本のページ

SINCE 1991

【みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2021】大賞は宇月あいさん『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2021」が決定!

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2021」が決定!

電子書籍配信サイト「コミックシーモア」にて開催された「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2021」の受賞作が発表され、“みんなが選んだ、2021年にヒットしそうな電子コミック”として大賞1作品、男性部門賞2作品、女性部門賞2作品、ラノベ部門賞2作品、異世界コミック部門2作品、TL部門2作品、BL部門2作品の計13作品が決定しました。

 

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2021」 結果発表

 
【大賞】

作品名:「十億のアレ。~吉原いちの花魁~」
作家名:宇月あいさん
出版社:ソルマーレ編集部

<受賞コメント>
賞をいただける事はまずないと思っていたので本当にビックリしました。自分の想像の及ばない所で読んで下さっている人がいる事を感じてとても嬉しく思いました。これからも全力で描いていけたらと思います。本当にありがとうございました!

<作品への思い・秘話>
大好きな吉原の世界を現代モノで描きませんか?と言われて、最初はシンプルに「嫌だ!」と思ったのをよく覚えています。結果的に描く事になったのですが、描いていく内にむしろこっちが描きたかったのではないかと思う程楽しくて、人の提案を取り入れて描く事で得られる新しい出会いの喜びを知ることが出来ました。一人で描いていたら絶対に描けなかった話なので機会を与えて下さった編集さんにはとても感謝しています。

 
【男性部門賞】

作品名:「私の少年」
作家名:高野ひと深さん
出版社:講談社

<受賞コメント>
「私の少年」の名前をあげてくださった皆様に心より感謝を申し上げます。作品を愛していただけるって、本当に嬉しいものです。今後ともがんばってまいります。

<作品への思い・秘話>
読者の方が人生のどこかで、ふと「あの人、今何してるんだろうなあ…」と、思いを巡らせてしまうような、そんな登場人物を生み出せたらいいなと思いながら、漫画と向き合って参りました。キャラクターたちを通して、どなたかの人生に少しでも関われたのなら嬉しいです。

作品名:「追い出された万能職に新しい人生が始まりました」
作家名:東堂大稀さん・宇崎鷹丸さん
出版社:アルファポリス

<受賞コメント>
(原作:東堂大稀さん) この度は名誉ある賞に選んでいただき、ありがとうございます。これも応援していただいている皆様、宇崎先生、らむ屋先生、編集の方々のおかげだと思います。この栄誉に恥じないよう、今後も皆さんに楽しんでいただける作品をお届けできるように頑張ります。
(作画:宇崎鷹丸さん) コミック版万能職を読んでくださった皆さま、投票してくださった皆さま、東堂・らむ屋両先生、本当にありがとうございます。「天職」を巡って冒険者や凄腕商人やもふもふ従魔が東奔西走、
時に右往左往する姿を楽しんでいただけるようこれからもがんばります。

<作品への思い・秘話>
(原作:東堂大稀さん) この度は名誉ある賞に選んでいただき、ありがとうございます。
これも『追い出された万能職に新しい人生が始まりました』を応援していただいている皆様、宇崎先生、らむ屋先生、編集の方々のおかげだと思います。この機会に新しく万能職のロアとグリおじさん達の物語に触れる方もたくさんいらっしゃるでしょうから、この栄誉に恥じないよう、今後も皆さんに楽しんでいただける作品をお届けできるように頑張ります。
(作画:宇崎鷹丸さん) 読んでくださった皆さま、投票してくださった皆さま、東堂・らむ屋両先生、本当にありがとうございます。
万能職の世界ではふつうは「従魔師」や「錬金術師」といった肩書・約束事でまとめられがちな「職業」を巡って、半人前の主人公ロアをはじめ登場人物一人一人がそれぞれ一所懸命に行動しています。読者の皆さま御自身の就活や社会人生活と重ねて、彼らのがんばりを応援していただけるよう、これからも全力で描いてゆきます。

