気番組「ゆる言語学ラジオ」との対談記事も公開中。   疲れてスマホばかり見てしまうあなたへ――その理由を労働史と読書史で解き明かす! 「大人になってから、読書を楽しめなくなった」 「仕事に追われて、趣味 […]


【第32回小川未明文学賞】東京都・古都こいとさん「如月さんちの今日のツボ」が大賞を受賞

新潟県上越市と小川未明文学賞委員会が主催し、Gakkenが協賛する第32回小川未明文学賞の受賞作が決定し、3月27日に贈呈式が開催されました。   第32回小川未明文学賞が決定! 大賞作品の題材は「鍼灸」 今回は全553編(短編作品309編、長編作品244編)が集まり、その中から、古都こいとさん(東京都)の「如月さんちの今日のツボ」(長編作品)が大賞を、やす ふみえさん(千葉県)の「まよ […]


五木寛之さん「人生のレシピ」シリーズ第7弾『本を友とする生き方』が刊行

2022年刊行開始開始から累計12万部を超えた作家・五木寛之さんの「人生のレシピ」シリーズの最新刊『人生のレシピ 本を友とする生き方』がNHK出版より刊行されました。   今回のテーマは「本」 ”五木式”読書法で人生をさらに豊かに――   「行き当たりばったりの好奇心で、あらゆるジャンルの本を読む――それが私の読書です。」   小説はもちろん、 […]


本と向き合う読書会〈沈思黙読会〉第3回「斎藤真理子さんと読みたい本を読む」を開催

イースト・プレスは、本と向き合う読書会「沈思黙読会」の第3回を、翻訳家・斎藤真理子さんを講師に迎え、EXPRESSION(東京・神保町)で1月20日(土)に開催します。   【本と向き合う読書会】沈思黙読会 第3回『斎藤真理子さんと読みたい本を読む』1/20(土)開催 「沈思黙読会」の第3回は、韓国文学に限らず「ご自身が読みたい本を読む会」になります。 会場では斎藤真理子さんが手がけた書 […]


【読書メーター OF THE YEAR 2023-2024】宮島未奈さん『成瀬は天下を取りにいく』が1位を獲得

株式会社ブックウォーカーが運営する日本最大級の読書コミュニティー「読書メーター」は年末恒例の年間おすすめ本ランキング「読書メーター OF THE YEAR 2023-2024」を発表しました。読者投票の結果で決定した、”本好き”が選ぶ、1年で最もおすすめしたい1冊のランキングです。 また、ランキング発表を記念して、総合ランキングTOP10にランクインした作品の電子書籍を各100冊、合計1,000名 […]


北米ミステリー各賞を総なめ!『頬に哀しみを刻め』が『このミス』海外編1位を獲得

ハーパーコリンズ・ジャパン刊行のS・A・コスビー著『頬に哀しみを刻め』(訳:加賀山卓朗さん)が、『このミステリーがすごい!2024年版』(宝島社)海外編1位にランクインしました。   黒人の父親、白人の父親、惨殺された息子たち――血の弔いが幕を開ける! 北米ミステリー界の各賞を総なめにしたクライム・ノワールの超新星S・A・コスビーの話題作『頬に哀しみを刻め』 同作は「ミステリが読みたい! […]


「休み時間にみんなでトイレに行く」「行きより帰りのほうが時間が短く感じる」現象には名前がある! 『ふしぎ現象事典』続編が刊行

シリーズ累計9万部突破、大人でも理由を答えられないような「ふしぎ現象」の名前と由来を子どもに楽しく伝える雑学本『大人も知らない? ふしぎ現象事典』(編:「ふしぎ現象」研究会/イラスト:ヨシタケシンスケさん)の続編『大人も知らない? 続ふしぎ現象事典』(編:「ふしぎ現象」研究会、イラスト:大田垣晴さん)がマイクロマガジン社より刊行されました。   作家・宮部みゆきさん「一人で読んでも楽しく […]


「小説紹介クリエイター」けんごさんオンライントークショー〈小説紹介から学ぶ「推し」を伝える技術〉を開催

株式会社モリサワは、フォントの情報発信をする「FONT SWITCH PROJECT」の企画において、TikTokで注目を浴びるけんご@小説紹介さんによる学生向けZoomトークショー 〈小説紹介から学ぶ「推し」を伝える技術〉を2023年9月28日(木)に開催します。 ※学生の方以外も参加できますが、学生向けのトーク内容となっています。   TikTokで人気のけんご先生による学生向けトー […]