本のページ

SINCE 1991

「SFカーニバル 2022」が代官山 蔦屋書店&梅田 蔦屋書店で開催 よしながふみさん『大奥』への日本SF大賞贈賞式も

「SFカーニバル 2022」が代官山 蔦屋書店&梅田 蔦屋書店で開催

「SFカーニバル 2022」が代官山 蔦屋書店&梅田 蔦屋書店で開催

代官山 蔦屋書店(以下、東京会場)と梅田 蔦屋書店(以下、大阪会場)は、4月16日(土)・17日(日)に、日本SF作家クラブと共同で「SFカーニバル」を開催します。

 

「SFカーニバル2022」 コンテンツ(予定)

SF好きが集い、語り合う、SF愛に満ちたこの2日間に、現在8つのコンテンツが予定されています。
※今後、コンテンツは増えていく予定です。詳細は、確定次第HPやSNSで発表されます。

 
1. 日本SF大賞 贈賞式

日本SF大賞トロフィー 原型デザイン:横山宏/写真:藤井太洋

日本SF大賞トロフィー 原型デザイン:横山宏/写真:藤井太洋

1980年に日本SF作家クラブが設立した日本SF大賞は、小説だけでなく全メディアを対象に選考が行われます。第42回日本SF大賞は、よしながふみさんの『大奥』(白泉社)に贈られることが決定しました。贈賞式をSFカーニバルの会場で行います。

※贈賞式は東京会場で実施、配信を行います。

 
2. トークイベント

文学、映画、数学などSFを多面的に楽しむためのトークイベントを多数開催予定です。トークイベントの登壇者やスケジュールは、随時、SNSで発表されます。

 
3. 大サイン会

総勢30名以上のSF作家が一堂に会する一大イベント。新刊・既刊を問わず、会場で購入の書籍にサインがもらえる貴重な機会です。

 
4. 定点観測サイン会

「サインがほしい。でも当日参加することができない」という方は、サイン本の事前予約をご利用ください。オンラインストアで書籍を購入・サインの予約をすれば、後日サイン本をお届けします。

予約本へのサインの様子は、リアルタイム中継されます。作家の登壇スケジュールは決まり次第告知。定点観測カメラによって、知られざる作家の生態がのぞき見られるかもしれません。
予約は3月中旬に開始します。

※東京会場の定点観測サイン会のみ配信を行います。

 
5. SF書店

代官山T-SITEの中に、SFだけの書店がオープン。SF書籍を多く刊行する出版社に協力をいただき、残部僅少な書籍や、レアな古本、出版社オリジナルグッズなどなどが並びます。この日ならではの貴重な作品と出会える予感。

※東京会場のみ実施。

 
6. 数学カフェ ファミリーワークショップ

所属組織、居住地、性自認、性指向、体調、国籍など、様々な境界を取り払って、誰でも数学を楽しめるコミュニティを目指す取り組みをしている数学カフェ。大人も子どもも楽しめる折り紙ワークショップなどを企画中です。

※東京会場のみ実施。

 
7. ドラマチック謎解きゲーム

あなたが主人公になり、代官山 蔦屋書店に隠された謎を解き明かしてください。「日本SF作家クラブ」が物語を担当、「よだかのレコード」が謎解きゲーム製作します。どんなストーリー、謎が散りばめられるのでしょうか。乞うご期待。

※東京会場のみ実施。

 
8. 日本SF作家クラブが選ぶ偏愛SF200とちょっと

SF作家クラブの会員が、愛するSF本を選びます。新刊・既刊・絶版を問わず、また商業出版でも同人・個人出版でも構わない。制限なしの絶対的鉄板から個人的偏愛まで、今だからこそ読んで欲しい愛すべきSF選書。入手可能な本は会場で展開します。

 

「SFカーニバル 2022」 開催概要

■会期:2022年4月16日(土)・17日(日)
◎東京会場:代官山 蔦屋書店/代官山T-SITE GARDEN GALLERY
※4月16日(土)9:00~20:00、17日(日)9:00~19:00
◎大阪会場:梅田 蔦屋書店
※4月16日(土)10:30~20:00、17日(日)10:30~19:00

■主催:日本SF作家クラブ/代官山 蔦屋書店/梅田 蔦屋書店

■入場:無料 ※一部有料イベントがあります。

★詳細:https://store.tsite.jp/daikanyama/sf-carnival2022/
★Twitter:https://twitter.com/SF_CARNIVAL

 

日本SF作家クラブについて

日本SF作家クラブは、1963年に星新一さん(初代会長)、矢野徹さん(二代目会長)、小松左京さん(三代目会長)ら11名によって発足された、日本随一のSF&ファンタジー団体です。

2017年に一般社団法人となりました。日本SF大賞をはじめとする事業を運営しています。現在の会長は池澤春奈さん。

 

キービジュアルクリエイター プロフィール

キービジュアルを担当したいとうひでみさん(イラストレーター/東京在住)は、書籍装画、プロダクトアートワーク、イベントキービジュアル等、イラストレーターとして幅広くクライアントワークに携わる一方、オリジナル作品も多数発表している。

2020年、超能力と少女たちを描いた漫画単行本『class X』(左右社)を刊行。

 
【関連】
SFカーニバル|代官山 蔦屋書店が開催する、日本SF大賞の贈賞式をはじめとした、日本最大級のSFイベントです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。