本のページ

SINCE 1991

「サラリーマン川柳傑作選」シリーズの2022年最新版『サラリーマン川柳 にんじょう傑作選』が刊行 人気投票第1位は「8時だよ!! 昔は集合 今閉店 ~山のパン屋」

『サラリーマン川柳 にんじょう傑作選』(選:やくみつるさん・やすみりえさん・第一生命/編:NHK出版)

『サラリーマン川柳 にんじょう傑作選』(選:やくみつるさん・やすみりえさん・第一生命/編:NHK出版)

累計発行部数15万部の人気シリーズ「サラリーマン川柳傑作選」の最新刊『サラリーマン川柳 にんじょう傑作選』(選:やくみつるさん・やすみりえさん・第一生命/編:NHK出版)がNHK出版より刊行されました。

 

6万2000を超える句から厳選したサラ川傑作選! 最後のサラ川!? 次回コンクール名称も発表

『サラリーマン川柳 にんじょう傑作選』では、コロナ禍ならではの作品など、6万2000を超える作品の中から、全国人気投票はもちろん、編著者の漫画家・やくみつるさん、川柳作家・やすみりえさんセレクトのベスト10などを厳選しています。

以下に、その一部を紹介します(※敬称略)。イラストはやくみつるさん。

 
◆ウイルスも 上司の指示も 変異する ~K.U

◆営業が 行くか迷った 県境 ~怪傑もぐり33世

◆アルコール 口より指が 依存症 ~ぴろし

今回も、新型コロナウイルスが色濃く反映された句が多く集まりました。緊急事態宣言下やそれに伴った日常の変化にも慣れて、笑い話となるような前向きなものが多く、サラ川らしい笑いを提供してくれます。

 
本書では、やくみつるさんと経済アナリスト・森永卓郎さんの爆笑対談も収載。サラ川の歴史を振り返りながら日本のサラリーマンについて熱く語っています。

森永卓郎さん(左)とやくみつるさん(右)

森永卓郎さん(左)とやくみつるさん(右)

 
<最後のサラ川!? 新名称に込められた思い>

長年愛された「サラリーマン川柳」というコンクール名称が次回より変更になることが決まりました。

より多くの方に参加し、楽しんでもらえる企画に進化しながら、日常をユーモアたっぷりに川柳で表現する「サラ川」の良さは変わらずに守り続けたいという思いが込められています。新名称は「サラっと一句! わたしの川柳」。今年9~10月頃に募集を開始します。

 

『サラリーマン川柳 にんじょう傑作選』 目次

今だからこそ“人情” 第一生命

選者紹介

第一章 第三十五回サラリーマン川柳 ベストテン
 第一生命選ベストテン(全国人気投票)
 やくみつる選ベストテン
 やすみりえ選ベストテン
 第一生命選 全国人気投票ベスト100

第二章 特別対談 やくみつる×森永卓郎 サラリーマンの35年を振り返る

第三章 第三十五回サラリーマン川柳 トレンド傑作選

第四章 もっと知りたいサラリーマン川柳 「地元サラ川」、「防衛省版サラ川」、「今どきサラ川」

第五章 サラ川歴代ベストテン

NHK出版の本

第一生命「サラリーマン川柳コンクール」のご案内

 

編著者プロフィール

 
■やくみつるさん

1959年生まれ。東京都世田谷区出身。漫画家。

早稲田大学商学部を卒業後、出版社勤務を経て、漫画家デビュー。1996年に第42回文藝春秋漫画賞を受賞。テレビのコメンテーターやエッセイストとしても活躍し、好角家として日本相撲協会外部委員も務めた。

世界のトイレットペーパーや有名人のタバコの吸殻など珍品コレクターとしても知られ、YouTube「やくみつるの秘宝館」配信中。日本昆虫協会副会長。週刊誌などへの雑誌連載も多数。

 
■やすみりえさん

1972年生まれ。兵庫県神戸市出身。川柳作家。

抒情的川柳を中心とした独自の川柳作品を発表するかたわらテレビ・ラジオ・新聞・雑誌の川柳コーナーの選者を幅広く担当。企業等の公募川柳の選者・監修も多数務める。各地で初心者対象のワークショップを開催し、句を詠む楽しさを伝える活動も。全日本川柳協会会員。日本文藝家協会会員。令和三年度文化庁長官表彰。

句集に『ハッピーエンドにさせてくれない神様ね』『召しませ、川柳』、監修『50歳からはじめる、俳句・川柳・短歌の教科書』等多数。

 
■第一生命

1902年9月15日、日本で最初の相互主義による保険会社として設立され、2010年4月、株式会社へ組織変更する。

1987年、第1回「第一生命サラリーマン川柳コンクール」を開始し、全国から句の募集を行う。その優秀作は大きな話題となり、各地での「サラ川」ブームのきっかけとなる。今回の募集でサラリーマン川柳は35回を迎え、過去からの応募総数は136万句を超えた。ユーモアに富んだ句のそれぞれが、世相や時代を反映するものとして、大きな注目を集め続けている。

 

サラリーマン川柳 にんじょう傑作選
やく みつる (著), やすみ りえ (著), 第一生命 (著), NHK出版 (編集)

最後のサラリーマン川柳!? 人情味あふれる傑作作品を大公開!

「第一生命サラリーマン川柳コンクール」は、1987年(昭和62年)に募集がスタート。2021年の35回大会の応募で累計応募数が136万句を超えた国民的川柳コンクールです。長年「サラ川(せん)」の愛称で国民に愛されてきた「サラリーマン川柳」も35回大会が最後、次回からコンクールの名称が変わります。気になる新しい名称とは?
本書は、応募約6万3千句の中から、全国人気投票で選ばれたベスト100句に加え、漫画家やくみつる選、川柳作家やすみりえ選のベストテンを紹介。ゲスト選者に経済エコノミストの森永卓郎氏迎えたやくみつる氏との対談では、サラリーマンの世相を反映した秀句を取り上げます。
ローカル開催の「地元サラ川」、自衛官ならではの秀句が集結した「防衛省版サラ川」、20代限定の「今どきサラ川」も収載。

 
【関連】
第35回サラリーマン川柳|第一生命保険株式会社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。