本のページ

SINCE 1991

スウェーデンから届ける新婚夫婦のゆったり暮らし『北欧ふたりぐらし』1巻が刊行

白泉社は、だたろうさん作『北欧ふたりぐらし』1巻をヤングアニマルコミックスより刊行しました。   【あらすじ】 ふゆ美と陽平は付き合いたての社会人カップル。 日々の仕事に心をすり減らせる日々の中、「北欧に住みたい」というふゆ美のふとした一言がきっかけで、急転直下の結婚&日本から8000キロ離れたスウェーデン移住をすることに! そこは、自分たちのペースで暮らしを楽しめる場所だった。喧騒にさ […]


村雨辰剛さんフォト&エッセイ『村雨辰剛と申します。』が刊行 スウェーデンから帰化して日本人に!「筋肉体操」「カムカム」で注目を集めた謎のイケメンが、日本に憧れた少年時代から現在までを語る!

「筋肉体操」「カムカム」で注目を集めた謎のイケメン村雨辰剛さんが、日本に憧れた少年時代から現在までを語る『村雨辰剛と申します。』が新潮社より刊行されました。 北欧で生まれ育った青年はなぜ日本に来て、帰化・和名改名までしたのか? その素顔に迫るフォト&エッセイです。   「カムカムエヴリバディ」「みんなで筋肉体操」で注目の34歳、村雨辰剛さんの本格自伝! NHK「みんなで筋肉体操」でマッチ […]


2018年ノーベル文学賞発表を中止に追い込んだ渾身のルポ『ノーベル文学賞が消えた日』が刊行 スウェーデンのフェミニズムの実情、次々と暴かれていく選考組織内の権力闘争……スウェーデン最大級の#MeToo運動の内幕が、いま明らかに!

2018年のノーベル文学賞発表を中止に追い込んだ渾身のルポ、マティルダ・ヴォス・グスタヴソンさん著『ノーベル文学賞が消えた日――スウェーデンの#MeToo運動、女性たちの闘い』(訳:羽根由さん)が、平凡社より刊行されました。   すべては、ある「告発」から始まった 2018年5月、ひとつのニュースが世界中を駆けめぐりました。今年のノーベル文学賞は発表中止──。   きっかけとな […]


アンデシュ・ハンセンさん『スマホ脳』が40万部突破 「世界一受けたい授業」でも話題!池上彰さん、赤江珠緒さん、佐藤可士和さんも推薦!

アンデシュ・ハンセンさんの世界的ベストセラー『スマホ脳』(訳:久山葉子さん/新潮新書)が日本でも40万部に到達、快進撃が続いています。   最新の脳科学研究が明らかにする、恐るべき真実! 同書は教育大国スウェーデンで社会現象とも言えるほどの反響を呼び、13カ国で発売が決定。 使い方を誤ればうつや睡眠障害、依存や学力低下を招きかねない、とスマホに代表されるデジタル機器に警鐘を鳴らした同書は […]


世界15カ国で翻訳&ハリウッド映画化も進行中『愛の自転車 インドからスウェーデンまで最愛の人を追いかけた真実の物語』刊行

極貧のインド人青年PK(ピーケー)が最愛の人ロッタに会うためにインドからスウェーデンまで自転車で旅した実話で、世界15カ国で翻訳されベストセラーとなり、ハリウッド映画化も進行中の感動のラブストーリー『愛の自転車 インドからスウェーデンまで最愛の人を追いかけた真実の物語』が、徳間書店より刊行されました。   極貧のインド人青年が、愛する人を追って、ひとり自転車でインドからスウェーデンを目指 […]