本のページ

SINCE 1991

「くまのがっこう」あいはらひろゆきさん×ベトナム人画家が絵本『トモダチ』を共同制作!「ベトナムフェスティバルin上野恩賜公園」でサイン会を開催

日本とベトナムで共同制作した絵本『トモダチ』のプロモーションを行うKIKUNAMI合同会社は、絵本作家のあいはらひろゆきさんのサイン会を開催します。 上野恩賜公園竹の台広場(噴水広場)で催されるベトナムフェスティバルにて、12月12日(日)に、11:30からと13:30からの二部に分けて行います。   日越外交関係樹立50周年!あいはらひろゆきさんとベトナム人の若手イラストレーターが絵本 […]


【訃報】芥川賞作家・新井満さんが死去 「千の風になって」の訳詞・作曲など

芥川賞作家で、「千の風になって」の訳詞・作曲でも知られる新井満(あらい・まん=本名:みつる)さんが12月3日、誤嚥性肺炎のため北海道函館市の病院で死去しました。75歳。新潟市出身。告別式は近親者で執り行われます。   新井満さんは、1946年生まれ。上智大学を卒業後、電通に入社し、チーフプロデューサーなどを務めました。勤務の傍ら執筆活動に取り組み、1987年「ヴェクサシオン」で野間文芸新 […]


ハイブリッド型総合書店「honto」が電子書籍と通販の2021年年間ランキングを発表! 電子書籍は『呪術廻戦』、通販は「鬼滅の刃」公式ファンブックが1位

ハイブリッド型総合書店「honto」は、honto電子書籍ストアとhonto本の通販ストアにおいて、総合&ジャンル別に2021年に最も読まれた書籍年間ベスト10(集計期間:2021年1月1日~11月23日)を発表しました。 ★年間ランキングサイトURL:https://honto.jp/cp/hybrid/recent/ranking.html   話題の「鈍器本」がランクイン アジアド […]


60万部突破!森下典子さんエッセイ『日日是好日』がKindle Unlimitedで読み放題に

新潮社が刊行する森下典子さんの著書『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫)が、アマゾン社の提供する電子書籍読み放題サービスKindle Unlimitedの対象作品となりました。Kindle Unlimitedユーザーは無料で読むことができます。   樹木希林さん主演で映画化されたエッセイ『日日是好日』がKindle Unlimitedで読み放題に! 本書は、作家 […]


のこのこ書店が「こころのとんぷく本」のネット販売を開始

11月にオープンした古書店「のこのこ書店」(大阪市此花区)は、本を販売するのではなく「本からつながる想いがめぐる書店」を目指し、本3冊持ち込みで1冊無料、匿名でつながるオンラインコミュニティなどを行っています。   今回、同書店では「こころのとんぷく本」のインターネット販売を開始しました。 こころのとんぷく本とは、その日の気持ちに合わせて選ぶ、古本ボックスになります。本をよみたいけれども […]


累計40万部突破!星野源さん『いのちの車窓から』が書き下ろしを加え文庫化! 『ダ・ヴィンチ』ではロングインタビューを掲載

KADOKAWAは、2017年に刊行された星野源さんのエッセイ集『いのちの車窓から』文庫版を、2022年1月21日(金)に刊行します。   星野源さんの大ヒットエッセイ集『いのちの車窓から』が、カバーを新装&書き下ろしを加え文庫化! 星野源さんが雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載スタートした、エッセイ「いのちの車窓から」。第1巻となる単行本は2017年に刊行し、ベストセラー […]


スープ作家・有賀薫さんエッセイ『こうして私は料理が得意になってしまった』が刊行

メディアプラットフォームnoteでスープ作家・有賀薫さんが投稿した、家庭料理に関するエッセイをまとめた書籍『こうして私は料理が得意になってしまった』が、大和書房より12月4日に刊行れます。 有賀さんは、料理が楽しく・楽になるやり方や考え方をnoteに投稿。本書はnoteに投稿されたエッセイに書き下ろしを加えて構成されています。   毎日のごはん作りとうまく付き合うヒント ―― スープ作家 […]


この地球で生き抜くための愛のバイブル!美輪明宏さん『天声美語』が新装版で蘇る!

22年前に刊行された美輪明宏さんの名著『天声美語』が新装版となって講談社より刊行されました。   22年前に刊行された美輪明宏さんの名著が八館ななこさんの美麗な装丁で甦る! ビューティマガジン『VoCE』誌上で1998年から2000年にかけて連載され、その後書籍化された美輪明宏さんの名著『天声美語』が、よりコンパクトに、 若い女性に大人気のイラストレーター八館ななこさんの美麗な装丁で、 […]


「第38回織田作之助賞」最終候補作が決定 朝井リョウさん、大前粟生さん、岸政彦さん、滝口悠生さん、千早茜さんの計5作品

織田作之助賞実行委員会は12月2日、第38回織田作之助賞の最終候補作品を発表しました。 なお、最終選考会は12月17日に開催されます。   第38回織田作之助賞の最終候補作5作品が決定! 織田作之助賞実行委員会は、2020年10月1日から2021年9月30日までの1年間に初版が刊行された新鋭・気鋭の作家の小説を対象に、作家、評論家、ジャーナリスト、文芸関係者などからの推薦を受け、次の5作 […]


【令和3年度 織田作之助青春賞】松尾晴さん「母を迎える」が受賞

織田作之助賞実行委員会は、織田作之助賞の「新人賞部門」となる、24歳までの若手を対象とした令和3年度「織田作之助青春賞」の受賞作を発表しました。   令和3年度「織田作之助青春賞」の受賞作が決定! 令和3年度「織田作之助青春賞」には、265編の応募があり、その中から次の作品が「青春賞」に選ばれました。 なお今回は、18歳以下を対象にした奨励賞候補作品はありませんでした。   < […]