本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

樹木希林さん名言集『樹木希林 120の遺言』が発売初日に重版 累計15万部に

宝島社は、故・樹木希林さんの生前の言葉をまとめた書籍『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』を2019年1月28日に刊行しました。 同社では、樹木希林さんの名言が話題となっていることを受け、初版は異例の10万部を発行しましたが、発売前から予約が殺到したため、さらに発売初日に5万部の重版を決定。累計発行部数は15万部となりました。   本書は、『NHKスペシャル「“樹木希林 […]


佐野徹夜さん『君は月夜に光り輝く』第2弾刊行 永野芽郁さん主演で映画化、loundrawさん画集、マツセダイチさんコミックスも

永野芽郁さん主演で映画化も決定している、佐野徹夜さん著『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫)の第2弾となる『君は月夜に光り輝く +Fragments』が、KADOKAWAより2月23日に刊行されます。 さらに2月28日には、3月15日公開の映画『君は月夜に光り輝く』の劇場公開に合わせて企画された、原作のイラストを担当する人気クリエイター・loundrawさんの画集『夜明けより前の君へ fe […]


漫画家・魔夜峰央さんが初の絵本『けい君とぼく』を描きおろし! 子どもの純真な視点から問いかける大切な思いとは

少女漫画家・魔夜峰央さんが、初の絵本『けい君とぼく』をみらいパブリッシングより2月14日に刊行します。   魔夜峰央さんが問いかける「いろんな、大切な思い」とは? 愛しい思い、切実な思いを、あくまでも自由に、あくまでも生き生きと描き切った異色の描きおろし絵本が刊行されます。 本書は絵とテキストのみで表現する絵本という形式の原点に戻り、さまざまなタブーを軽やかに、楽しく乗り越えていきます。 […]


『宝島』真藤順丈さん×本TUBE 沖縄という“宝島”で歴史と人間模様が鮮やかに交差する!

旭屋書店が運営する”1億人の本と本屋の動画投稿サイト”「本TUBE」が、真藤順丈さんの単行本『宝島』 (講談社)の著者インタビューを行いました。また、サイン本を2名にプレゼントするキャンペーンも2月1日まで開催中です。   平成最後の直木賞受賞作品!物語は“英雄喪失”から始まる?「彼が消えた謎」から始まる青春小説 真藤順丈さんの『宝島』 (講談社)が好評発売中です。第160回直木賞受賞を […]


選書専門店「双子のライオン堂」が本屋発の文芸誌『しししし2』を刊行 特集はドストエフスキー

「100年後に残る本と本屋」「ほんとの出会い」をモットーに、書店業・出版業・イベント業を手掛ける、東京赤坂の選書専門店「双子のライオン堂」が1月25日、本屋発の文芸誌『しししし2 -特集 ドストエフスキー-』を刊行しました。   「双子のライオン堂」が本屋発の文芸誌『しししし』2号を刊行 株式会社バンブーラボが運営する選書専門店「双子のライオン堂」が、本屋発の文芸誌『しししし』2号を1月 […]


人生の体験談募集プロジェクト「カタリエ」よりベンチャー投資家・須田仁之さんと若手芸人「サンシャイン」坂田光さんの人生が書籍化

人生投稿サイトSTORYS.JPを運営する1010株式会社が「人の人生のリアルな可視化・価値化」を目指し、株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーと共催した人生の体験談募集プロジェクト「カタリエ」において、投稿作品の書籍化が決定しました。 ベンチャー企業30社以上の役員やアドバイザーを務める須田仁之さんと、若手実力派コント師として注目を集める「サンシャイン」の坂田光さん、それぞれの綴った自身 […]


重松清さん『木曜日の子ども』が「期間限定試し読み」&PV公開 平穏な日常に潜む裂け目と虚無を描き切った震撼の黙示録

どこまでも深い絶望の涯てに広がる終末の風景の先に見えてくるものとは――。 重松清さんの最新小説『木曜日の子ども』が、KADOKAWAより1月31日に刊行されます。家族や教育をめぐる、簡単には答えのでない問題を終始一貫して見つめ続け、ライフワークとして小説に仕立ててきた著者が、そのテーマのすべてを注ぎ込んで挑んだ超大作です。 本作の発売を記念して、1月21日より発売日前日の1月30日まで10日間連続 […]


辻真先さん×池上遼一さんによる幻の作品が雑誌連載時のオリジナルの形で初単行本化!

立東舎は、書籍『追跡者×拳銃野郎』(作画:池上遼一さん/原作:辻真先さん<『追跡者』>)を1月18日に刊行しました。   池上遼一さんの週刊誌連載デビュー作を初単行本化! 1968年に『週刊少年キング』に29回にわたって掲載された『追跡者』(原作:辻真先さん)は、池上遼一さんの記念すべき週刊誌連載デビュー作です。 また辻真先さんにとっても、少年マンガの原作を初めて担った作品です。 &nb […]


『東大生の本棚』西岡壱誠さん×本TUBE 東大生は何を読んで「東大生」になったのか?

西岡壱誠さんの新刊『東大生の本棚』(日本能率協会マネジメントセンター)が刊行されたことを記念し、旭屋書店が運営する”1億人の本と本屋の動画投稿サイト”「本TUBE」が著者インタビューを行いました。   東大生は何を読んで「東大生」になったのか?本棚を覗いてみよう 西岡壱誠さんの新刊『東大生の本棚』(日本能率協会マネジメントセンター)が11月10日に発売されました。 本作は、東大生100人 […]


「負け犬」という名の漫画『ルーザーズ~日本初の週刊青年漫画誌の誕生~』 「ルパン三世」誕生前夜から青年漫画誌黎明期の葛藤や興奮を描く

ドキュメント漫画の第一人者・吉本浩二さんによるコミック『ルーザーズ~日本初の週刊青年漫画誌の誕生~』(双葉社/アクションコミックス)の第2巻が、12月末に発売されました。 本作は、当時を知る人々への徹底した取材と漫画愛から紡ぎ出された熱き『漫画アクション』創刊秘話です。『このマンガがすごい!2019』(宝島社)では、オトコ編の第7位にランクインし、知る人ぞ知る作品だった本作が、じわじわと注目を集め […]