本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

「魔女の宅急便」角野栄子さん最新小説『イコ トラベリング 1948-』が刊行 『トンネルの森 1945』に続く自伝的物語

角野栄子さんの最新小説『イコ トラベリング 1948-(いこ とらべりんぐ いちきゅうよんはち)』がKADOKAWAより刊行されました。装画・挿画は、今日マチ子さんです。   さっ、行こう、ひとりで。そして、力いっぱい世界を抱きしめよう! 終戦後の日本。すべての価値観が変わった激動の時代に、不安すら好奇心に変え、前向きに生きる少女イコの姿は、今を生きる私たちに勇気を与えてくれます。そして […]


人気YouTuber小説家・藤原七瀬さんの二作目の小説『賢者避行』が刊行

人気YouTuber小説家・藤原七瀬さんの二作目の小説『賢者避行(けんじゃひこう)』がKADOKAWAより刊行されました。   現役YouTuber小説家だから描けるリアル! 著者は同志社大学卒のYouTuber小説家・藤原七瀬さん。 処女作『雷轟と猫(らいごうとねこ)』は文芸小説のデビュー作としはて異例の2.5万部を突破し、文芸誌、カルチャー誌等、各メディアからも注目を集めました。運営 […]


小川洋子さんが「アンネの日記」を読み解く『アンネの日記 言葉はどのようにして人を救うのか』が刊行

作家・小川洋子さん著『NHK「100分de名著」ブックス アンネの日記 言葉はどのようにして人を救うのか』がNHK出版より刊行されました。   苦難のなかで「現実」を「物語」に変えていったアンネ・フランク 「文学」作品としての魅力と彼女を支えた「言葉」を詳述! ドイツからオランダに移り住んだアンネ・フランクは、1942年、十三歳の誕生日に父親から贈られた日記帳に思春期の揺れる心情と「隠れ […]


人はなぜ戦いを繰り返すのか? 茂木誠さん『増補版 「戦争と平和」の世界史 日本人が学ぶべきリアリズム』が刊行

茂木誠さん著『増補版 「戦争と平和」の世界史 日本人が学ぶべきリアリズム』がTAC出版より刊行されました。   日本人の戦争観を塗り替える、戦争通史の金字塔 本書は、駿台予備学校やネット配信のN予備校で世界史講師を務め、現在では歴史系YouTuberとしても活躍する茂木誠さんによる最新著書です。 2019年7月刊行の『「戦争と平和」の世界史 日本人が学ぶべきリアリズム』を、今日のロシアに […]


人気ライターしりひとみさん異端の育児エッセイ『ママヌマ ママになったら沼でした』が刊行

メディアプラットフォーム「note」で人気のしりひとみさんの初著書『ママヌマ ママになったら沼でした』が大和書房より刊行されました。   「住んでるマンションを退去したら被告になった話」で話題!noteで大人気の著者、初著書! 「オズワルド」伊藤俊介さん氏、絶賛! 「泣いてもいいし笑ってもいい丸裸な母の日常(リアル)」   産前、SNSで「子育て」と検索すると、辛い・苦しい話ば […]


「皆さん、明日戦争になります」全財産16万円をもって日本避難に運命をかけた140日間のウクライナ少女の記録『ウクライナから来た少女 ズラータ、16歳の日記』が刊行

世界文化社は、全財産16万円をもって日本避難に運命をかけた140日間の少女の日記を書籍化した、ズラータ・イヴァシコワさん著『ウクライナから来た少女 ズラータ、16歳の日記』を10月1日(土)に刊行します。 ※なお、本書の売上の一部はウクライナ人道危機救援をはじめ日本赤十字社が行う国際活動に寄付されます。   「あなたはこれから一人で生きていくの」。母のその一言からすべてが始まった─ 。 […]


「孤独のグルメ」原作者・久住昌之さんが見知らぬ38軒の飲食店で飲む&食う&楽しむ!エッセイ集『勝負の店』を刊行

人気ドラマ&漫画『孤独のグルメ』原作者・久住昌之さんの最新エッセイ集『勝負の店』が光文社より刊行されました。   入るのか?やめるのか? 信じるのは己の勘のみ 本書は、旅先や散歩中に見かけた飲食店で、著者が飲み食いした体験をまとめたエッセイ集です。見知らぬ飲食店で逡巡しながら食を楽しむ著者の姿は、”井之頭五郎”そのもの。ドラマや漫画のネタはこのようにして生まれてい […]


日本民俗学の原点となった柳田國男さん不朽の名著がヒグチユウコさんの装画で蘇る!『新装版 遠野物語』が写真や解説付きで刊行

大和書房は、柳田國男さんの名著に写真や解説を付け、ヒグチユウコさんの装画で新装した『新装版 遠野物語』を刊行しました。   100年以上の時を経て、日本民俗学を開眼させた不朽の名著がヒグチユウコさんの装画で蘇る! 「その昔、あの世とこの世は、行ったり来たりできるものだった。死んだお袋に再会したとき、いったい、何を言えば良いのか?遠野の物語には、そのヒントがいっぱい書かれている。」――スタ […]


千早茜さん〈死と背中合わせの「性」〉を描く初の歴史小説『しろがねの葉』が刊行

千早茜さんが、戦国末期のシルバーラッシュに沸く石見銀山で波乱の人生を送る女の生涯を描いた長編小説『しろがねの葉』を新潮社より刊行しました。なお、本作品は千早さん初の歴史小説でもあります。   島本理生さん絶賛!死と背中合わせの「性」を描く、気鋭作家・千早茜さんの新境地となる劇的長編刊行! 「銀山の女は三たび夫を持つ」――デビュー後、間もなく訪れた石見銀山で、千早さんはこの言葉に出会いまし […]


カリスマYouTuber ヒカルさん初の著書『心配すんな。全部上手くいく。』が刊行

人気YouTuberであり、やり手の実業家、多岐にわたる活躍をみせるヒカルさんによる初の著書にして、夢や目標をかなえるためのヒントが凝縮された注目のビジネス・自己啓発書『心配すんな。全部上手くいく。』が徳間書店より9月30日に刊行されます。   VALU騒動、牛宮城経営からの撤退、4630万円誤送金問題・田口翔さん独占インタビュー配信などなど、世を騒がせたあの出来事の裏側も明かされる―― […]