本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

動物版ヒューマンドラマ「BEASTARS ビースターズ」板垣巴留さん”人間漫画”『ボタボタ』が書籍化 人間漫画デビュー作読切「白ヒゲとボイン」も収録

板垣巴留さんのコミックス『ボタボタ』が、日本文芸社より刊行されました。   本作品は、動物版青春ヒューマンドラマ『BEASTARS ビースターズ』の板垣巴留さんが描く初の“人間漫画”で、『週刊漫画ゴラク』で短期集中連載されたものです 主人公・氷刈真子は、極度の潔癖症で、汚いものに触れると鼻血が出るという特異体質を持ちます。故に男女の触れ合いは困難。そんな彼女が愛を求める物語です。 なお、 […]


「犯人はこの中にいる!」事件に巻き込まれたときに使える!英単語帳『ミステリ仕掛けの英単語』が刊行

ミステリ調の物語と単語帳がひとつになった英語学習書『ミステリ仕掛けの英単語』が、学研プラスより刊行されました。 「犯人はこの中にいる」「これは事故に見せかけた殺人に違いない」……ちょっと不穏な例文で、英語の勉強にスパイスを加える英語学習書「ミス単」の誕生です。   いつか事件に巻き込まれたときに使いたい、生き残るための英単語帳! 「英語を学び直したいけど、続かない」 「とにかく英文を読ん […]


ベストセラー作家から中高生とその家族に向けた新シリーズ「小学館YouthBooks」が創刊 第1弾は樺沢紫苑さん、鴻上尚史さん、和田秀樹さん、鎌田實さん 帯イラストは藍にいなさん

中学生・高校生の「どうしたら……」にこたえる指針を、日本を代表するベストセラー作家がやさしく、わかりやすく綴る新シリーズ「小学館YouthBooks」が、2021年4月1日、4冊同時発売で創刊となりました。   10年後、世界を変える君たちへ! “たくましく幸せに生きる”ための情熱講義! どうしたら友だちに言いたいことが伝えられるの? どうしたら自信を持って生きられるようになるの? &n […]


「前の住所のままなので来年は届かないが言わない」前田理容さん俳句集『冬でも薄着の彼が風邪を引いた』が刊行

前田理容さんの俳句集『冬でも薄着の彼が風邪を引いた』が、パレードブックスより刊行されました。   どこかおかしくてどこか切ない現代自由律俳句集『冬でも薄着の彼が風邪を引いた』が発売! 「前の住所のままなので来年は届かないが言わない」 「じゃあまたねの本気度をはかる」 …など、151句の自由律俳句のほか、 飲食店で感じた抑えられない気持ちを描いた「グルメレポート」、 留年後にひとりで行った […]


かわいいのに激ムズ!難易度のギャップがすごすぎる間違いさがし本『決定版!むずむず!むずかしい!動物山盛りまちがいさがし』刊行

2019年に刊行され、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)などで取り上げられ話題となった『むずむず! むずかしい! 動物山盛りまちがいさがし』の決定版『決定版!むずむず!むずかしい!動物山盛りまちがいさがし』が扶桑社より新登場しました。   「まちがいさがし」で、なまった頭をフル回転! Twitterで発表するちょっとクセのあるかわいいイラストが人気のshimizuさん。 shimizu […]


任天堂元社長・岩田聡さんのことばを集めた本『岩田さん』が世界10種類の言語で刊行!

世界中のゲームファンとゲームクリエイターに愛された岩田聡さん(任天堂元代表取締役社長)のことばを集めた本『岩田さん』(2019年7月/ほぼ日)が、2021年4月以降、英語・フランス語・ドイツ語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・スペイン語・韓国語・ロシア語・イタリア語・ハンガリー語の合計10種類の言語で出版されることが決まりました。2015年に亡くなった岩田さんのことばが、さらに多くの方のもとに […]


坪田譲治文学賞作家・濱野京子さんが描く、格差社会のラブストーリー『野原できみとピクニック』刊行

坪田譲治文学賞作家・濱野京子さんのYA小説『野原できみとピクニック』が、偕成社より刊行されました。   育った環境が全く違う2人が恋に落ちたら? 2人の恋が現代日本を映しだす! 社会派の児童文学作家として知られる濱野京子さんは、これまで、原発、東日本大震災、難民問題、ヤングケアラーなどさまざまな社会の問題を作品に取り上げて、書き続けてきました。 そんな濱野さんが今回描いたのは「格差社会」 […]


あららぎ菜名さん「note」連載コミックエッセイ「東京藝大ものがたり」が書籍化 cakesで続編の連載もスタート

漫画家・あららぎ菜名さんがメディアプラットフォーム「note」で連載したコミックエッセイ(https://note.com/nana_23/m/m441deeadfab1)が書籍化され、『東京藝大ものがたり』として飛鳥新社から刊行されました。 本作品は、あららぎ菜名さんが自身の体験をもとに東京藝術大学の受験模様を描いたものです。「cakesクリエイターコンテスト2020」(https://note […]


インプレスが”未来を生きるための新書レーベル”ICE新書を創刊! 第1弾は『アンコンシャス・バイアス』『鬼滅フィーバーはなぜ起こったか』など5点

インプレスグループでデジタルファースト出版等のメディア事業を手掛ける株式会社ICEは、3月30日に新レーベル「ICE新書」を創刊しました。 第1弾として、グーグルが社員教育に導入したことから広く知られるようになった「無意識の偏見」についての考察である『アンコンシャス・バイアス』や、相手に真意を伝える文章のテクニックを示した『四則演算の文章術』、2020年に空前絶後の大ブームを引き起こした「鬼滅の刃 […]


谷川俊太郎さんの詩「うそ」が絵本になってエイプリルフールに刊行 中山信一さんの原画展も開催

2021年4月1日(エイプリルフール)に、絵本『うそ』(詩:谷川俊太郎さん/絵:中山信一さん)が、主婦の友社より刊行されます。   エイプリルフールに、谷川俊太郎さんの珠玉の詩「うそ」が絵本になって登場! 1988年に発表された谷川俊太郎さんの詩集『はだか』のなかの一編「うそ」が、新進気鋭のイラストレーター・中山信一さんによって、子どもだけでなく、大人にも届く絵本に生まれ変わりました。 […]