本のページ

SINCE 1991

カードを組み合わせて“オモシロ短歌”を作るワードゲーム 「57577 ゴーシチゴーシチシチ」が発売!

カードを組み合わせて“オモシロ短歌”を作るワードゲーム 「57577 ゴーシチゴーシチシチ」が発売!

カードを組み合わせて“オモシロ短歌”を作るワードゲーム 「57577 ゴーシチゴーシチシチ」が発売!

幻冬舎は、 カードゲーム「57577 ゴーシチゴーシチシチ」(ゲームデザイン:なべとびすこさん/天野慶さん)を全国発売しました。

本商品は、「5音の言葉カード」と「7音の言葉カード」を組み合わせて短歌を作るゲームです。商品名の「57577」は、短歌の音の数を表しています。どんな短歌に仕上げるかは、プレイヤーのセンス次第。もっともよい短歌を作った人が勝ちとなります。子どもから大人まで楽しめるパーティーゲームです。

 

ゲーム内容

〈個人戦モード〉
1.準備……各プレイヤーは、5・7・5・7・7の計5枚のカードを持ち、ゲームスタート。
2.交換……自分の番がまわってきたら、手札を場にあるカードと交換。2巡します。
3.発表・投票……ひとりずつ短歌を発表! ベストな短歌に投票し、最多得票者の勝ちです。

 

 
付録の説明書では、このほかに〈団体戦モード〉と〈リモートモード〉の遊び方を収録しています。家族や友達とのおうち遊びはもちろん、オンラインでのリモートプレイも楽しめます。

 

ユニークなワードを多数収録!

「雨のなか」「海を見ながら」のような素朴なワードから、「プニプニの」「ヤッホホゴリラ」のようなオモシロワードまで、歌人が厳選した100語を収録。

自由に書き込めるブランクカードも使えば、作れる短歌の組み合わせは4億通り以上です。

<作品例>

ギャグ系、しっとり系、青春系など、奇想天外な短歌が続出し、盛り上がります! 作った短歌を撮影し、SNSに投稿するのも、楽しみ方のひとつです。

 

プロフィール

 
■原案・ゲームデザイン:なべとびすこさん

歌人。「短歌の『すみっこ』を伝えるWEBマガジン TANKANESS」編集長。

中高生や求職者、引きこもりのかたなど幅広い層に向けて、短歌のワークショップを開く。そのほか、ボードゲームの製作等も行っている。

 
■ゲームデザイン:天野慶(あまの・けい)さん

歌人。短歌結社「短歌人」会同人。

「ラジオ深夜便」出演や「NHK短歌」テキスト連載、小中学生向けワークショップの他、『ちはやふる』(末次由紀さん/講談社)に短歌を提供するなど、 様々なメディアで短歌の魅力を伝えている。

 

57577 ゴーシチゴーシチシチ
なべとびすこ (著), 天野 慶 (著)

「5音カード」と「7音カード」を組み合わせて57577(=短歌)を作るワードゲーム。

「ぼくたちは」のような、5音の言葉が書かれたカードと「バナナを食べて」のような、7音の言葉が書かれたカードを、5・7・5・7・7の順に並べて、短歌を作るゲームです。
もっとも良い短歌を作った人の勝ちとなります。
ギャグ系、しっとり系、青春系など、奇想天外な短歌が続出し、子どもから大人まで気軽に楽しむことができます。

【詳細】
プレイ人数: 3~8人
プレイ時間: 15分~
対象年齢: 8歳~
セット内容「: 5音カード」54枚、「7音カード」54枚、説明書

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です