本のページ

SINCE 1991

WEAVER河邉徹さん「広島本大賞」受賞作『流星コーリング』のアナザーストーリーを天月みごさんがコミカライズ

WEAVER河邉徹さん著『流星コーリング』のアナザーストーリーを天月みごさんがコミカライズ

WEAVER河邉徹さん著『流星コーリング』のアナザーストーリーを天月みごさんがコミカライズ

ロックバンド「WEAVER」のドラマー・河邉徹さんの「第10回広島本大賞」大賞受賞作『流星コーリング』のアナザーストーリーを、『酒男子』の天月みごさんがコミカライズした『流星コーリング~双つ星の願い事~』がKADOKAWAより刊行されました。

 
<あらすじ>

生まれてからずっと自分は運が悪いと思っている麦と 東京出身の転校生・ますみが、広島を舞台に織りなす青春物語。
人工で造られた流れ星が広島に降るというニュースをきっかけに、それぞれ天文部を訪ねる2人だが、 そこで部長からまさかの星占い結果を聞かされて……。

 

 
★試し読みページ:https://comic.webnewtype.com/contents/ryusei_c/

 
◆『流星コーリング ~双つ星の願い事~』誕生秘話! 原作著者、コミカライズ作者のインタビュー記事を公開!

「WEBザテレビジョン」にて、原作者WEAVERのドラマー・河邉徹さんとコミカライズ作者天月みごさんによるインタビュー記事が公開中です。

小説、アルバム、コミックなど様々な形態で広がりを続ける「流星コーリング」の世界。その裏話や制作秘話などをインタビューでチェックしてみてください。

★「WEBザテレビジョン」インタビュー記事:https://thetv.jp/news/detail/1074833/

 

流星コーリング ~双つ星の願い事~
河邉 徹 (原著), 天月みご (著)

WEAVER・河邉 徹の「広島本大賞」大賞受賞作品が漫画で新たな境地へ

ロックバンド「WEAVER」のドラマー・河邉徹と「酒男子」の天月みごがタッグを組み、満を持して送り出す渾身の一作。

<原作版>

流星コーリング
河邉 徹 (著)

2020年度、広島本大賞受賞作品!

2018年5月に小説『夢工場ラムレス』にて小説家デビューを果たしたWEAVERの河邉徹(Dr.)が、早くも、2作目となる小説『流星コーリング』を発表。2020年に実際に流される計画となっている人工流星をテーマにした本作品は、その舞台となる広島で繰り広げれるSF青春ストーリー。りょうと詩織、洋介と真希。4人は、広島県廿日市中央高校天文部に所属する同級生だ。星への夢を語らいながら高校生活を送っていた彼らだったが、高校三年生のある日、世界初の人工流星が広島で流されるというニュースを耳にする。衛星を打ち上げ、そこから発射された小さな「流星の素」が大気圏に突入し、「流星」になるという。そんな話を半ば信じられずにいたりょうだったが、ついに、「人工流星が流される日」が訪れる。しかし、その日を境に、りょうは次の日に進めなくなってしまう。朝を迎えるたびに「人工流星が流れた日」に戻ってしまうのりょう。その原因を解明するために、洋介、真希に相談するのだが……。そして、ラストにその真実が明らかになる……。
また、本作品と同日、河邉がメンバーとなるWEAVERからこの小説をテーマにしたアルバム『流星コーリング』もリリース。音楽と小説の融合で「流星コーリングの世界観」を作り上げる初の試み。ぜひ楽しんでほしい。

 
【関連】
【漫画】超不運な男子高校生と超幸運な女子高生が流星に願うこととは。WEAVER・河邉徹の青春小説がコミカライズ | WEBザテレビジョン
流星コーリング~双つ星の願い事~ – Webで漫画が無料で読める!コミックNewtype

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。