本のページ

SINCE 1991

結城真一郎さん2年ぶりの新刊『難問の多い料理店』が刊行

『#真相をお話しします』(新潮社)で大ブレイクした結城真一郎さんによる2年ぶりの新刊『難問の多い料理店』が集英社より刊行されました。   結城真一郎さんが2年ぶりに仕掛ける、笑いあり、驚きあり、そして怖さあり……の摩訶不思議な本格ミステリ! 【あらすじ】 ビーバーイーツ配達員として日銭を稼ぐ大学生の「僕」は、注文を受けて向かった怪しげなレストランで、オーナーシェフと出会う。 彼は虚空のよ […]


シリーズ累計48万部突破!「鯖猫長屋ふしぎ草紙」シリーズが一挙電子書籍化!

PHP研究所は、田牧大和さんによる「鯖猫長屋ふしぎ草紙」シリーズ(1巻~11巻)を一挙に電子書籍化し、各電子書籍ストアにて配信を開始しました。   猫好きの心に火をつけシリーズ累計48万部突破! 大好評「鯖猫長屋ふしぎ草紙」シリーズが電子書籍版で一挙配信! 「鯖猫長屋ふしぎ草紙」シリーズは、PHP文芸文庫で2016年より刊行され、時代小説ファンだけでなく、猫好きの心もつかみ、2024年4 […]


謎解き×人狼×マーダーミステリー!ミステリー小説シリーズ「LIAR(ライアー)」第1弾『鐘の鳴る夜は真実を隠す』が刊行

Gakkenは、連作短編小説にゲーム要素をプラスした、ミステリーゲーム小説シリーズ「LIAR(ライアー)」を創刊し、第1弾として田中佳祐さん著『鐘の鳴る夜は真実を隠す』を刊行しました。装画は人気漫画家の石田スイさんが描きおろし。   あなたは、嘘つき犯人を見破れるか!? LIAR(ライアー)は、自らが探偵となって嘘つきの犯人を捜し出す、新しいミステリーゲーム小説シリーズです。 本シリーズ […]


東川篤哉さん初の「幽霊ミステリー(?)」『博士はオカルトを信じない』が刊行

2011年に本屋大賞を受賞し、シリーズ累計420万部突破した『謎解きはディナーのあとで』で知られる東川篤哉さん著『博士はオカルトを信じない』がポプラ社より刊行されました。 コミカルなキャラクターの掛け合いで東川さんの真骨頂を見せるだけでなく、初めて「幽霊ミステリー」を試み、かつ東川作品史上で最も若い中学生が主人公となる一作です。   探偵の息子でオカルト好きな中学男子 × 自称・天才発明 […]


平谷美樹さん「貸し物屋お庸謎解き帖」シリーズ第4弾『髪結いの亭主』が刊行

江戸のレンタルショップ・貸し物屋の娘店主が借り手の秘密や困り事、企みを見抜いて収める人情たっぷりの痛快時代小説「貸し物屋お庸謎解き帖」シリーズ第4弾、平谷美樹さん著『貸し物屋お庸謎解き帖 髪結いの亭主』が大和書房より刊行されました。   江戸の貸し物屋を舞台に娘店主が痛快謎捌き!   【あらすじ】 物のみならず知恵も貸すと評判の江戸のレンタルショップの娘店主のもとには、今日も秘 […]


東野圭吾さん『ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人』が文庫化 続編『ブラック・ショーマンと覚醒する女たち』単行本は2024年1月刊行

東野圭吾さん著『ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人』が文庫化され、光文社文庫より11月14日に刊行されます。また、シリーズ第2弾となる『ブラック・ショーマンと覚醒する女たち』が2024年1月に刊行されることが決定しました。   「ブラック・ショーマン」シリーズが開幕! 主人公は”謎解きのためなら手段を選ばない”元マジシャン! 2023年4月に著作の国内累計発行 […]


江戸川乱歩デビュー100周年!池袋「ミステリーの聖地化」プロジェクトが始動

一般社団法人としまアートカルチャーまちづくり協議会(東京都豊島区)は、豊島区および豊島区観光協会、民間企業各社と連携して2023年7月21日(金)より池袋の街を舞台にした体験型のミステリーアトラクションを複数展開するプラットフォーム「池袋ミステリータウン」を主催します。 豊島区では誰もが文化を楽しみ、時には主役となって文化を体感できる「リアルな劇場都市」を目指したまちづくりが進められてきました。本 […]


京王電鉄×岩井圭也さん〈街歩き短編小説〉「いつも駅からだった」第2話〈高尾山口編〉がスタート 第1話〈下北沢編〉は電子書籍として無料公開

休日ハックは、京王電鉄とReGACY Innovation Group2022年7月より開始した、鉄道・駅×地域コンテンツとの連携による移動ニーズの創出を目指す「KEIO OPEN INNOVATION PROGRAM」の一環として、小説×街歩き体験をかけあわせた、これまでにない体験型コンテンツ「いつも駅からだった」を企画制作しています。 第1話の下北沢編に続き、第2話の高尾山口編が5月16日から […]


“紙の本”でしか絶対にできない驚天動地の「しかけ」!杉井光さん『世界でいちばん透きとおった物語』が刊行

発売前から口コミで話題となった、“紙の本”でしか絶対に出来ない驚天動地の「しかけ」に「小説紹介クリエイターけんご」さんも絶賛する、杉井光さん著『世界でいちばん透きとおった物語』が新潮文庫nexより刊行されました。人気イラストレータ・ふすいさんによる美麗なイラストと「透きとおった」オビが目印です。   タイトルに込められた意味に気づくとき、あなたの見る世界は“透きとおる”   【 […]


著者全員が東大出身!結城真一郎さん、新川帆立さんら注目のミステリ作家6名による小説集『東大に名探偵はいない』が刊行

東大卒作家および現役東大生によるミステリ小説集『東大に名探偵はいない』(著:市川憂人さん、伊与原新さん、新川帆立さん、辻堂ゆめさん、結城真一郎さん、浅野皓生さん)がKADOKAWAより刊行されました。   結城真一郎さん、新川帆立さんら、今最も旬なミステリ作家が贈る前代未聞の「東大」小説集 『#真相をお話しします』で2023年本屋大賞ノミネートされた結城真一郎さん、『元彼の遺言状』『競争 […]