本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

「半沢直樹シリーズ」6年ぶりの新作『半沢直樹 アルルカンと道化師』9月刊行!

講談社は、池井戸潤さん著『半沢直樹 アルルカンと道化師』を9月17日に刊行します。本作は『半沢直樹1 オレたちバブル入行組』(講談社文庫より発売中)につながる前日譚です。   『半沢直樹 アルルカンと道化師』あらすじ 時はさかのぼり、東京中央銀行大阪西支店在籍時代。半沢直樹が浅野支店長に土下座をさせ、奈落に突き落とす前のこと――。   半沢は、とある場所で静かにその落書きを見つ […]


少女たちを恐怖のどん底に叩き落とした、あの恐怖が蘇る!『私たちが震えた 少女ホラー漫画』刊行 きたがわ翔さん特別寄稿も

辰巳出版より、70年代から00年代の少女ホラー漫画の名作を紹介する『私たちが震えた 少女ホラー漫画』(編集:オフィスJ.B)が刊行されました。 多くのファンを持つ女性向けホラー漫画は、70年代は『なかよし』『少女フレンド』『花とゆめ』などで発表されていました。そして、80年代に入ると『ハロウィン』を皮切りにホラー専門誌が多数登場し、大きなブームを迎えていきます。 本書では、当時ホラー漫画に夢中にな […]


乃木坂46・高山一実さんヒット小説『トラペジウム』が中国語簡体字版を刊行 タイトルは『四重星』

KADOKAWAは、高山一実さん著『トラペジウム』の中国語簡体字版(発売元:広州天聞角川動漫有限公司)を7月5日に刊行しました。   「平成世代に売れた本1位」『トラペジウム』が中国語簡体字版でも発売に! デビュー小説にして25万部突破のベストセラーとなった乃木坂46の高山一実さん著『トラペジウム』は、写真集やビジネス書などの強力タイトルを抑え「平成世代に売れた本1位」(2019年、日販 […]


綾瀬はるかさんが「世界を食べつくす」写真集「ハルカノイセカイ」シリーズ第3弾はポルトガルへ! 「リスボン」編が刊行

講談社は、パナソニックとコラボし、女優・綾瀬はるかさんが世界10都市を食べ歩くビッグプロジェクト『ハルカノイセカイ』の写真集をLUMIXのフルサイズミラーレス一眼、Sシリーズで撮り下ろす挑戦を行っています。 昨年(2019年)8月の「台湾編」、今年1月の「ハワイ編」に続く第3弾として、リスボン編が7月2日に刊行されました。   『ハルカノイセカイ』プロジェクトについて 立っても! 座って […]


超短編エンタメ小説『三円小説』、 Instagramのいいね数が累計30万を突破! 収録作品をちょっと公開

金風舎が読書嫌いの小中学生のために出版した超短編小説で、1話3円×300話収録=900円という文学界初の明朗会計(?)でも話題の『三円小説』(著:原田剛さん)が人気を博し、小説が投稿されたInstagramのいいね数も累計30万を突破しました。   1話10秒で読めるから、慌しい夏休みにもパパッと読めて便利! 『三円小説』は、著者の原田剛さんが2019年1月からInstagramに投稿し […]


村上春樹さん最新短篇小説集『一人称単数』収録作と豊田徹也さんによる扉絵を公開

文藝春秋は、7月18日に刊行される村上春樹さん6年ぶりの短編小説集『一人称単数』の収録作品と、カバー装画を担当したマンガ家・豊田徹也さんによる扉絵を公開しました。   『一人称単数』収録作品と豊田徹也さんの扉絵を発表!   <収録作品> 村上春樹さん著『一人称単数』の収録作は、書き下ろしの1作を含む以下の8作です。   ◎石のまくらに (『文學界』2018年7月号) […]


“文学少女”シリーズの野村美月さん3年ぶり新作は同一人物を主人公にラノベと文芸で2冊同時刊行

“文学少女”シリーズで知られる野村美月さんの3年ぶりとなる新作『むすぶと本。『外科室』の一途』(ファミ通文庫)、『むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長いおわり』(KADOKAWA文芸単行本)が6月30日、KADOKAWAより同時刊行されました。 また、刊行を記念して『むすぶと本。『外科室』の一途』第1話の朗読を公開。著者・イラストレーターのサイン入り書籍などがもらえるキャンペーンも開催中です […]


ショートショートの名手・田丸雅智さんが新しい発想の国語ドリル『ショートショート とってもふしぎな創作ドリル』を刊行 物語のつづきを自由に書くことで「判断力」「思考力」「表現力」を育てる!

かんき出版は、田丸雅智さんによる新しい発想の国語ドリル『ショートショート とってもふしぎな創作ドリル』を刊行しました。   情熱大陸出演!小学校の教科書にも採用!ショートショートの名手・田丸雅智さんが新しい発想の国語ドリルを発売! 2020年新学習指導要領に対応した読解問題も掲載 『情熱大陸』ほか各メディアからの注目を集める現代ショートショート作家・田丸雅智さんによる、子どものための新し […]


第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞『ぼくらの』が完全版で蘇る!

小学館は、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、アニメ化もされた『ぼくらの』(著:鬼頭莫宏さん)を完全版として全5巻で刊行します。   ゼロ年代SFの名作が完全版で蘇る! 巨大ロボットものの新境地を開いた『ぼくらの』が刊行開始! 少年少女たちの心の機微を丁寧に描き、その斬新な設定で巨大ロボットものの新境地を開いた本作は、その後の漫画・アニメ・ゲームに大きな影響を与え続けて […]


シートン生誕160周年!『あらしのよるに』あべ弘士さん描く「あべ弘士のシートン動物記」が刊行開始! 第1弾は『オオカミ王ロボ』

『あらしのよるに』で知られるあべ弘士さんによる、小学校低学年向けの読み物「あべ弘士のシートン動物記」シリーズが学研プラスより刊行されます。第1弾は7月2日発売の『オオカミ王ロボ』。   100年以上読みつがれる、動物文学の名作 アメリカのカランポー平原に、牧場をあらしまわる強く大きなオオカミがいました。名前は、ロボ。 人間たちが仕かけたわなを、次々と見やぶるかしこいロボですが、実はひとつ […]