本のページ

SINCE 1991

ふたり出版社「すみれ書房」が第1弾書籍を2冊同時刊行 両書籍ともすでに重版が決定

ふたり出版社「すみれ書房」が第1弾書籍を2冊同時刊行

ふたり出版社「すみれ書房」が第1弾書籍を2冊同時刊行

2018年12月に「”美しい実用書”を出す出版社」として創業された「すみれ書房」が、9月3日に第一弾の書籍を2冊同時刊行しました。

 

「美しい実用書」を出す出版社・すみれ書房の第1弾書籍が、売上好調&重版決定!

「すみれ書房」は、出版社で編集や営業、制作業務に携わった樋口裕二さんと、実用書編集歴20年の飛田淳子さんのお二人が昨年12月に創業。

そして9月3日、第1弾の書籍として、著書累計360万部を超える人気ライター・石井ゆかりさんの『月で読む あしたの星占い』と、初めて本を書く無名の著者・加茂谷真紀さんの『愛のエネルギー家事』を刊行しました。

 
9月3日に2冊同時発売したところ、『月で読むあしたの星占い』は発売2日で重版決定(累計2万部)、『愛のエネルギー家事』は発売1週間で重版決定(累計1万部)と、売れ行き好調とのことです。

『月で読むあしたの星占い』はカシワイさんがイラスト担当。

『月で読むあしたの星占い』はカシワイさんがイラスト担当。

『愛のエネルギー家事』には、本田亮さんによるイラストが100点以上。カラーイラストも多数で、忙しい生活者が「どこからでも読める」構成に。

『愛のエネルギー家事』には、本田亮さんによるイラストが100点以上。カラーイラストも多数で、忙しい生活者が「どこからでも読める」構成に。

 
★『月で読む~』の「はじめに」全文公開やイラスト紹介はこちら:http://urx3.nu/YZTD

★『愛の~』の本文立ち読みや書籍紹介はこちら:http://urx3.nu/RETB

 

すみれ書房 コメント

「美しい実用書」を出すことにこだわり、用紙・造本など、細部まで心を尽くした本づくりをしました。

そのため、当初の出版予定からかなり遅れてしまったのですが、読者の方から「きれいな本」「イラストがあたたかい」など、早くも嬉しい感想が寄せられています。

ぜひとも、新規出版社「すみれ書房」と、すみれ書房の新刊2冊をご注目ください!

 

月で読む あしたの星占い(すみれ書房)
石井ゆかり (著), カシワイ (イラスト)

簡単ではない日々を、
なんとか受け止めて、乗り越えていくために、
「自分で少し、占ってみる」。

本書は、日々の月の動きを見て、簡単に星占いをするための本です。
石井ゆかりさんが、できるだけ専門用語を使わずに、易しい表現で、毎日の星占いの「やり方」を教えてくれます。

愛のエネルギー家事 (すみれ書房)
加茂谷 真紀 (著), 本田 亮 (イラスト)

家のなかを明るく、家族を笑顔にできる家事

日々の暮らしを支える家事という仕事。
ともすれば、明日もあさっても、永遠に続く義務のように感じてしまうこともあります。
「家事がしんどい」「時間が足りない」。
そんな苦しい声をお聞きすることも少なくありません。

でも、こんなふうに考えることもできます。

家事とはあなたの手を使って、住む人に愛情を伝える行為。
自分自身や家族、ともに暮らす動植物たち、言葉を発することのない物たちへの愛情を手渡すことができる。

あなたが心をこめておこなったことが、みんなの気持ちを明るくする。
あなたの手がすべての始まりになって、その明るいエネルギーが、住む人に、家の中に、家の外にも伝わり、循環していく。

本書は、家を明るく元気な愛のエネルギーで満たすことこそが、家事の本来の意味であるというまったく新しい思想と、家事のやり方をお伝えする本です。

やりたいことを、やりたいときにやっているだけで、家は自然と片づき、料理はおいしくなる。

効率を追求せず、「自分の機嫌のよさ」や「気持ちの明るさ」を大切にすると、結果、効率がよくなる。

この本を読み終わるころに、上記のことを実感できるはずです。

 
【関連】
すみれ書房 – 美しい実用書の出版社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です