本のページ

SINCE 1991

「受賞」に関する記事

【第22回野間文芸翻訳賞】村上春樹さん・東野圭吾さん作品翻訳者ウルズラ・グレーフェさんと大江健三郎さん作品翻訳者ノラ・ビーリッヒさんが受賞

講談社は4月16日、優れた翻訳をした者に贈られる第22回野間文芸翻訳賞の受賞者を発表しました。   第22回野間文芸翻訳賞が決定! 第22回野間文芸翻訳賞の受賞者は、次の通りです。 なお今回の対象言語はドイツ語です。ドイツ語が対象となるのは1999年以来2回目。   ■第22回野間文芸翻訳賞 ◎ウルズラ・グレーフェ(Ursula Graefe)さん ◎ノラ・ビーリッヒ(Nora […]


【第10回翻訳ミステリー大賞】アンソニー・ホロヴィッツさん著/山田蘭さん訳『カササギ殺人事件』が受賞 読者賞も同時受賞

翻訳ミステリー大賞シンジケートは、「翻訳者として読者のみなさんに特に読んでほしい翻訳ミステリー」を選ぶ「第10回翻訳ミステリー大賞」の受賞作を発表しました。   第10回翻訳ミステリー大賞&第7回翻訳ミステリー読者賞が決定! 4月12日に締め切られた第10回翻訳ミステリー大賞の本投票の結果が4月14日、大田区産業プラザPiOにて開催された授賞式&コンベンションの公開開票式において次の通り […]


第3回「オリックス 働くパパママ川柳」入賞作品が決定! 大賞は「10連休 預け先無し 金も無し」

オリックス株式会社は、第3回「オリックス 働くパパママ川柳」の入賞作品(19作品)を発表しました。   オリックスは2019年1月11日から2月12日まで、働きながら子育てに奮闘するパパとママの日常をテーマとする第3回「オリックス 働くパパママ川柳」を公募。今回より「じぃじばぁば目線賞」を新設したことから、3世代での子育てに奮闘している作品など、幅広い世代の方から、5万4,261句の作品 […]


”入場料のある本屋”文喫が「CX AWARD 2019」を受賞

日本出版販売とリブロプラスが運営する本屋「文喫」が、優れた顧客体験を設計・実現したサービス・プロダクトに贈られる「CX AWARD 2019」を受賞しました。   「本を選ぶ豊かな時間」を提供する文喫がCX AWARDを受賞! 「CX AWARD」とは、株式会社プレイドが主催する、「CX(顧客体験)」という概念の拡張に寄与したプロダクト・サービス・アプリ・店舗等を表彰するアワードです。社 […]


【第5回徳間文庫大賞】柚月裕子さん『朽ちないサクラ』が受賞

徳間書店が後援し、全国の有志書店員による投票によって決定する第5回徳間文庫大賞の受賞作が発表されました。   第5回徳間文庫大賞が決定! 第5回徳間文庫大賞は、2017年10月から2018年9月までの1年間に刊行された徳間文庫作品の中から、徳間文庫大賞実行委員会が候補作を選出し、実行委員会と全国の有志書店員による投票によって、次の通り受賞作が決定しました。   ■第5回徳間文庫 […]


【第52回小熊秀雄賞】柴田三吉さん『旅の文法』が受賞

小熊秀雄賞市民実行委員会は4月8日、第52回小熊秀雄賞の受賞作を発表しました。   第52回小熊秀雄賞が決定! 2018年1月から12月末までに刊行された詩集を対象とする第52回小熊秀雄賞には、全国から110点の応募があり、実行委員会による第1次審査で18点を選出、その中から第2次選考として、実行委員会と4人の選考委員が各2点を推薦し、7点が最終選考会にノミネートされました。 そして、4 […]


【第62回群像新人文学賞】石倉真帆さん『そこどけあほが通るさかい』が受賞 群像新人評論賞は長﨑健吾さん『故郷と未来』

第62回群像新人文学賞および第62回群像新人評論賞が決定しました。   第62回群像新人文学賞および群像新人評論賞 受賞作品 第62回群像新人文学賞が次の通り決定しました。また、第62回群像新人評論賞については、『群像』2018年12月号で既に発表されています。   ■第62回群像新人文学賞 石倉真帆(いしくら・まほ)さん 『そこどけあほが通るさかい』 選考委員:柴崎友香さん、 […]


西野亮廣さん『新世界』の“自腹”広告が「第86回毎日広告デザイン賞」最高賞を受賞!

第86回毎日広告デザイン賞が4月5日に発表され、西野亮廣さんの最新ビジネス書『新世界』(KADOKAWA)の広告が西野さん自身による購入、デザインディレクションにより、「広告主参加作品の部」において最高賞を受賞しました。   「西野亮廣最新刊『新世界』本日発売」が、毎日広告デザイン賞「広告主参加作品の部」で最高賞を受賞! 2018年11月16日の毎日新聞朝刊に掲載された広告 「西野亮廣最 […]


【2019年本屋大賞】瀬尾まいこさん『そして、バトンは渡された』が受賞

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2019年本屋大賞」の発表会が4月9日、明治記念館にて開催されました。   「2019年本屋大賞」が決定! 2019年本屋大賞では、一次投票には全国の493書店より書店員623人、二次投票では308書店、書店員371人がノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票しました。 順位と得票は次の通りです。   【ノミネー […]


「第50回星雲賞」参考候補作が発表 日本長編部門は飛浩隆さん、早瀬耕さんら計7作品

日本SFファングループ連合会議は、第50回星雲賞の参考候補作を発表しました。   星雲賞について 星雲賞は1970年に創設された、SF作品およびSF活動を対象とした日本で最も長い歴史を誇る文学賞です。前年度に発表されたSF作品およびSF活動を対象に、毎年開催される「日本SF大会」の参加者の投票により受賞作品が決定します。1965年に結成された、日本のSFファングループ間の協議機構「日本S […]