本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

『中間管理録トネガワ』利根川幸雄が悩める子羊たちの人生相談、すべて斬る! まさかの「カイジ」スピンオフのスピンオフ

講談社は、『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ『中間管理録トネガワ』のスピンオフ『中間管理録トネガワの悪魔的人生相談』(著:奥津圭介さん/協力:福本伸行さん/原作:萩原天晴さん/漫画:三好智樹さん、橋本智広さん)を刊行しました。   帝愛・兵藤会長の副業禁止令をものともせず!『中間管理録トネガワ』の利根川幸雄が、悩める子羊たちの人生相談、すべて斬る! 生きづらい! ただ働いているだけなのに、 […]


坂口安吾のエンタメ小説やエッセイをまとめた「坂口安吾エンタメコレクション」が安吾忌(2/17)より刊行開始

創業141年目をむかえる老舗出版社・春陽堂書店は、無頼派の作家・坂口安吾(1906~1955)の命日である2月17日の「安吾忌」に、坂口安吾によるエンタメ小説やエッセイをまとめた「坂口安吾エンタメコレクション」の刊行を開始します。   近年サブカル“文豪ブーム”でも特に人気の作家による、一般的なイメージと異なった娯楽性の高い作品を収録 「坂口安吾エンタメコレクション」は、全3巻。2019 […]


人類が知る最大の素数を記載した(素数しか記載されていない)『2018年最大の素数』が刊行 ノート、日記帳としての使用も可

虹色社(なないろしゃ)では、昨年大反響(amazon数学部門書籍1位)を呼んだ『2017年最大の素数』に続き、1年経たずに発表された51番目(暫定)のメルセンヌ素数をすべて列挙した『2018年最大の素数』を2月15日に刊行しました。   本書では、GIMPS(Great Internet Mersenne Prime Search)より発表、2018年12月7日に発見された51番目のメル […]


笹沢左保さん『白い悲鳴』が復刊! TSUTAYA「復刊プロデュース文庫」第13弾

TSUTAYAは、「復刊プロデュース文庫」の第13弾として、笹沢佐保さん著『白い悲鳴』(祥伝社)を2月14日より全国のTSUTAYAにて展開開始しました。   笹沢左保さん×復刊プロデュース5作品目は、人間ドラマを描いた短編集 「復刊プロデュース文庫」とは、「TSUTAYAが『本との出会い』を変える。」をコンセプトに、すでに絶版または品切れとなった本を全国TSUTAYAの書店スタッフが中 […]


大正末の若き文士らの奮闘する姿を描く青春群像劇『エコール・ド・プラトーン』が刊行開始

リイド社はコミックス・レーベル「トーチ・コミックス」より、永美太郎さん著『エコール・ド・プラトーン』第1巻を刊行しました。 本作は、大正十二年、青年・川口松太郎、直木三十三(後の直木三十五)らを中心に、大正末期から昭和初頭における日本文芸史の一端を描く意欲作です。   『文藝春秋』創刊の年、新時代文壇のキラメキ── ■あらすじ 大正十二年(1923)、『文藝春秋』が創刊され、関東大震災に […]


森村誠一さん作家人生の全証明『永遠の詩情』刊行 昭和を生き抜き、平成を見つめてきた巨匠の戦いの軌跡

森村誠一さん著『永遠の詩情』が、KADOKAWAより発売中です。本書は、400冊以上にのぼる作品を世に送り出してきた当代きってのヒットメーカーが、詩と散文を融合して自らの半生を振り返った作品です。   86歳、作家人生の全証明――。森村誠一さん最新作『永遠の詩情』が発売中! 「この作品の試みは、詩情に欠けがちな現代に、新しい可能性を示すであろう。 本書は新たな文化の源となる一作になるはず […]


瀬尾まいこさん『傑作はまだ』が書籍化決定 Reader Storeで先行配信&ブックフェア

2019年本屋大賞ノミネート作家・瀬尾まいこさんのWeb連載作品『傑作はまだ』が書籍化され、3月8日にエムオン・エンタテインメントより刊行されます。 それに先駆け、電子書籍ストア「Reader Store」(運営:ソニー・ミュージックエンタテインメント)にて、電子書籍が2月8日(金)より先行配信がスタート。Reader Storeでは、瀬尾まいこさんの特別インタビュー記事や、過去作品をお得に楽しめ […]


直木賞作家・辻村深月さん書き下ろし長編『小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記』刊行! 辻村さんが選んだエピソードを集めた『ドラえもん』コミックスフェアも開催

昨年興行収入53億円を記録した「映画ドラえもん」シリーズの最新作『映画ドラえもん のび太の月面探査記』が、3月1日に公開されますが、本作で脚本を手がけた直木賞作家・辻村深月さんの書き下ろし小説『小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記』」が2月7日に刊行されました。   映画ドラえもん最新作の脚本を手掛けた直木賞作家・辻村深月さん、5年ぶりの書き下ろし長編『小説 映画ドラえもん のび太の […]


「既刊発掘プロジェクト」『天使の囀り』『銃とチョコレート』『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』をTSUTAYAがプロデュース

TSUTAYAは、「既刊発掘プロジェクト」の2019年2月作品として、貴志祐介さん著『天使の囀り』、乙一さん著『銃とチョコレート』、丸山正樹さん著『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』の3作品を2月より全国のTSUTAYAにて展開しています。   既刊発掘プロジェクトについて 「既刊発掘プロジェクト」は、”TSUTAYAが「本との出会い」を変える。”をコンセプトに、すでに書籍化され販売して […]


loundrawさん初の小説『イミテーションと極彩色のグレー』が2/28刊行 全7編のプロモーションムービー第1弾が公開!

loundrawさん著『イミテーションと極彩色のグレー』が、KADOKAWAより2月28日に刊行されます。これに先駆けて2月5日、全7編の予告アニメーションの第1弾が公開されました。   イラスト、アニメーション、マンガ、音楽――いま、最も注目される才能が言葉とイラストで紡ぐ、最強ラブストーリー誕生! 人気イラストレーターとして知られ、『君の膵臓をたべたい』などの装画担当作が累計400万 […]