本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

80年代ティーンズ女子に圧倒的な人気!花井愛子さんのヒット小説10作が電子書籍化 10冊すべてに「あとあとがき」を書き下ろし

講談社X文庫ティーンズハート電子版では「WELCOMEBACK」をキーワードに昭和平成のヒット作品を順次収録、展開していく予定です。 その第1弾として、1980年代後半にティーンズ女子に圧倒的な人気を博した、花井愛子さんの大ヒット恋愛小説10作品(講談社X文庫ティーンズハート)が電子書籍化され、11月15日に一挙配信となりました。   イラストレーターさんとの名コンビもそのままに、もちろ […]


ぶっとんだ万葉の世界にご案内!『万葉集キャラ図鑑』が刊行 ナンパ、不倫、擬人化!万葉集は時代を超えたSNSだ!

岡本梨奈さん著『世界一楽しい! 万葉集キャラ図鑑』が、新星出版社より刊行されました。   ナンパ、不倫、擬人化! そんな万葉集に楽しく触れてみたいと思ったら… 新元号「令和」にも、皆さんだいぶ、なじまれた感じでしょうか。 「令和といったら、万葉集だよね。あれ? でも、万葉集とどう関係あるんだっけ?」 「そもそも万葉集って、何なの? 古すぎてよく分からないし!」 なんて思っているみなさん、 […]


サイボウズ×ライツ社が出版事業「サイボウズ式ブックス」を創刊

グループウェア開発のサイボウズ株式会社は、出版事業「サイボウズ式ブックス」を開始。第1作目として、サイボウズの人事制度変革を統括してきた副社長・山田理さんによる初の書籍『最軽量のマネジメント』を11月7日に刊行しました。 「サイボウズ式ブックス」では、チームで働く人々が、より新しい枠組みを考えられるきっかけとなるような書籍を提供していきます。   オウンドメディアから出版事業を開始する背 […]


ドラえもん50周年記念!『ドラえもん 0巻』刊行へ 『ドラえもん』6種類の異なる第1話を完全収録

小学館はドラえもん50周年を記念し、藤子・F・不二雄さんの『ドラえもん 0巻』(てんとう虫コミックス)を12月1日(首都圏は11月27日)に刊行します。   『ドラえもん』には6種類の異なる第1話があった! 全6種類の幻の第1話をカラーページ完全再現で単行本化! 『ドラえもん』は、小学館の雑誌『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』の6つの雑誌の197 […]


文豪たちのちょっとおかしなエピソード集『文豪どうかしてる逸話集』刊行 「メロス」太宰治は友を見捨て、川端康成は借金まみれ

作家の進士素丸さんが、誰もが知っている文豪たちのかわいくて、おかしくて、“どうかしてる”エピソードを一挙まとめて紹介する『文豪どうかしてる逸話集』をKADOKAWAより刊行しました。 誰もが知っている文豪の意外な一面を知ることができ、素晴らしい作品を生む人間が必ずしも素晴らしい人間とは限らないし、そうある必要もないということがわかる逸話集です。   文豪ってどんなイメージ? “文豪”と聞 […]


漫画家デビュー40周年!柴門ふみさん初期作品『愛して姫子さん』『みんなでデイト』『ホワイトノート』を電子書籍として復刊!

文藝春秋は、漫画家・柴門ふみさん『愛して姫子さん 1-2』『みんなでデイト 柴門ふみ傑作選1』『ホワイトノート 柴門ふみ傑作選2』を電子書籍として発売しました。   『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』だけじゃない! 柴門ふみさんの初期傑作の数々を電子書籍として復刊! お茶の水女子大学時代に漫画研究部に所属し、同人誌で活動していた柴門ふみさん。大学卒業直後の1979年、「クモ男フンばる […]


早大卒業生の青春を代弁する句集「#早稲田川柳」が書籍化! 「2018年度早稲田カード杯 早稲田川柳」3,000作を超える応募から厳選!

早稲田大学卒業生、現役学生、早稲田ファンらを中心とした早稲田を愛する方々による川柳傑作選『早稲田川柳』(著:早稲田大学校友会)が、ぴあ株式会社より刊行されました。 「青じゃない 我が青春は えんじ色」 「酔っぱらい 送り届ける ワセジョかな」 「再婚を しました早稲田 だったから」 ――本書は、早稲田大学校友会が主催した「2018年度 早稲田カード杯 早稲田川柳」の3,000を超える応募作の中から […]


ビートたけしさんが「北野武」名義で初の文学作品『北野武第一短篇集 純、文学』を刊行

河出書房新社は、北野武さん著『北野武第一短篇集 純、文学』を10月18日に刊行しました。なお、オビ画も北野武さん。   「小説家・北野武」、誕生! 本書『北野武第一短篇集 純、文学』は、芸人、映画監督、俳優、画家……これまで様々な分野で活躍してきたビートたけしさんが、「ビートたけし」ではなく、初めて「北野武」名義で上梓する小説の作品集です。   収録作は、売れない芸人のグチが身 […]


芥川賞作家・村田沙耶香さん”文学史上最も危険な短編集”『生命式』刊行前に「緊急増数」

河出書房新社は、芥川賞作家・村田沙耶香さんの最新刊『生命式』(10月17日発売)について、全国の書店から多数の応援と展開希望を受け、急きょ初版増数を決定しました。   脳そのものを揺さぶる未知の読書体験! 村田沙耶香さん自身がセレクトした12の短編で構成された、“文学史上、最も危険な短編集”が刊行 芥川賞受賞作『コンビニ人間』(文藝春秋)が世界30ヶ国で翻訳され、今や世界中の注目を集める […]


没後80年記念『現代語訳版 泉鏡花』が刊行1ヶ月で重版 「現代語を現代語に訳した作品」としてSNSで賛否

KADOKAWAは、8月30日に刊行した単行本『本当にさらさら読める!現代語訳版 泉鏡花 [怪異・幻想]傑作選』(監修&解説:秋山稔さん〔金沢学院大学学長/泉鏡花記念館館長〕/訳:白水銀雪さん)の重版を決定しました。   没後80年記念作!人気コミック『文豪ストレイドッグス』とのコラボ帯も話題 本書は、明治~昭和初期に活躍した文豪の作品ということで、少部数での発行だったにも関わらず、刊行 […]