本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

マンガ原作者・狩撫麻礼さんの追悼本が刊行 高橋留美子さん、江口寿史さん、角田光代さんらマンガ家・小説家・映画監督60数名が巨匠を語り描く!

2018年1月に逝去した狩撫麻礼さんの追悼本『漫画原作者・狩撫麻礼 1979-2018《そうだ、起ち上がれ!! GET UP,STAND UP!!》』(編:狩撫麻礼を偲ぶ会〔双葉社・小学館・KADOKAWA・日本文芸社〕)が、双葉社より刊行されました。   作品愛にあふれる60数名のマンガ家・小説家・映画監督が集う追悼本が発売! 『迷走王ボーダー』『ハード&ルーズ』『ハード・コア』『オー […]


直木賞作家・東山彰良さんの自伝的エッセイ集『越境(ユエジン)』が刊行 台湾や日本で過ごした子供時代の回想から、偏愛するテキーラ、そして小説執筆の舞台裏まで

直木賞作家・東山彰良さんの自伝的エッセイ集『越境(ユエジン)』が、ホーム社より刊行(発売:集英社)されました。   旅とテキーラを愛する小説家による、世界と自分の境界を巡る旅   本書『越境(ユエジン)』は、2015年に『流』で直木賞を受賞した東山彰良さんが、2016年から2019年夏にかけて、西日本新聞、日本経済新聞ほか各紙に寄稿したエッセイを集成したものです。   […]


MISIAさん初の絵本『ハートのレオナ』が刊行 作画は大宮エリーさん ライオンの子「レオナ」がアフリカ大陸を旅しながら成長していく冒険物語

一般財団法人mudefの理事で、今年8月に横浜市で開かれる第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の名誉大使を務める歌手のMISIAさんが、全編にわたって書き上げた初の絵本『ハートのレオナ』が主婦と生活社より7月26日に刊行されました。   アフリカのハートが詰まった冒険物語 『ハートのレオナ』の舞台はアフリカ。おでこにハートの模様があるライオンの子「レオナ」がアフリカ大陸を旅しながら成長 […]


『暮しの手帖』が”第5世紀”に入る! 誌面を刷新、新たな歩みへ

「100号毎に新世紀を迎える」独自の号数呼称の『暮しの手帖』最新号・第5世紀1号(本誌通巻401号)が、2019年7月25日に発売されました。 1948年の創刊当初から71年間守り続けてきた「広告を入れないこと」「全品試作・実証」のスタイルはそのままに、約17年ぶりに新世紀を迎えるにあたり、表紙やロゴが一新されました。   編集長・澤田康彦さんより「ご挨拶」   <ご挨拶> 生 […]


「なんでだろう」のお笑いコンビ・テツandトモさんが初めての絵本『なんでだろう』を刊行

お笑いコンビ・テツandトモさん初の絵本『なんでだろう』(絵:藤本ともひこさん)が、世界文化社より刊行されました。   テツandトモさんの「なんでだろう」ネタを絵本化! なんでだろう~♪のフレーズで一世を風靡し、老若男女から広く愛されるお笑いコンビ・テツandトモさん。 初となる絵本では、動物たちの大家族をモチーフに、「あるある!」と思わず笑ってしまう日常の「なんでだろう」ネタをたくさ […]


日本が舞台のハーレクインコミック「ユニコミbyハーレクイン」が誕生! 癒されるだけじゃものたりないリアルオトナ女子に

ハーパーコリンズ・ジャパンは7月19日、ハーレクイン初の日本が舞台となる「ユニコミbyハーレクイン」を創刊、電子書籍にて先行配信をスタートしました。 ユニコミbyハーレクインは、「すべての女性に贈る、癒されるだけではなく、非日常でハラハラドキドキする刺激的なシンデレラストーリー」を描きます。今までのハーレクインとは少し違う、ドラマティックな演出とジェットコースターのようなラブストーリーを楽しめます […]


累計25万部『54字の物語』シリーズ第4弾は日本史 「54字の文学賞」第4回の結果発表&歴史をテーマにした第5回の開催も

PHP研究所は7月20日、『54字の物語 史』(氏田雄介さん・西村創さん共著)を刊行します。 『54字の物語』『54字の物語 怪』『54字の物語 参』に続く4作目となり、シリーズ累計発行部数は25万部を突破しました。本作では、54字のストーリーテラーとしてSNSを中心に人気を集める氏田雄介さんが「日本史しばり」の創作に挑戦。物語の背景にある歴史の解説を、河合塾Wingsで教鞭をとるカリスマ講師の西 […]


芦田愛菜さん初の単行本『まなの本棚』が刊行 運命の一冊に出逢うためのヒントに!

女優・芦田愛菜さんの初の単行本『まなの本棚』が7月18日、小学館より刊行されました。   親子で読書感想文の参考に、帰省先に家族で、読み方いろいろ「本の本」!   年間100冊以上も読み、本について語り出したら止まらない、芦田愛菜さん15才。 なぜこんなに本を愛するようになったの? 読書好きの扉を開いた本とは? いったいいつ読んでるの? 好きな登場人物は誰? 「運命の1冊!」と […]


文芸誌『文藝』が創刊以来86年ぶりに3刷 「韓国・フェミニズム・日本」を特集

河出書房新社は、7月5日に発売した季刊文芸誌『文藝』2019年秋季号の3刷を12日に決定しました。本誌の3刷は、1933年の『文藝』創刊号以来86年ぶり、2度目となります。 7月9日に決定した、2002年冬季号以来17年ぶりの2刷は、問い合わせが殺到し、即日予約のみで完売。その後も注文の勢いは止まらず、この度3刷が決まりました。   2刷増刷分は予約でほぼ完売! 「韓国・フェミニズム・日 […]


期間限定でスペシャルメッセージ動画が視聴できる特典付き『小説 天気の子』が配信

7月19日(金)に公開を迎える新海誠監督の最新映画『天気の子』の、監督みずから執筆した原作小説『小説 天気の子』が、映画公開日の前日7月18日(木)に紙書籍と電子書籍で同時発売されます。   電子書籍「期間限定・電子特典付き『小説 天気の子』」が7月18日より配信開始! 電子書籍ではBOOK☆WALKER、Amazon Kindleストア、Sony Reader Storeの3ストア限定 […]