本のページ

SINCE 1991

「受賞」に関する記事

【第22回大藪春彦賞】赤松利市さん『犬』が受賞

徳間書店は1月24日、作家・大藪春彦さんの業績を記念し、その物語世界を引き継ぐ新進気鋭の作家および作品に贈られる「第22回大藪春彦賞」の受賞者・受賞作を発表しました。   第22回大藪春彦賞が決定! 第22回大藪春彦賞の選考会が1月24日午後5時より東京・新橋の第一ホテル東京で開かれ、次の通り受賞作家と作品を選出しました。   <第22回大藪春彦賞 受賞作家・受賞作品> 赤松利 […]


【第31回トップポイント大賞】ビジネスリーダー1万人が選ぶ2019年下半期のベストビジネス書は山口周さん『ニュータイプの時代』が受賞

新刊ビジネス書情報誌『TOPPOINT(トップポイント)』は、1万名以上の定期購読者を対象とした定例の読者アンケートを行い、第31回(2019年下半期)「トップポイント大賞」を決定しました。   ビジネスリーダー1万人が選ぶ<2019年下半期>のベストビジネス書が決定! 第31回トップポイント大賞の大賞に輝いたのは、山口周さん著『ニュータイプの時代』(ダイヤモンド社)でした。本書は、これ […]


【第65回小学館漫画賞】『ねこ、はじめました』『舞妓さんちのまかないさん』『凪のお暇』『アオアシ』『かぐや様は告らせたい』などが受賞

小学館は1月23日、第65回小学館漫画賞の受賞作を発表しました。   第65回小学館漫画賞の受賞作が決定! 第65回小学館漫画賞の各部門の受賞作は次の通りです。   ■児童向け部門 環方このみ(わがた・このみ)さん 『ねこ、はじめました』(小学館『ちゃお』連載中)   ■少年向け部門 小山愛子(こやま・あいこ)さん 『舞妓さんちのまかないさん』(小学館『週刊少年サンデ […]


【第35回坪田譲治文学賞】村中李衣さん『あららのはたけ』が受賞

岡山市は1月21日、第35回坪田譲治文学賞の受賞作を発表しました。   第35回坪田譲治文学賞が決定! 第35回坪田譲治文学賞は、2018年9月1日から2019年8月31日までの1年間に全国で刊行された小説・児童文学等の中から、小説家・児童文学者等から推薦された93作品について、「大人も子どもも共有できる世界を描いたすぐれた作品」という観点で、予備選考会を経て候補作5作品を選定。この5作 […]


「マンガ大賞2020」ノミネート作品が決定! 『SPY×FAMILY』『チェンソーマン』『ブルーピリオド』『ミステリと言う勿れ』など12作品

マンガ大賞実行委員会は1月20日、「マンガ大賞2020」のノミネート作品を発表しました。 今回の一次選考では、94人の選考員が参加し、238タイトルが挙がりました。その中から、同率順位を含む上位12作品がノミネート作品となりました。 なお、二次選考の結果は3月中~下旬の授賞式をもって発表となります。   「マンガ大賞2020」ノミネート作品〔敬称略〕   <ノミネート作品> ◎ […]


【みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2020】大賞は『酒と恋には酔って然るべき』

電子書籍配信サイト「コミックシーモア」にて開催された「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2020」の受賞作が発表され、“みんなが選んだ、2020年にヒットしそうな電子コミック”として大賞1作品、女性部門賞2作品、男性部門賞2作品、ラノベ部門賞2作品の計7作品が決定しました。   「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2020」 結果発表   【大賞】 はるこさん『酒と恋には酔って然る […]


「2020年本屋大賞」ノミネート作が決定! 川越宗一さん、川上未映子さん、小川糸さん、横山秀夫さんら10作品

「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」を決める本屋大賞の2020年度のノミネート作品が決定しました。   本屋大賞について 本屋大賞は、出版不況の中、「商品である本と、顧客である読者を最も知る立場にいる書店員が、売れる本を作っていく、出版業界に新しい流れをつくる、ひいては出版業界を現場から盛り上げていけないか」という趣旨で設立され、「NPO法人 本屋大賞実行委員会」が運営。書店(オ […]


【第162回芥川賞&直木賞】芥川賞に古川真人さん『背高泡立草』、直木賞は川越宗一さん『熱源』

第162回芥川龍之介賞および直木三十五賞の選考委員会がともに、1月15日午後4時より築地・新喜楽で開催され、それぞれ受賞作が決定しました。   芥川賞は古川真人さんが4度目のノミネートで受賞! 第162回芥川賞は、下記候補作の中から古川真人さんの「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(『すばる』10月号)が受賞作に決定しました。   古川真人さんは、1988年生まれ。福岡県福岡 […]


【第11回新井賞】小川糸さん『ライオンのおやつ』が受賞

カリスマ書店員・新井見枝香さんが主宰する個人賞「第11回新井賞」が発表され、小川糸さん著『ライオンのおやつ』(ポプラ社)が受賞作に選出されました。   「新井賞」とは 「本屋の新井が作った賞です。 この半年で、いちばんおもしろかった本をたった一人で選び、勝手に表彰します。 偶然ですが、芥川賞・直木賞と同じ日に発表です。賞金はありません。」 (―HMV&BOOKSオンラインページより引用) […]


小川糸さん選考「第1回 おいしい文学賞」受賞作、白石睦月さん『母さんは料理がへたすぎる』が刊行

ポプラ社が開催した第1回「おいしい文学賞」を受賞した、白石睦月さん著『母さんは料理がへたすぎる』が1月9日に刊行されました。 本作品は、働く母親と三つ子の妹たちのためにご飯をつくるのが仕事になった高校生男子・山田龍一朗くんの、苦悩や成長を描いた物語。多数の応募作の中から、選考委員の小川糸さんが“圧倒的に良い!”と選んだ、あたたかく元気が出る小説です。   食いしん坊な編集部が企て、『食堂 […]