本のページ

SINCE 1991

吃音の詩人を救った、少年の日の、父からの言葉とは? 翻訳絵本『ぼくは川のように話す』が刊行

『ぼくは川のように話す』(文:ジョーダン・スコットさん/絵:シドニー・スミスさん/訳:原田勝さん)

『ぼくは川のように話す』(文:ジョーダン・スコットさん/絵:シドニー・スミスさん/訳:原田勝さん)

吃音に悩む少年を主人公に描いた翻訳絵本『ぼくは川のように話す』(文:ジョーダン・スコットさん/絵:シドニー・スミスさん/訳:原田勝さん)が、偕成社より刊行されました。

 

吃音をもつ詩人の実体験から生まれた絵本

バイデン米大統領や故・田中角栄首相も悩んだ吃音症は、幼少期には20人に1人が経験し、成人になっても100人に1人がその症状をもつと言われています。そのことが原因でからかいの対象になったり、コミュニケーションに不安を感じたりすることで、多くの子どもたちや大人が今も苦しんでいます。

 
そんな吃音のみならず、人と同じようにものごとが「なめらかに」できないことに悩む子どもたちを、「言葉と絵のイメージ」で救ってくれるのが、作者の実体験をもとに書かれた絵本『ぼくは川のように話す』です。

文章を書いたのは、自らも吃音をもつカナダの詩人ジョーダン・スコットさん。自身の幼いころの体験をもとに書いた、初の絵本です。

この作品で、「障害をもつ体験を芸術的な表現としてあらわした児童書」に与えられる、シュナイダー・ファミリーブック賞(米国図書館協会:主催)を受賞しています。

 
<作者あとがきより>

ぼくがまだ小さかったころ、「口の調子が悪い日」には、ときおり、父がぼくを学校にむかえにきて、川へつれていってくれました。(中略)

ある日のこと、父が、岸を洗う川の水を見ながら言いました。「ほら、あの水の流れを見てみろ。おまえの話し方にそっくりじゃないか」(中略)

川には河口があり、合流点があり、流れがあります。川というのは、永遠に、自分より大きなもの、広い場所をめざして、気負わず、たゆまず流れていきます。ところが、川は流れていく途中でどもることがあり、それはぼくも同じなのです。 (中略)

父が川を指さしたとき、ぼくはそこに、自分にしかわからない恐ろしいものを、言葉にするためのイメージや表現があることを知りました。こうして、父が吃音を自然の中の動きにたとえてくれたおかげで、ぼくは自分の口が勝手に動くのを感じるのが楽しくなりました。

絵本に登場する観音の見開き

絵本に登場する観音の見開き

 

担当編集者も吃音に悩んだ過去が ―― 編集者、訳者の熱量で日本での翻訳が実現

絵を描いたシドニー・スミスさんは、寡作ながらも、カナダ総督文学賞、ケイト・グリーナウェイ賞、エズラ・ジャック・キーツ賞と権威ある3つの賞の受賞歴があり、本作を含む4作でニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞を受賞している絵本作家です。本作でも、その卓抜な表現力と画面構成により、ジョーダン・スコットさんの詩的な言葉を視覚的なイメージでふくらませ、読者の胸にうったえかけてきます。

 
担当編集者はこのシドニー・スミスさんに以前から注目しており、新作を読んですぐに翻訳権のオファーを出したそうです。一冊の絵本としての素晴らしさに感動するとともに、自身も小学生のころ吃音に悩まされた経験があったことから、自らの手でこの絵本の翻訳を出したかった、と話しています。

 
また、訳者である原田勝さんは、当初からこの本に惚れ込み、翻訳エージェントに、日本で出版される際は、ぜひとも自分を訳者として提案して欲しいと依頼しており、今回偕成社では初の訳書を刊行することになりました。

 

本書のストーリー

主人公は、吃音に悩む男の子。

 
松の木の「ま」は、口のなかで根をはやして、ぼくの舌にからみつく。
カラスの「カ」は、のどのおくにひっかかってでてこない。

 
ある症状のひどい日、憂鬱な気持ちで迎えた放課後。父親が「うまくしゃべれない日もあるさ。どこかしずかなところへいこう」と少年を川へ誘い出します。黙って、彼を川につれていき、こう声をかけたのです。

 
「ほら、川の水を見てみろ。あれが、おまえの話し方だ」
見ると、川は……あわだって、なみをうち、うずをまいて、くだけていた。
「おまえは、川のように話してるんだ」

堂々と流れるようにみえる川も、あわだち、なみうち、うずまき、くだけて—-そう、どもっている。その言葉が、少年の心に沈殿していた恥ずかしさや憂鬱な気持ちを、根底から変えていきます。

 

著者プロフィール

 
■文:ジョーダン・スコット(Jordan Scott)さん

1978年生まれ。カナダの詩人。

2018年、これまでの業績に対してThe Latner Writers’ Trust Poetry Prizeを受賞。初めて絵本のテキストを手がけた『ぼくは川のように話す』により、シドニー・スミスさんとともに、障害をもつ体験を芸術的な表現としてあらわした児童書を対象に選ばれるシュナイダー・ファミリーブック賞を受賞。

 
■絵:シドニー・スミス(Sydney Smith)さん

1980年生まれ。カナダの画家。

『おはなをあげる』(作:ジョナルノ・ローソンさん)によりカナダ総督文学賞、『うみべのまちで』(文:ジョアン・シュウォーツさん)によりケイト・グリーナウェイ賞、初めての自作絵本『このまちのどこかに』によりエズラ・ジャック・キーツ賞とカナダ総督文学賞を受賞。上記3作と本書『ぼくは川のように話す』はすべてニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞を受賞している。

 
■訳:原田勝(はらだ・まさる)さん

1957年生まれ。東京外国語大学卒業。

長編の翻訳に『弟の戦争』『ハーレムの闘う本屋』『ペーパーボーイ』『コピーボーイ』『ヒトラーと暮らした少年』『夢見る人』、絵本の翻訳に『夜のあいだに』『セント・キルダの子』などがある。

 

ぼくは川のように話す
ジョーダン・スコット (著), シドニー・スミス (イラスト), 原田 勝 (翻訳)

「朝、目をさますといつも、ぼくのまわりはことばの音だらけ。そして、ぼくには、うまくいえない音がある」
苦手な音をどもってしまうぼくは、クラスの朝の発表でもまったくしゃべることができなかった。放課後にむかえにきたお父さんは、そんなぼくを静かな川べりにつれていって、ある忘れられない言葉をかけてくれた。

吃音をもつカナダの詩人、ジョーダン・スコットの実体験をもとにした絵本。
デビュー以来、作品を発表するごとに数々の賞を受賞して注目を集めるシドニー・スミスが、少年の繊細な心の動きと、父親の言葉とともに彼を救ってくれた美しい川の光景を瑞々しいタッチで描いている。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です