本のページ

SINCE 1991

『イラク水滸伝』高野秀行さん&山田高司さんが「第28回植村直己冒険賞」を受賞!

兵庫県豊岡市は2月16日、第28回植村直己冒険賞の受賞者を発表しました。今回2組が同時受賞となり、その1組に『イラク水滸伝』(文藝春秋)の著者・高野秀行さんと、同書のイラストを担当した旅の同行者にして探検家の山田高司さんがコンビで選ばれました。イラク南部の巨大湿地帯アフワールの謎に挑んだ二人の冒険と緻密な調査、その結実としてのノンフィクション大作『イラク水滸伝』が高く評価され、受賞となりました。 […]


小倉ヒラクさん『アジア発酵紀行』が青山ブックセンター本店総合年間ランキングで1位を獲得!

文藝春秋より11月14日に刊行された、発酵デザイナー・小倉ヒラクさんの新著『アジア発酵紀行』が、発売前から事前予約が殺到し、2023年の青山ブックセンター本店総合年間ランキング1位の売れ行きを達成しました。   発酵はアナーキーだ! チベット~雲南の「茶馬古道」からインド最果ての内戦地帯へ―― 本書は、日本の発酵食のルーツを探って、チベット~雲南の「茶馬古道」からインド最果ての内戦地帯に […]


高野秀行さん『イラク水滸伝』刊行記念!高野秀行さん×酒井啓子さんトークイベントを開催

ノンフィクション作家・高野秀行さん著『イラク水滸伝』が文藝春秋より7月26日に刊行されます。これを記念して、青山ブックセンター本店にて、高野秀行さんと国際政治学者・酒井啓子さんによるトークイベント「現代最後のカオス“イラク湿地帯”」が8月1日(火)にオンライン&リアル開催されます。   『イラク水滸伝』について   【本書の内容】 権力に抗うアウトローや迫害されたマイノリティが […]


「この旅で、おまえのために死んでもいい」作家・桐野夏生さんが到達した“現代の黙示録”『インドラネット』刊行 高野秀行さんとの対談、著者インタビューなどを公開

桐野夏生さんの最新小説『インドラネット』が、KADOKAWAより刊行されました。 本書の発売を記念して、著者・桐野夏生さんとノンフィクション作家・高野秀行さんとの対談、桐野夏生さんの単独インタビュー、文芸評論家・池上冬樹さん書評を、文芸WEBマガジン「カドブン」(https://kadobun.jp/)にて公開中です。   『インドラネット』刊行記念対談!桐野夏生さん×高野秀行さん(ノン […]


「インターナショナル新書」創刊4周年記念!非売品『コロナブルーを乗り越える本』プレゼントキャンペーン開催!

集英社インターナショナルが展開する新書レーベル「インターナショナル新書」が、2017年の創刊から4周年を迎えました。これを記念して、公式Twitterアカウントのフォロー&RTで『コロナブルーを乗り越える本』(非売品)を100名にプレゼントするキャンペーンを開催中です。   冊子『コロナブルーを乗り越える本』とは? 集英社インターナショナルでは、新型コロナ禍において、「出版社の私たちがで […]