本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

ノンフィクション新書レーベル「MdN新書」創刊! 第1弾は菅義偉官房長官直撃『内閣官房長官』、野村克也監督の遺作『ヤクルトスワローズ論』など5冊

インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がける株式会社エムディエヌコーポレーション(MdN)は、2020年4月6日、ワンテーマを深く掘り下げるノンフィクション新書レーベル「MdN新書」を創刊。第一弾として、『内閣官房長官』『ヤクルトスワローズ論』など5冊を刊行しました。   「MdN新書」創刊第1弾ラインナップ   ■菅義偉官房長官直撃!「乱世に強い闘将」にこの国のゆ […]


「ABC予想」証明したIUT理論を解説、加藤文元さん『宇宙と宇宙をつなぐ数学』緊急重版! 同書「はじめに」無料公開&著者インタビュー動画も

KADOKAWAは、「ABC予想」の証明を含む宇宙際タイヒミュラー理論(IUT理論)を解説した加藤文元さんによる書籍『宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃』の緊急重版を決定しました。 著者の加藤さんは、IUT理論の提唱者である望月新一教授と議論と親交を重ねてきた数学者です。   『宇宙と宇宙をつなぐ数学』緊急重版6,000部決定! フェルマーの最終定理、ポアンカレ予想などに続く数学の […]


ハーパーコリンズ・ジャパンが新レーベル「プティルコミックス」「プティルノベルス」を創刊! 第1弾はドラマ化『家政夫のナギサさん』など

ハーパーコリンズ・ジャパンは4月3日、電子書店やSNS、投稿サイトなどで大ヒット&話題の作品の中から、女性向けのコミックとノベルを厳選して届ける新レーベル「プティルコミックス」「プティルノベルス」を同時創刊しました。 ジレきゅんロマンス、感動の人間ドラマ、LOVE&H なTL 、癒しのギャグなど、幅広いジャンルの作品を揃えていきます。   「プティルコミックス」創刊タイトルはテレビドラマ […]


「新潮文庫」21世紀で一番売れてる時代小説「しゃばけ」シリーズが電子書籍化!

病弱な「若だんな」が愉快な「妖(あやかし)」たちとともに、お江戸に起こった事件を解決する、畠中恵さんの人気シリーズ「しゃばけ」(新潮社)全21タイトルが電子書籍化されました。 シリーズ第1作の『しゃばけ』は100万部突破、累計で870万部を超える同シリーズは、2016年には、優れた文庫シリーズに与えられる吉川英治文庫賞の第1回受賞作ともなっています。 新潮社営業部によれば、司馬遼太郎さん、藤沢周平 […]


新型コロナウイルスを「正しく恐れる」ために!感染症専門家・岩田健太郎教授『「感染症パニック」を防げ!』5刷32,000部突破! 4月に新刊も緊急発売!

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、集団感染が起こったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船し動画を配信したことで話題となった神戸大学医学部附属病院感染症内科・岩田健太郎教授の著書『「感染症パニック」を防げ! リスク・コミュニケーション入門』(光文社新書)が重版となり、5刷5,000部を増刷し、累計32,000部となりました。 また、今回の新型コロナウイルス感染にまつわる世の中の動きにも言 […]


ノーベル文学賞有力候補・閻連科さん書き下ろし手記をWebで全文公開 アジアの作家たちは新型コロナ禍にどう向き合うのか――『文藝』夏季号で緊急特集

河出書房新社が発行する『文藝』夏季号では、「アジアの作家たちは新型コロナ禍にどう向き合うのか」を緊急特集。4月7日の発売に先駆け、現代中国の最重要作家といわれる閻連科さんによる書き下ろし手記を緊急全文公開しました。   ノーベル文学賞有力候補にして現代中国の最重要作家・閻連科さんによる書き下ろし手記を緊急全文公開! 4月7日発売の『文藝』夏季号では、「アジアの作家たちは新型コロナ禍にどう […]


湊かなえさん最新作『カケラ』刊行決定! 特設サイトもオープン

集英社は、湊かなえさんの最新作『カケラ』を5月14日(木)に刊行します。   湊かなえさんの最新作は、美容整形をテーマに一人の少女の悲劇を描く慟哭のミステリー!   <あらすじ> 美容クリニックに勤める医師の橘久乃は、久しぶりに訪ねてきた幼なじみから「やせたい」という相談を受ける。 カウンセリングをしていると、小学校時代の同級生・横網八重子の思い出話になった。幼なじみいわく、八 […]


一瞬で読者の心を奪う装丁作品を収録『ブックデザイン365』が刊行

パイ インターナショナルより、書籍『ブックデザイン365』が刊行されました。 一般的に「ブックデザイン」とは本の装丁だけではなく、本文の誌面設計まで含めた言葉ですが、本書では一部の書籍を除き、装丁をピックアップしています。かつて音楽ジャンルでも「ジャケ買い」という消費行動があったように、書店でも一瞬で読者の心を奪う装丁があります。本書では、主に2015~2020 年の間に刊行された書籍の中から、書 […]


詩人・最果タヒさんエッセイ集『コンプレックス・プリズム』が刊行 嘉江さんの漫画も収録

詩人・最果タヒさんのエッセイ集『コンプレックス・プリズム』(画・マンガ:嘉江さん)が、大和書房より刊行されました。   あなたがあのころに感じた傷は、いまどうなっていますか? 今最も注目される詩人・最果タヒさんによる人気Web連載が、6篇の描きおろしとともに書籍化されました。10代のときの劣等感に光を当てて映る世界を紡ぐエッセイ集です。 連載時にはなかった嘉江さん (Twitter @m […]


38歳バツイチ書店員・花田菜々子さん実録小説第2弾『シングルファーザーの年下彼氏の子ども2人と格闘しまくって考えた「家族とは何なのか問題」のこと』刊行! 転職先で出会った年下彼氏は小学生男子2人の子持ち!

『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』でデビュー作ながら6万部突破のベストセラーとなった花田菜々子さんが、実録小説第2弾となる『シングルファーザーの年下彼氏の子ども2人と格闘しまくって考えた「家族とは何なのか問題」のこと』を河出書房新社より刊行しました。   本屋で出会った新しい彼氏は小学生男子2人の子持ち!付き合うって何?血がつながって […]