本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

吉田修一さん『湖の女たち』が刊行 『悪人』『怒り』を超える衝撃!”吉田修一史上”「最悪の罪」と対峙せよ

新潮社は、『週刊新潮』連載時から過激なテーマと怒涛の展開で読者をざわつかせた問題作、吉田修一さん最新刊『湖の女たち』を刊行しました。 昨年デビュー20周年を迎えた吉田修一さんによる本作は、「上級国民」「優生思想」「組織的隠蔽」「倒錯性愛」……現代社会を象徴するテーマに斬り込みながら、それでも失われない希望を読者に与える、渾身の長編ミステリーです。   『悪人』『怒り』を超える衝撃! 吉田 […]


刊行3作品すべてで文学賞を受賞!河﨑秋子さん新刊『鳩護(はともり)』刊行 「お前は鳩に選ばれたのだ」会社員の女性が、突然鳩と生活!? 鳩を通して理不尽な世界を知る

三浦綾子文学賞、大藪春彦賞、新田次郎文学賞など、刊行3作品すべてで文学賞を受賞した河﨑秋子さんの最新刊『鳩護(はともり)』が、徳間書店より刊行されました。   「お前は鳩に選ばれたのだ」小森椿27歳、会社員。鳩に謎の使命を背負わされる!――文学界を席巻する新星が放つ、摩訶不思議な鳩をめぐる物語   <あらすじ> 小森椿、27歳、会社員。 一人暮らしのベランダに突然、真っ白な鳩が […]


田中芳樹さん『銀河英雄伝説』完結より33年、新たな伝説がはじまる! 豪華執筆陣が集結し『銀河英雄伝説列伝1 晴れあがる銀河』刊行

『銀河英雄伝説』正伝(全10巻)完結より33年、同作を愛してやまぬ豪華執筆陣による公式トリビュート第1弾『銀河英雄伝説列伝1 晴れあがる銀河』(田中芳樹さん監修)が、東京創元社より10月30日に刊行されます。 また、アニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』の続編制作も決定しています(https://gineiden-anime.com/)。   全編書き下ろし!公式トリビュー […]


小説すばる文学賞受賞作家・奥田亜希子さん『白野真澄はしょうがない』第一話をまるごと試し読み! 同姓同名でも全く違う人生を送る5人を描いた最新作

小説すばる文学賞を受賞してデビュー、文芸出版社各社から作品を発表し続ける実力派作家・奥田亜希子さんの最新作『白野真澄はしょうがない』が、東京創元社より刊行されました。   特設サイトで第一話「名前をつけてやる」をまるごと公開! 特別エッセイも掲載 この世界に同じ名前を持つ人はたくさんいるけれど、どれひとつとして同じ悩みはない――。少し頑固で、生きることに不器用な人たちを優しい眼差しで掬い […]


「第1回京都文学賞」優秀賞受賞!藤田芳康さん63歳のデビュー作『屋根の上のおばあちゃん』が刊行 出版イベントも開催

京都市では、文学の更なる振興や「文化都市・京都」の発信等に寄与するため、昨年度、京都文学賞実行委員会を立ち上げ,「京都文学賞」を創設しました。 この度、第1回京都文学賞の応募総数537作品の中から,一般部門優秀賞を受賞した藤田芳康さんの「太秦――恋がたき」が書名を『屋根の上のおばあちゃん』に改題し、協力出版社である河出書房新社から11月1日に刊行されます。また、刊行日には出版イベントも開催されます […]


〔スターツ出版文庫 10月〕時を越えた奇跡の物語『たとえ、僕が永遠に君を忘れても』など4冊を刊行

小説投稿サイト「野いちご」「ベリーズカフェ」「ノベマ!」を運営するスターツ出版は「スターツ出版文庫」の新刊4冊を10月28日に刊行しました。   ■『理想の結婚お断りします ~干物女と溺愛男のラブバトル~』 著:白石さよ(しらいし・さよ)さん/イラスト:くにみつさん   理想の結婚お断りします ~干物女と溺愛男のラブバトル~ 【あらすじ】 某T大卒で、一流商社に勤める紺子。学歴 […]


大英博物館「Citi マンガ展」公式図録の日本語版が刊行

2019年に大英博物館で開催され好評を博した「マンガ展」の公式図録の日本語版である『マンガ! 大英博物館マンガ展図録』が、三省堂より刊行されました。 時代や掲載誌・出版社を横断し、広く文化としてのマンガを俯瞰し、一つの文化の物語を作り上げていくユニークな構成です。名作の原画を含む図版を多数掲載し、著名な漫画家や編集者のインタビューや、美術や歴史の観点からの考察記事も充実した一冊です。   […]


坂木司さん累計80万部超「和菓子のアン」シリーズ第3弾『アンと愛情』が刊行 特設サイトもオープン

坂木司さんによる「和菓子のアン」シリーズの第3弾『アンと愛情』が、光文社より刊行されました。   「読んだら和菓子を食べたくなる!」と口コミで広がり大ヒット! シリーズ第3弾『アンと愛情』が発売 「和菓子のアン」シリーズは、デパ地下にある和菓子店「みつ屋」を舞台に、主人公・アンちゃんが数々の”謎”に挑むお仕事ミステリーです。 最新刊では、アンちゃんが成人式を迎え、アルバイト3年目を前に” […]


伊与原新さん『八月の銀の雪』刊行 科学の揺るぎない真実が、人知れず傷ついた心に希望の灯りをともす全5篇 表題作を全編公開

前作『月まで三キロ』で新田次郎文学賞、静岡書店大賞、未来屋小説大賞を受賞するなど注目を集める伊与原新さんの最新刊『八月の銀の雪』が、新潮社より刊行されました。   真鍋真さん(国立科学博物館・恐竜博士)、矢部太郎さん(芸人・漫画家)推薦! 地球惑星科学を専攻し、東京大学大学院博士課程を修了した異色の経歴を持つ小説家・伊与原新さん。その経験や視点を活かし、小説のストーリーに自然科学のエッセ […]


高山羽根子さん芥川賞受賞後第一作『暗闇にレンズ』刊行、即重版!

2010年「うどん、キツネつきの」で第1回創元SF短編賞の佳作でデビューし、2016年「太陽の側の島」で第2回林芙美子賞を受賞、そして2020年に「首里の馬」で第163回芥川賞受賞と、SFから純文学まで幅広く活躍する、今もっとも注目を集める書き手のひとり、高山羽根子さん。 その高山羽根子さんの初の書き下ろし長編『暗闇にレンズ』が2020年9月に東京創元社から刊行されました。 刊行前にプルーフを読ん […]