本のページ

SINCE 1991

「本の紹介」に関する記事

TSUTAYA「既刊発掘プロジェクト」 東野圭吾さん・原田マハさんの人気作品をTSUTAYAがプロデュース

TSUTAYAは、「既刊発掘プロジェクト」の2018年5月作品として、東野圭吾さん著『秘密』と、原田マハさん著『でーれーガールズ』の2作品を5月1日より全国のTSUTAYAにて展開開始しました。 「既刊発掘プロジェクト」とは、「TSUTAYAが『本との出会い』を変える。」をコンセプトに、すでに書籍化され販売している作品の中から、TSUTAYA書店員が「今だからこそ改めてお客様に手にとっていただきた […]


「あたりまえポエム」氏田雄介さんの超短編小説集『54字の物語』がヒット中 「#54字の文学賞」5/6まで開催

PHP研究所が発売中の『54字の物語』(著:氏田雄介さん)が、売れ行きを伸ばしています。同書は2018年2月19日の発売後、10日もたたないうちに増刷が決定。このタイミングでTwitterキャンペーン「#54字の文学賞」を開始したところ、WEBでの注目度も急上昇し、すでに4刷まで重版が決定しています。   「あたりまえポエム」考案者の新たな挑戦 著者の氏田雄介さんは、ごく当たり前のことを […]


ファンタジー「八咫烏」シリーズ『烏に単は似合わない』コミカライズ記念!描き下ろし表紙とコミック0話を収録した特別版を電子書籍で配信!

文藝春秋電子書籍編集部では5月10日、累計100万部の大ヒットファンタジー「八咫烏シリーズ」のコミカライズを記念して、『烏に単は似合わない 期間限定 描き下ろしイラスト+コミック0話収録特別版』(阿部智里さん)を発売します。 また、同日には「八咫烏シリーズ」の外伝も発売されます。 ※『烏に単は似合わない』の本文は、2014年6月に刊行された文春文庫版と同一です。 ※本作品は2018年12月31日ま […]


10代にこそ出会ってほしい「絵本」がある!YA絵本の魅力を本のプロ14人が紹介 絵本フェア、トークイベントも

西村書店は4月12日、『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』を刊行しました。 本書は、小さな子どものためのものと思われがちな「絵本」というジャンルの中に数多く存在する、10代の心にこそ響く素晴らしい作品と、日々揺れ動きながら成長していくYA世代とを結ぶ、頼もしい道案内となるブックガイドです。 なお、本書の刊行を記念し、5月11日にブックハウスカフェ(東京・千代田区)でトークイベントが開催 […]


TSUTAYA「新刊プロデュース文庫」第4弾は『最後の医者は雨上がりの空に君を願う』 25万部突破『最後の医者は桜を見上げて君を想う』シリーズ第2作

全国にTSUTAYAを展開する株式会社TSUTAYAは、「TSUTAYA が『本との出会い』を変える。」をコンセプトに、TSUTAYAの書店スタッフが、まだ書籍化されていない投稿小説や企画段階の小説の中から、本当に面白いと自信を持ってオススメできる作品を見つけ出し、書籍化するプロジェクト「新刊プロデュース文庫」の第4弾として、二宮敦人さん著『最後の医者は雨上がりの空に君を願う』(上・下)をTOブッ […]


『POPEYE』ニューヨーク特集は伊丹十三さん著『ヨーロッパ退屈日記』をオマージュ 人生は退屈な日々の連続だ。 だから時々、ニューヨークにでも行きたくなるのか?

マガジンハウスが発行する雑誌『POPEYE(ポパイ)』5月号は、2018年4月9日に「ニューヨーク退屈日記。」特集を発売しました。   蓮沼執太さん、近藤聡乃さん、佐久間裕美子さんほか、現地からの寄稿も含め27本のエッセイを収録 約3年半ぶりのニューヨークの特集は、若かりし頃の伊丹十三さんが1960年代にヨーロッパ諸国で実見して知ったことを誠心誠意書いたエッセイ集『ヨーロッパ退屈日記』に […]


第158回直木賞受賞作『銀河鉄道の父』で門井慶喜さんが「宮沢賢治の父を主人公にした動機」とは

1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」を運営する旭屋書店では、3月31日から各店舗で“2018年…これは抑えておきたい旬な一冊”にて、門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』を取り上げるのに連動して、門井さんへのインタビューも実施しました。 ★本編再生はコチラ! http://www.hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=2458   『銀河鉄道の […]


はやみねかおるさん『都会のトム&ソーヤ』が15周年&15巻達成!SNSを舞台にした横書き小説『奇譚ルーム』も発売!

累計360万部の「名探偵夢水清志郎」シリーズなどで知られる人気児童文学作家・はやみねかおるさんの代表作の一つ、「都会(まち)のトム&ソーヤ」シリーズが15周年を迎え、最新15巻『都会のトム&ソーヤ(15) エアポケット』が講談社より3月15日に発売されました。 また、「春のはやみねフェス」と題して、朝日新聞出版からは『奇譚(きたん)ルーム』が同時発売。SNSを舞台にしたヤングアダルト向けミステリー […]


絵本作家・かこさとしさんの創作の源流となる80年前の絵日記が一冊の本に

偕成社より、『過去六年間を顧みて かこさとし 小学校卒業のときの絵日記』(かこさとしさん・作)が刊行されました。   「だるまちゃん」シリーズや『からすのパンやさん』『どろぼうがっこう』などで知られる絵本作家・かこさとしさんの絵日記を書籍化 絵本作家として長年活躍し、現在91歳のかこさとしさん。 これまでに500点以上の作品を描いてきたかこさんが、小学校6年生の時に綴った絵日記が本になり […]


「サザエさん」幻の作品696点を初の書籍化!『おたからサザエさん』全6巻刊行へ

朝日新聞出版では、漫画家・長谷川町子さんの代表作「サザエさん」のうち、1949~74年に朝日新聞に連載されながら書籍化されていなかった四コマ漫画だけを初収録した新刊『おたからサザエさん』(全6巻)を、3月20日より刊行開始します。   長谷川町子さん生誕100年記念×朝日新聞出版創立10周年記念! 国民的漫画「サザエさん」は、1946年に福岡の地元紙「夕刊フクニチ」で連載が始まり、194 […]