 
【女性部門賞】

作品名:「初めましてこんにちは、離婚してください」
作家名:七里ベティさん・あさぎ千夜春さん
出版社:スターツ出版

<受賞コメント>
(原作:あさぎ千夜春さん)ノミネートしていただけただけで、ありがたやと拝んでいたのですが、まさかの受賞に驚愕しました。
ご投票してくださった皆様、本当にありがとうございました!
(作画:七里ベティさん)作画担当の七里です。原作小説は間違いなく面白い作品なので、コミカライズで台無しにしてしまわないかと内心ビクビクでした。このような賞をいただけて本当に嬉しいです。これを励みに今後もまい進して参ります。

<作品への思い・秘話>
(原作:あさぎ千夜春さん) 原作は趣味で書いたweb小説です。ただ自分が面白いと思うものを書いた結果、本にしてもらったり漫画にしてもらえたりと、想像以上に幸せな作品となりました。
(作画:七里ベティさん)作画担当として気を付けた点は、キャラクターの個性と作品のテンポ感です。どちらも原作小説のとても魅力的な要素だと思ったので、特に注意して制作しています。原作のあさぎ先生の生み出すキャラクターは脇役までみんな個性的で、描き分けるのが楽しかったです。主人公が背負った人生はかなり悲劇的ですが、周囲の人々の明るさと優しさで前向きに展開していく心地よさを味わっていただけたら嬉しいです。

作品名:「の、ような」
作家名:麻生海さん
出版社:芳文社

<受賞コメント>
応援ありがとうございました。まさか受賞するとは、思っていなかったのでお知らせを頂いてびっくりしております。人生の中で中々賞をいただくことが無いので嬉しいです。ありがとうございました。

<作品への思い・秘話>
この作品は、担当さんから新しい雑誌を立ち上げる時にお声掛け頂いて、考えた話です。元々、昔書いた、別の作品の舞台を変えたものなのですが当時の担当さんと同じ方だったので、描かせて貰えたと思います。漫画を描いていて、ここまで沢山の方に読んで頂いたことが無いので、少し緊張して描くことになりそうです。この作品は私の予測していたものと違う感想が来て「なるほど、そんな捉え方もあるのか…」と驚かされたりしているので読んで頂いた方が好きなようにとらえて、楽しんでいただけたらいいなと思っています。

 
【ラノベ部門賞】

作品名:「絶対結婚するマンvs絶対結婚しないウーマン」
作家名:緒莉さん・にかわ柚生さん
出版社:プランタン出版

<受賞コメント>
(原作:緒莉さん)イラストのにかわ柚生先生、励まし続けてくれた担当さん、そしてなにより投票してくださった皆様のおかげで、素敵な賞をいただくことができました。小説を書き続けてきてよかったなとしみじみ思います。本当にありがとうございました!

<作品への思い・秘話>
(原作:緒莉さん)このお話を三分の二くらい書いた辺りから世の中がどんどん大変なことになっていき、「こんな能天気な話を書いている場合か?」と手が止まったりもしましたが、こんなときだからこそ、明るくて楽しくてちょっとドキドキできるお話が存在する意味が絶対にあるはずだと信じて、最後まで書きました。主要な書店が軒並み休業しているなか発売日を迎えたり、思いがけない賞をいただいたりと、私にとって一生忘れられない本になりました。

作品名:「ご縁食堂ごはんのお友 仕事帰りは異世界へ」
作家名:日向唯稀さん・鈴木次郎さん
出版社:メディアソフト

<受賞コメント>
(原作:日向唯稀さん)この度はご投票くださり、ありがとうございます!
賞ごとには縁がなかったもので、とても驚いております。
が、この喜びと感謝を忘れることなく、今後も執筆に励みたいと思います。どうかこれからもよろしくお願いいたします。

<作品への思い・秘話>
(原作:日向唯稀さん)「ご縁食堂ごはんのお友」の話に出てくる“狭間”の世界観は、長年持ち続けているものでした。しかし、普段書かせていただいている話が現代物ですので、自分にこれを書く機会が巡ってくることはないだろう――と思っていたため、それはもう薄ぼんやりと。そのため、今回一番大変だったのは、改めてこの世界の成り立ちやルールを決めていくこと。かといって「美味しい! 可愛い! カッコイイ!」は不動のコンセプトですので、それらとのバランスや、「ちょっと行き来ができるくらいの癒しの場。不思議な世界」を意識し、読み切りでも伝わるように心がけました。
ただ、本書は携わってくださった皆様のおかげで、続きを出していただけることになりました。私自身、大和と一緒にまた狭間世界で未来たちと遊び、美味しいものが食べられることが、今はとても楽しみです。

