本のページ

SINCE 1991

芥川龍之介・菊池寛共訳『不思議の国のアリス』が約100年ぶりに復刊

芥川龍之介・菊池寛による幻の名訳『芥川龍之介・菊池寛共訳 完全版 アリス物語』(著:ルイス・キャロル)がグラフィック社より刊行されました。 本書の刊行を記念して、本屋B&Bにて本書の訳補・注解を手がけた小説家の澤西祐典さんと、ゲストの翻訳家・柴田元幸さんによるトークイベントが3月4日(土)にオンライン&リアル開催されます。   芥川龍之介・菊池寛による『不思議の国のアリス』幻の […]


「文豪とアルケミスト」がW表紙、新作ノベライズ短編掲載の『小説新潮』が史上二度目の重版! 2021年にデビューした新人作家6名の短篇小説&座談会、マキタスポーツさん、モモコグミカンパニーさん(BiSH)のエッセイも

昨年11月に5周年を迎えた文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」と初コラボした老舗文芸誌『小説新潮』2022年6月号(5月20日発売)が発売後わずか4日で重版が決定しました。『小説新潮』の重版は、創刊75年の歴史において、史上二度目となる快挙です。   「文豪とアルケミスト」特集が大反響! 前代未聞のW表紙となる描き下ろしイラスト、新作ノベライズ短篇も 累計登録者が140万 […]


舞台「文豪とアルケミスト」の戯曲本が刊行 舞台を“文学”として味わう「戯曲本シリーズ」が誕生

2016年にDMM GAMESからリリースされ、大人気を博している文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」。2019年に舞台化されると、その文学的なセリフとダイナミックな殺陣に魅了されるファンが続々、ヒット舞台シリーズとなりました。 今回、この舞台「文豪とアルケミスト」、通称“文劇”の第1作および第2作の上演台本をそれぞれ収録した戯曲本『舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌」戯曲ノ書 […]