本のページ

SINCE 1991

実在するゲーム制作会社を舞台にした漫画『チェイサーゲーム』1・2巻刊行記念!松島幸太朗さん&松山洋さんのサイン・撮影会を開催

『チェイサーゲーム』1・2巻刊行記念!松島幸太朗さん&松山洋さんのサイン・撮影会を開催

『チェイサーゲーム』1・2巻刊行記念!松島幸太朗さん&松山洋さんのサイン・撮影会を開催

ファミ通.comで連載中の、実在するゲーム制作会社・サイバーコネクトツーを舞台にしたゲーム業界仕事漫画『チェイサーゲーム』のコミックス1・2巻が、9月13日に同時刊行されます。

これを記念して、9月21日に秋葉原・書泉ブックタワーにて、松島幸太朗さんと松山洋さんのサイン会&撮影会が開催されます。

 

書泉ブックタワーにて松島幸太朗さん&松山洋さんのサイン・撮影会を開催!

イベント当日は、ゲストに著者の松島幸太朗さんと、原作を担当した「サイバーコネクトツー」代表の松山洋さんが出席。お二人のサイン会の他、お二人と一緒に写真撮影ができる撮影会も開催されます。撮影会では、コミックにも登場している松山さんが、コミック内のご自身のポーズを再現します。

 
イベント参加券は9月10日10時より、書泉ブックタワー8Fにて、対象商品を2冊同時に予約・購入した方に先着で配布されます。また、同日13時からは電話・メールでも予約を受け付けます。

 
<「『チェイサーゲーム』1・2巻発売記念 松島幸太朗先生&松山洋さん サイン・撮影会」 開催概要>

■開催日時:2019年9月21日(土) 16時開始

■開催場所:書泉ブックタワー(秋葉原)9Fイベントスペース

■イベント内容:松島幸太朗さんと松山洋さんによるサイン・撮影会

■対象商品
◎商品名:『チェイサーゲーム』1巻・2巻
◎発売日:2019年9月13日(金)
◎発行:Gzブレイン(発売:KADOKAWA)

■イベント参加券配布について:9月10日(火)10時より、書泉ブックタワー8Fにて対象商品を予約・購入した方に先着順でイベント参加券を配布します。
◎電話でのイベント参加券の予約は書泉ブックタワー(TEL 03-5296-0051)宛で受け付けます。
◎メールでのイベント参加券予約は書泉ホームページ内のお問い合わせフォームにて受け付けます。
◎電話・メールでの申し込みはイベント前日まで受け付けます。
◎ただし、イベント参加券は定員に達し次第、配布終了となります。
◎参加券の配布は、一人一枚限りとなります。
◎イベント参加券は代金お支払い時に配布されます。
※イベント申し込み時には、必ずイベント詳細ページ内の注意事項をご確認ください。

★イベント詳細:http://www.shosen.co.jp/event/106424/

 

著者プロフィール

■著者:松島幸太朗さん

株式会社サイバーコネクトツー所属の漫画家。過去の主な作品は『ショー☆バン』『ストライプブルー』『永遠の一手』。

 
■原作:松山洋さん

株式会社サイバーコネクトツー代表取締役、ゲームクリエイター。代表作『.hack』シリーズ、『NARUTO-ナルト- ナルティメット』シリーズ、『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』など。

著書に『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』。

 

Amazon.co.jp 限定】チェイサーゲーム (1) クリアしおり・特製リーフレット付
松島 幸太朗 (著), 松山 洋 (その他)

仕事ってやつを“ガチで共感”できる漫画!!

ファミ通.comで連載が始まるや否や、“読むと(リアルすぎて)胃がキリキリする“と言われ、クリエイティブ業界を中心に波紋を呼んだ問題作!
読み進めていくと、「あれ…この漫画、仕事中の自分のこと描いている……」とさえ感じてしまう共感エピソードが満載。

<あらすじ>
「おっ俺がシニアに昇進!?」

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーの3Dアニメクリエイター、新堂龍也30歳。入社9年目にして、中間管理職のプレイングマネージャーに昇進を果たす。しかし、龍也を待ち受けていたのは、仕事報告を嘘つく年上の部下・上田や、やる気はあるが仕事の遅い新人社員・久井田、合理的に仕事を進めることしか考えない魚川といった、ひと癖もふた癖もあるメンバーばかり。試練続きの毎日ではあるが、ユーザーの笑顔のため日々ゲームを作り続ける!!

―「それでも俺は――ゲームの力を信じたい
だって俺は―― ゲームクリエイターだから」

その他、単行本だけの描き下ろしエピソードとして、龍也のことをきびしく指導しつつも暖かく見守ってくれている上司・穴井の若いころを描いた漫画や、原作者によるコラムなども収録。

※Amazon.co.jp限定のクリアしおり・特製リーフレット付!!

【Amazon.co.jp 限定】チェイサーゲーム (2) クリアしおり・特製リーフレット付
松島 幸太朗 (著), 松山 洋 (その他)

モヤモヤをぶっとばす、ナンバーワンお仕事漫画!!

「コミュニケーション能力が不足したら何だって言うんですか」

新堂龍也はインターシップで研修にきた黒田が周囲とコミュニケーションを取らず、自分の作業域しか見ることができないことを気にする。ゲーム制作とコミュニケーションの関係性を黒田に教えようとするが、なかなか伝わらず悪戦苦闘。そしてついに、研修最終日を迎えてしまう。果たして、黒田はゲームクリエイターの仕事をどう思うのだろうか。

「俺は――
絶対にゲームクリエイターに……」

また、第一部の終わりとして、いままでゲーム業界があまり触れてこようとしなかった、“エンターテインメント”と“自主規制”をテーマにした、重くリアルなエピソードも展開される。

その他、単行本だけの描き下ろしエピソードとして、龍也の同僚たちの休日を描いた漫画や、原作者によるコラムなども収録。

※Amazon.co.jp限定のクリアしおり・特製リーフレット付!!

 
【関連】
『チェイサーゲーム』1・2巻発売記念 松島幸太朗先生&松山洋さん サイン・撮影会 – 書泉/神保町・秋葉原

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です