気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『美術手帖』1月号は「バイオ・アート」特集 アートと生命の未来を考える

『美術手帖』1月号は「バイオ・アート」特集 アートと生命の未来を考える

『美術手帖』1月号は「バイオ・アート」特集 アートと生命の未来を考える

美術出版社より、『美術手帖』2018年1月号が12月16日に発売されました。「バイオ・アート」を特集。遺伝子組み換え技術や培養細胞工学など、バイオ・テクノロジーを用いて作品を制作するアーティストやサイエンティストたちの活動に迫ります。

 

バイオ・テクノロジーを援用して作品を制作するアーティストたちの取り組みから見えてくる、アートとサイエンスの交わる場所にあるもの、そして生命と人類の未来とは?

光る動物、防弾皮膚、コンピュータを親に持つ細胞……SFの世界のもののように聞こえるそれらは、どれもテクノロジーによってすでに実現している。機械と生物、そしてその中間にあるものの境界がかたちを変え続ける現代、はたして想像力は生命のあり方を更新しうるのだろうか。

巻頭インタビューは、初音ミクの心臓を培養するプロジェクトなどで知られるアーティスト集団BCL、アルスエレクトロニカで「細胞が奏でる音楽」を発表した注目作家ガイ・ベン=アリさん、同性カップルの遺伝情報から「生まれうる子供」のイメージをつくり出し話題となった長谷川愛さん。

実際にアーティストと科学者が協働する国内外の研究施設のレポート、主要人物や科学用語、歴史をまとめたバイオ・アート初心者のための「基礎講座」のほか、バイオ・アートの現在を担うアーティストとサイエンティストの作品紹介、バイオ・アートと再生医療や倫理問題についての論考も収録しています。

また、特別対談には小室哲哉さんが登場。「科学者と芸術家の協働」をテーマに、自身がコラボレーションを行う科学者の脇田玲さんとその創作活動を語ります。

100ページ以上にわたり、科学の最先端で生み出される、SFの世界のような取り組みの数々をレポート。一冊でバイオ・アートの「現在」が網羅できる特集となっています。

 

『美術手帖』2018年1月号の内容〔敬称略〕

【特集】バイオ・アート アートは生命の未来を更新するのか?

・インタビュー
BCL/ガイ・ベン=アリ/長谷川愛

・バイオ・アート研究機関最前線
metaPhorest/SymbioticA/世界各地のバイオ・アート研究機関

・バイオ・アートの基礎講座 久保田晃弘=監修
・コラム:ポスト・ヒューマン時代のバイオ・アート 久保田晃弘=文
・伊藤亜紗インタビュー:偶然の生命を見つめること

・対談
福原志保×長谷川愛

・バイオ・アーティスト&サイエンティストファイル
ディムット・ストレーブ/マヤ・スムレッカー/トーマス・トウェイツ/サシャ・スパチャル/ティナ・ゴヤンク/ケヴィン・エスヴェルト/神崎亮平/ヤリラ・エイサディ/瀬筒秀樹/ジウォン・ウー/ジュリアン・シャリエール/林沛瑩/サンドラ・ファン・デル・アイク

・特別対談
小室哲哉×脇田玲

・論考
生命美学:メビウスの環を生きるためのバイオ・アート 岩崎秀雄=文
レオポンは再生医療の夢を見るか 八代嘉美=文
公共政策の媒体としてのアート[抄訳] ローリ・B・アンドリューズ=文 中野勉=翻訳

___

「エートル・モデルヌ(モダンであること):MoMAがパリに」展
ARTIST INTERVIEW デイヴィッド・シュリグリー
Artist Pick Up 福岡道雄
Curator Pick Up アレクサンドラ・モンロー
Beautiful Inspiration Pascin Ouyang Nana×Versace Photo by LESLIE KEE
ART NAVI 今月の美術館・ギャラリーガイド
___

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です