 
【異世界コミック部門賞】

作品名:「異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました。」
作家名:和泉杏花さん・近江谷さん・桜田霊子さん
出版社:小学館

<受賞コメント>
(原作:和泉杏花さん)読者様、霊子様や近江谷様、担当様、皆様のお力添えあって受賞する事が出来ました。心より感謝申し上げます。初めて書いたこのお話が、と驚きと嬉しさでいっぱいです。今後も楽しんで頂けるよう、努めてまいります。

<作品への思い・秘話>
(原作:和泉杏花さん)読書中に穏やかな気持ちになれて、少しの切なさやときめきも感じられる。そんな異世界での優しい日々を、と思い書き始めました。
(構成:近江谷さん)読みやすさとトキメキ重視で構成しています。忙しい日々の息抜きに、読んでホッとできるような漫画となっていますように!
(作画:桜田霊子さん) 素敵な賞をありがとうございます!この作品に携われて幸せです。これからも作品の世界観を意識して絵を描いていきたいです!

作品名:「自称悪役令嬢な婚約者の観察記録。」
作家名:しきさん・蓮見ナツメさん
出版社:アルファポリス

<受賞コメント>
(原作:しきさん) この度は素敵な賞を頂き有難うございます。Web連載から書籍化、コミック化へと至り、このような賞まで頂けた事、とても嬉しく思います。蓮見先生や出版社の方々はもとより応援して下さる皆様のお陰です。有難うございます。
(作画:蓮見ナツメさん) 新たに設けられた異世界部門での初の受賞作になれたこと、とても嬉しいです。沢山の応援をありがとうございました!

<作品への思い・秘話>
(原作:しきさん) 「おバカなヒロインには何が必要か。それはツッコミでしょう!」そんな思いから生まれたのが主人公達二人。そんな二人の様子を読んで下さる方々にも楽しんでもらいつつ心の中で一緒にツッコミを入れたり笑いながら観察して欲しいと思いヒーロー目線で書いてみたのがこのお話です。ヒロインである『自称』悪役令嬢バーティアの笑いあり涙あり(?)な暴走を婚約者のセシルと共に笑いながら生温かい目で見守って頂けると嬉しいです。
(作画:蓮見ナツメさん) 心労の多い今の世の中、疲れ切っていると新たな娯楽を取り入れるのも億劫だという方も少なくないと思いますが、そんな時でも読んでいてストレスなく、読み終わった時にはむしろ元気が出てくるような作品だと思っています。終盤に差し掛かった今はシリアス色が強く出ていますが、序盤は間違いなくコメディとしてお勧め出来ますので、多くの方に楽しんで頂けたら嬉しいです。

 
【TL部門賞】

作品名:「人嫌い公爵は若き新妻に恋をする」
作家名:あづみ悠羽さん・春日部こみとさん
出版社:乙女ドルチェ・コミックス

作品名:「僕しか知らない君のナカ。」
作家名:霧原すばこさん
出版社:ソルマーレ編集部

 
【BL部門賞】

作品名:「コスメティック・プレイラバー」
作家名:楢島さちさん
出版社:リブレ

作品名:「オンラインゲーム仲間とサシオフしたら職場の鬼上司が来た」
作家名:ん村さん
出版社:一迅社

 
★結果発表特設サイトURL:https://www.cmoa.jp/comic_prize/

 

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2021」とは

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2021」は、2020年10月1日(木)~11月30日(月)に出版社68社が「2021年に電子でヒットしそうなコミック」を推薦し、読者にその作品を実際に読んでもらい、気に入った作品に投票してもらいます。

投票作品の中から、得票数が最も多い作品を「みんなが選んだ、2021年に最もヒットしそうな電子コミック」として発表するコミック賞です。

第4回目となる今回は、「男性部門」「女性部門」「BL部門」「TL部門」「ラノベ部門」に加え、「異世界コミック部門」を新設。エントリー作品は前回を大きく上回る過去最多140作品となり、更に賞の規模が拡大しています。

 
【関連】
電子コミック大賞2021<受賞作品決定!!>|漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です