本のページ

SINCE 1991

毎日新聞校閲センター「ことば茶話」第2回は毎秋発表される「国語に関する世論調査」の“中の人”にインタビュー!

毎日新聞社は校閲センターが運営するサイト「毎日ことばplus」の有料会員向けのオンラインイベント「ことば茶話」の第2回として、「調査官に聞く ~秋の恒例,国語世論調査」を11月29日(水)に開催します。 文化庁が毎年秋に公表する「国語に関する世論調査」はマスコミにも取り上げられ、関心の的になっています。この世論調査を担う国語調査官の武田康宏さんを招いて、校閲記者として気になることを伺っていきます。 […]


「NHK映像ファイル あの人に会いたい」を書籍化『道をひらく言葉 昭和・平成を生き抜いた22人』が刊行

「NHK映像ファイル あの人に会いたい」を書籍化した『道をひらく言葉 昭和・平成を生き抜いた22人』がNHK出版より刊行されました。苦しいとき自らを奮い立たせた一言、一生かけてたどりついた境地を示すフレーズなど、懐かしい人物の珠玉の言葉が、懸命に生きる現代人を癒し、励ます名言集です。   選択に迷ったとき、くじけそうになったとき「あの人」が語りかける NHKに残る膨大な音声映像資料から、 […]


「だれも悲しみを、きみの心臓が生んでいるとは知らないらしいよ。」最果タヒさん第10詩集『不死身のつもりの流れ星』が刊行

最果タヒさんの詩集としては10作目となる『不死身のつもりの流れ星』がPARCO出版より刊行されました。   現代の先鋭詩人が放つ体感する言葉たち―ー体験する詩の展覧会という新しい表現で日本中を席巻した詩たちが一冊に集結! 本書には、2020-2022年に福岡・渋谷・名古屋・心斎橋・仙台で行われた最果タヒ展「われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」の発表作品に […]


異端の言語学者、ことばを武器にあらゆるリングに上がる! 川原繁人さん『フリースタイル言語学』が刊行

声優やラッパー、歌手など幅広い業界で支持される異端の言語学者・川原繁人さんが身近な物事を言語学の視点で考察する『フリースタイル言語学』が大和書房より刊行されました。   山寺宏一さん、Zeebraさん、北山陽一さんなど各界の著名人絶賛! ポケモンやラップなど、ユニークな題材を研究する異端な言語学者贈る化学エッセイ 「私たちの日常は、見るにしろ、聞くにしろ、書くにしろ、話すにしろ、言葉であ […]


瀬戸内寂聴さん”言葉の遺産”『どん底に落ちたら弾みで上がる』が電子書籍で配信開始 どん底の下はない――どん底に落ちたら、あとは弾みで上がるだけ!

主婦の友社は、電子書籍『瀬戸内寂聴 言葉の遺産 どん底に落ちたら弾みで上がる』を発売しました。 多くの苦難を乗り越え、病と闘い、九十九年の生涯を目いっぱい生き抜いた瀬戸内寂聴さん。心が折れそうになったとき、この先の人生が虚しくなったとき、「もうダメだ!」と思ったとき、寂聴さんの言葉は生きる力を与えてくれます。亡くなってからも尚、私達の心に生き続ける、寂聴さんの言葉の遺産が一冊になりました。 &nb […]


ショートショート作家・田丸雅智さん対談番組「FM愛媛の“まじめ”なコトバプロジェクト コトバノまほう」に声優・小野賢章さんが登場!

文学の街・松山のラジオ局・FM愛媛が日本語と“まじめ”に向きあう対談番組「FM愛媛の“まじめ”なコトバプロジェクト コトバノまほう」は、パーソナリティに愛媛県出身のショートショート作家・田丸雅智さんを起用し、月に一度、様々なゲストとともに日本語が持つ魅力や可能性について考えています。   愛媛・松山発!ショートショート作家田丸雅智さんと日本語を操るプロフェッショナル達が語る“コトバのちか […]