本のページ

SINCE 1991

生きものの数だけ、不思議がある!福岡伸一さん〈生命の謎を追究する科学エンタテインメント〉『森羅万象 我々はどこから来て、どこへ行くのか』が刊行

『生物と無生物のあいだ』で知られる福岡伸一さんのエッセイ集『森羅万象 我々はどこから来て、どこへ行くのか』が扶桑社より刊行されました。   88万部超『生物と無生物のあいだ』の著者・福岡伸一さんが贈る! 生命の謎を追究する科学エンタテインメント 『森羅万象 我々はどこから来て、どこへ行くのか』は、生物学者でありベストセラー作家である福岡伸一さんが、生物学や生き物をフックに書いたエッセイ集 […]


音楽家・坂本龍一さん×生物学者・福岡伸一さん〈初の人生論〉『音楽と生命』が刊行

音楽家・坂本龍一さんと生物学者・福岡伸一さんによる初の人生論『音楽と生命』が集英社より刊行されました。   長年親交のある坂本龍一さんと福岡伸一さんが、それぞれの音楽論、生命論をベースとして人生観について語り合った対談集 80年代、テクノミュージックで一世を風靡した音楽家・坂本龍一さん。以来、常に第一線で活躍し続けてきましたが、近年は電子音楽とは対照的な自然の「ノイズ」を取り入れたサウン […]


人類とエボラの死闘を描く「第20回開高健ノンフィクション賞」最終候補作『生命の旅、シエラレオネ』が刊行

「第20回開高健ノンフィクション賞」最終候補作を書籍化した、加藤寛幸さん著『生命(いのち)の旅、シエラレオネ』がホーム社より刊行されました。   人類とエボラの死闘、こどもたちは――。 本書は、エボラ出血熱の過酷な治療現場で、こどもたちの治療に向き合った「国境なき医師団」の小児科医による渾身のノンフィクションです。   2014年、西アフリカにあるシエラレオネ共和国。死亡率の高 […]


吟鳥子さん初期傑作『架カル空ノ音』が大幅な加筆修正を加えた完全新装版で復刊

『きみを死なせないための物語』の著者・吟鳥子さんの初期の傑作『架カル空ノ音』が、大幅な加筆修正と描き下ろしを加え、全3巻(上、中、下)にて装いも新たにイースト・プレスより刊行されます。上&中巻は2022年3月17日、下巻は4月7日に発売。   『きみを死なせないための物語』の著者が描く、美しき翼を持つ「古鳥人類」と「人間」との奇跡の邂逅 奇跡的に生き延びていた、翼をもつ一族「古鳥人類」と […]