本のページ

SINCE 1991

池上彰さん&佐藤優さん監修「働く君に伝えたい本物の教養(リベラルアーツ)」シリーズが始動! 第1弾は『池上彰の行動経済学入門』『佐藤優の地政学入門』

池上彰さん&佐藤優さん監修「働く君に伝えたい本物の教養(リベラルアーツ)」シリーズが始動!

池上彰さん&佐藤優さん監修「働く君に伝えたい本物の教養(リベラルアーツ)」シリーズが始動!

学研プラスは、池上彰さんと佐藤優さんが監修する「働く君に伝えたい本物の教養(リベラルアーツ)」シリーズの刊行をスタートしました。

 
「働く君に伝えたい本物の教養(リベラルアーツ)」シリーズは、「知識をあなたのモノにする入門書」です。知っている知識や情報を本質まで掘り下げ、自分の言葉で説明できる「教養」に育てます。

シリーズ第一弾として、池上彰さん監修『行動経済学』、佐藤優さん監修『地政学』を二本立てで発売します。「人はなぜ『限定』に弱いのか?」「ロシアとウクライナの関係はどうなっている?」など、日常生活から時事問題まで、身近な疑問をわかりやすく解説。ビジネスに役立つ「本物の教養」が身に付く入門書です。

 

池上彰さん監修『行動経済学』 「人は、なぜそれを買うのか?」マーケティングやビジネスに役立つ最新経済学をわかりやすく解説

人間の行動心理を読み解く「行動経済学」は、マーケティングやビジネスに役立つ知識として話題です。身近な事例から、行動経済学を読み解いていきます。

 
・売上を上げたいなら、二択より三択!
・損切りができないのは「サンクコスト効果」のため?
・なぜイケアの家具は、愛着がわくのか?
・政治にも利用される「バンドワゴン効果」とは?
・意思を決定するのは「直感」!?
・人を操る魔法の理論「ナッジ」とは?

 
「実際の人間の動きを理論化した行動経済学は、『人間とは何か』を追究する学問。だからこそ、ビジネスにもプライベートにも役立つ理論といえるのです。(はじめに より引用)」

身近な事例を通じて、行動経済学の基礎的な理論を学ぶことができる

身近な事例を通じて、行動経済学の基礎的な理論を学ぶことができる

一つのトピックを見開きで解説。イラストや図解を通じてわかりやすく

一つのトピックを見開きで解説。イラストや図解を通じてわかりやすく

 
<本書の構成>

introduction そもそも行動経済学とは何か?
序章 経済は「人の心」で動いている! ?行動経済学のキホン?
第1章 身近にあふれる! 行動経済学を利用したビジネス戦略
第2章 意思決定をする直感?「ヒューリスティック」?
第3章 「損したくない」が行動を決める! ? ?「プロスペクト理論」とは? ?
第4章 人は将来よりも「今」を重視する! ?「現在バイアス」「社会的選好」とは? ?
第5章 人を操る魔法の理論?「ナッジ」とは? ?
第6章 行動経済学が切り拓く未来

 

佐藤優さん監修『地政学』 世界で起こっている「なぜ?」を “知の巨人”がわかりやすく解説 国際政治の見方が変わる!

「地政学」とは、その国がどこにあるのか、どんな海と山に囲まれているのか、資源は豊かなのか、気候は穏やかなのか、どんな川が流れているのか、どのような民族が暮らしているのか…といった地理的要素から、その国の政治や外交、行動原理などを読み解く学問です。話題のニュースも「地理」から始めれば理解しやすくなります。

 
・中国の「一帯一路」構想とは?
・なぜ北朝鮮は「強気」でいられるのか?
・なぜ、シリア内戦は泥沼化しているのか?
・アメリカの新たなパートナーとは?
・米中は本当に「新冷戦」といえるのか?

 
世界の動き、国際政治の思惑が見えてくる「地政学」は、ビジネスにもプライベートにも生かせる唯一無二の学問です。地政学の基礎知識を身につけることで、世界情勢の「裏側」や各国の思惑が手に取るようにわかります(はじめに より引用)。

「地政学」の中でもキホンといえるトピック6つを第一章で紹介

「地政学」の中でもキホンといえるトピック6つを第一章で紹介

アメリカ・中国・ロシアなど目次でエリアを探すと、気になるニュースに直結して学べる

アメリカ・中国・ロシアなど目次でエリアを探すと、気になるニュースに直結して学べる

 
<本書の構成>

Introduction 地政学でわかる! 世界の紛争・事件の本当の理由
PART1 これだけは知っておきたい! 地政学のキホン
PART2 アメリカ・中国・ロシア 大国の戦略
PART3 地政学で読み解く 日本とアジアのリアル
PART4 中東とヨーロッパは何を考えているのか
PART5 地政学で先読み! 世界の未来予想図

 

監修者プロフィール

 
■池上彰(いけがみ・あきら)さん

1950年生まれ。長野県生出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年NHK入局。1994年から「週刊子どもニュース」のお父さん役を11年務め、2005年よりフリージャーナリストとして活動。世の中のしくみや難解な出来事を、ユーモアを交えつつわかりやすく解説し、テレビでも人気を博している。

著書に、ベストセラーとなった『なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと』『世界がぐっと近くなる SDGsとボクらをつなぐ本』(いずれも監修/学研プラス)ほか多数。

 
■佐藤優(さとう・まさる)さん

1960年生まれ。東京都出身。作家、元外務省主任分析官。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に勤務。その後、本省国際情報局分析第一課で、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴され、2009年6月に執行猶予付き有罪確定。2013年6月、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った。

『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)で毎日出版文化賞特別賞、『自壊する帝国』(新潮社)で新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

 

池上彰の行動経済学入門 (働く君に伝えたい「本物の教養」)
池上彰 (監修)

人は、なぜそれを買うのか? 人間の行動心理を読み解く「行動経済学」について、聞いたことはあるけれど、どういう学問なのかわからない、あるいは勉強したことがあるけれど、途中で挫折してしまった……という人も多いのではないでしょうか。
本書は、そんな人たちに向けて、池上彰さんならではの視点で行動経済学をわかりやすく解説することを目的にしています。
身近な事例を使いながら、行動経済学を読み解いていきます。すぐに、マーケティングやビジネスで活かせる知識が満載です。
池上先生は、「実際の人間の動きを理論化した行動経済学は、「人間とは何か」を追究する学問。だからこそ、ビジネスにもプライベートにも役立つ理論といえます」と語ります。今、話題の行動経済学の基礎知識はこの一冊でカンペキです。

佐藤優の地政学入門 (働く君に伝えたい「本物の教養」)
佐藤優 (監修)

世界的なビジネス教養として話題の「地政学」を佐藤優さんならではの視点から、図解を交えてわかりやすく解説しています。
「世界の動き、国際政治の思惑が見えてくる『地政学』は、ビジネスにもプライベートにも生かせる唯一無二の学問」と佐藤優さんは語ります。
地政学の基礎知識を身につけることで、世界情勢の「裏側」や各国の思惑が手に取るようにわかります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。