本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

東京創元社が総合文芸誌『紙魚(しみ)の手帖』を創刊!

東京創元社は、『ミステリーズ!』を継ぐ新たな文芸誌『紙魚(しみ)の手帖』を10月12日に創刊します。 同誌は、創元推理文庫、創元SF文庫に代表されるように、ジャンル文芸に特化した東京創元社が満を持して贈る、総合文芸誌です。『創元推理』『ミステリーズ!』とミステリ専門誌を刊行してきたノウハウを活かし、鮎川哲也賞、ミステリーズ!新人賞、創元SF新人賞出身の作家陣を中心に、ミステリ、SF、ファンタジイ、 […]


『馬場あき子全歌集』が刊行 全27歌集・約1万首を一冊に完全収録!

角川文化振興財団は、現代短歌を代表する歌人・馬場あき子さんがこれまでに刊行した全27歌集・約1万首を一冊にまとめた『馬場あき子全歌集』を刊行しました。 なお、本全集は2冊セット(※分売不可)となっており、もう1冊には窪田空穂さんや金子兜太さんらの代表的な馬場あき子論24本や各歌集の解題、過去の古い手帖からも抽出した詳細な年譜のほか、上句だけでなく下句の索引も収載した抜群の検索性を備えています。 & […]


森晶麿さん「偽恋愛小説家」シリーズ最新作『偽恋愛小説家、最後の嘘』が刊行! サイン本とオリジナル小説が当たるキャンペーンも

小説家と編集者が難事件の数々に挑む、森晶麿さんの「偽恋愛小説家」シリーズの最新作『偽恋愛小説家、最後の嘘』が、朝日新聞出版より刊行されました。 本書の発売にあわせて、森晶麿さんのサイン本と書き下ろしの掌編小説のセットが当たるキャンペーンも開催。キャンペーンにはTwitterから参加できます。   童話の読み解きから事件の真相を暴く…森晶麿さんの人気シリーズ最新作『偽恋愛小説家、最後の嘘』 […]


降田天さん「日本推理作家協会賞」受賞シリーズ初の長編『朝と夕の犯罪』が刊行

降田天さんの最新小説『朝と夕の犯罪』が、KADOKAWAより刊行されました。   狂言誘拐に手を染めた兄弟が、人生をかけて守ろうとしたものとは? ――倒叙ミステリに新たな傑作誕生! 2018年に「偽りの春」で第71回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した降田天さん。受賞シリーズ初の長編となる本作は、真実を見抜く交番巡査・狩野雷太が、狂言誘拐に手を染めた信頼しあう兄弟に迫っていく倒叙ミス […]


徳間文庫が復刊専門レーベル「トクマの特選!」を始動! 第1弾は小松左京さん、笹沢左保さん、山田正紀さん、かんべむさしさん、樋口修吉さんの5タイトル

徳間書店は、徳間文庫内の復刊専門新レーベル「トクマの特選!」を始動、10月8日から毎月刊行します。   過去の名作をエンタメ感度の高い新世代に向け、時代の空気感にフィットした“読まれ方”を提案し「令和の“新刊”」として贈る徳間文庫・復刊専門レーベル「トクマの特選!」が始動 「トクマの特選!」は、昭和・平成の「いつ読んでも面白い」(エバーグリーン)作品を、新世代の人気イラストレーターや漫画 […]


2018年ノーベル文学賞発表を中止に追い込んだ渾身のルポ『ノーベル文学賞が消えた日』が刊行 スウェーデンのフェミニズムの実情、次々と暴かれていく選考組織内の権力闘争……スウェーデン最大級の#MeToo運動の内幕が、いま明らかに!

2018年のノーベル文学賞発表を中止に追い込んだ渾身のルポ、マティルダ・ヴォス・グスタヴソンさん著『ノーベル文学賞が消えた日――スウェーデンの#MeToo運動、女性たちの闘い』(訳:羽根由さん)が、平凡社より刊行されました。   すべては、ある「告発」から始まった 2018年5月、ひとつのニュースが世界中を駆けめぐりました。今年のノーベル文学賞は発表中止──。   きっかけとな […]


韓国のほぼすべての出版社から発売を拒否された『根のないフェミニズム フェミサイドに立ち向かったメガリアたち』邦訳版が刊行

シスターフッドの出版社アジュマブックス(代表取締役社長:北原みのりさん)は、韓国最大のポルノサイト「ソラネット」を封鎖に追い込んだ、オンラインフェミニスト集団「メガリア」たちの戦いの記録『根のないフェミニズム フェミサイドに立ち向かったメガリアたち』を刊行しましました。   小説『ハヨンガ ハ-イ、おこづかいデ-トしない?』の舞台裏 女性に向けられる嫌悪や排除である「ミソジニー」による、 […]


新川帆立さん『このミス』大賞受賞作『元彼の遺言状』の続編『倒産続きの彼女』が刊行 『元彼の遺言状』文庫版も同日発売

宝島社は、第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、今年1月に『元彼の遺言状』でデビューした新川帆立さんの最新作『倒産続きの彼女』を10月6日に刊行します。 本書は『元彼の遺言状』の続編で、同日には『元彼の遺言状』の文庫版も同時刊行。デビューからわずか9カ月でシリーズ累計48万部を突破します。   シリーズ累計48万部突破!新川帆立さん最新作は結婚とキャリアで揺れ動くニューヒロイ […]


バリー・ユアグローさん×柴田元幸さん『東京ゴースト・シティ』が世界に先駆け、日本で刊行! オリンピックとコロナで揺れる東京で、幽霊たちの大騒ぎ!

『一人の男が飛行機から飛び降りる』『セックスの哀しみ』『ケータイ・ストーリーズ』などで知られる超短篇の名手バリー・ユアグローさんが、盟友の翻訳家・柴田元幸さんと新たに取り組んだ〈コロナの時代の東京奇譚連作集〉『東京ゴースト・シティ』が新潮社より刊行されました。   来日したアメリカ人作家の前に続々と現れる「あの人たち」の陽気な幽霊――彼らは何を見せようとしているのか?! ニューヨークのジ […]


山岸凉子さんが電子書籍解禁! 『日出処の天子』『アラベスク』『青青の時代』『レベレーション(啓示)』など8作品 12月には第2弾も

KADOKAWAと講談社は、山岸凉子さんの単行本8タイトルの電子書籍を主要電子書店で発売開始します。 これまでも読者から電子書籍化を望む熱い声が寄せられていた山岸凉子作品ですが、今回、初の電子書籍化が実現。作品は講談社から6タイトル、KADOKAWAから2タイトルを10月4日(月)に同日発売。追加で12月下旬には、4タイトルがKADOKAWAより発売の予定です。   山岸凉子さんの数々の […]