本のページ

SINCE 1991

夫婦別姓は伝統的?家父長制はいつから?女性リーダーって昔はいたの?『日本の女性・ジェンダーのいちばんわかりやすい歴史の教科書』が刊行

日本の女性・ジェンダー問題について、気になる12テーマの歴史的経緯をやわらかく解説する、飯田育浩さん著『日本の女性・ジェンダーのいちばんわかりやすい歴史の教科書』がグラフィック社より刊行されました。   史実×データで歴史経緯がわかる! 本書は、シリーズ150万部を突破する「超ビジュアル歴史シリーズ」など、歴史分野の編集・執筆に長年携わってきた著者・飯田育浩さんの最新作です。 &nbsp […]


松岡圭祐さん歴史ミステリ『シャーロック・ホームズ対伊藤博文 改訂完全版』『続シャーロック・ホームズ対伊藤博文』が刊行

松岡圭祐さんの歴史ミステリ『シャーロック・ホームズ対伊藤博文 改訂完全版』および『続シャーロック・ホームズ対伊藤博文』が角川文庫より刊行されました。   世界のシャーロキアンを圧倒した驚異の歴史ミステリ ホームズ×歴史、驚きに満ちたサスペンスと謎解きを楽しめる『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』の改訂完全版と、続編『続シャーロック・ホームズ対伊藤博文』の2冊が同時発売。ベストセラー作家に […]


日本の安全保障観に警鐘を鳴らす! 防衛省防衛研究所・千々和泰明さん『日米同盟の地政学 「5つの死角」を問い直す』が刊行

防衛研究所の気鋭の研究者・千々和泰明さんが日本の安全保障観に警鐘を鳴らす『日米同盟の地政学 「5つの死角」を問い直す』が新潮選書より刊行されました。   もう「日本だけの都合と願望」は通用しない! 基地使用、事態対処から拡大抑止まで、意外な盲点から安全保障の課題を突く 本書『日米同盟の地政学 「5つの死角」を問い直す』は、第二次世界大戦後に日米安全保障条約の締結に伴って成立した日米同盟の […]


イギリスにはなぜ未だに国王がいるのか? 「世界史のリテラシー」シリーズ『イギリス国王とは、なにか ~名誉革命』が刊行

2023年5月に創刊された誰もが疑問を抱く一つの「問い」を軸に、現在と未来を見通すシリーズ「世界史のリテラシー」の第6弾、君塚直隆さん著『イギリス国王とは、なにか ~名誉革命』がNHK出版より刊行されました。   一千年以上の長きにわたる「王権」と「議会」の絶妙な関係が見えてくる! 「世界史のリテラシー」では、歴史的な「あの事件」を、単なる知識だけでなく、それが現代社会にどう結びついてい […]


安徳帝は壇ノ浦に沈まず、三種の神器の剣とともに落ち延びた――玉岡かおるさん長編歴史ロマン『さまよえる神剣』が刊行

歴史人物評伝の名手、玉岡かおるさんが「日本史最大の謎」に挑む『さまよえる神剣』が新潮社より刊行されました。 鎌倉時代初期。承久の乱に敗れ、隠岐に流される後鳥羽上皇のため、若武者は二人の仲間とともに神剣探索の旅に出る。伝承をもとに分け入った四国山中には、幼い帝を擁した一行の足跡が残されていた。剣は、そして帝は生き延びていたのか――。歴史の巨大な謎に挑んだ若者の冒険と恋を、スリリングに、そして情感豊か […]


姜尚中さん総監修『アジア人物史』全12巻が完結 装画は荒木飛呂彦さん

集英社が創業95周年(2021年)記念企画として刊行してきた東洋史研究の集大成、姜尚中さん総監修『アジア人物史』(全12巻+索引巻)が、4月下旬刊行の第12巻『アジアの世紀へ』をもって、完結しました。 ※索引巻は2025年2月26日刊行予定。   『アジア人物史』について ~総監修は姜尚中さん、編集委員は10名の専門家、装画は荒木飛呂彦さん~     広大なアジア領域の歴史を、人物に光を […]


【第28回手塚治虫文化賞】ヤマザキマリさん&とり・みきさん『プリニウス』がマンガ大賞を受賞 新生賞に坂上暁仁さん『神田ごくら町職人ばなし』、短編賞に益田ミリさん『ツユクサナツコの一生』

朝日新聞社は4月22日、第28回手塚治虫文化賞の受賞作品・受賞者を発表しました。 なお、贈呈式&記念トークイベンは6月6日(木)に東京・築地の浜離宮朝日ホールで開催。一般参加者200人を募集します。   第28回手塚治虫文化賞が決定! 第28回手塚治虫文化賞の各賞が、次の通り決定しました。   <第27回手塚治虫文化賞 受賞作品・受賞者> ■マンガ大賞(年間のベスト作品) ヤマ […]


お金を切り口に偉人たちの生きざまに迫る!NHK Eテレ「偉人の年収 How much?」が書籍化

NHK Eテレ「偉人の年収 How much?」を書籍化した、『偉人の年収 How much? 年収でわかる!? 歴史のヒーロー偉業伝』(監修:NHK「偉人の年収 How much?」制作班)がKADOKAWAより刊行されました。   織田信長、野口英世、津田梅子… お金を切り口に偉人たちの生きざまに迫る! 織田信長、野口英世、樋口一葉……古今東西の偉人たちは教科書や歴史書のなかでその偉 […]


『昭和ぐらしで令和を生きる』刊行記念!平山雄さん×石黒謙吾さん×大場雄一郎さん×那部亜弓さんトークショーを開催

昭和の部屋・モノ・ファッションにこだわる27人が登場する『昭和ぐらしで令和を生きる』の刊行を記念し、書泉グランデ(東京・神保町)では、本書の著者・平山雄さんのトークショーを「昭和の日」4月29日(月・祝)に開催します。   「『昭和ぐらしで令和を生きる』刊行記念 平山雄さん、石黒謙吾さん、大場雄一郎さん、那部亜弓さんトークショー」開催概要 今回のイベントでは、ゲストに、本書にも登場するO […]


現代中国まで引き継がれる支配体制、その原点は秦王政の「キングダム」にあった――「世界史のリテラシー」シリーズ『「中国」は、いかにして統一されたか』が刊行

2023年5月に創刊された誰もが疑問を抱く一つの「問い」を軸に、現在と未来を見通すシリーズ「世界史のリテラシー」の最新刊、渡邉義浩さん著『「中国」は、いかにして統一されたか ~始皇帝の六国平定』がNHK出版より刊行されました。世界で存在感を増し続ける中国の「支配体制」の根源について、「秦の始皇帝による中華統一」をキーワードに読みときます。   中国の支配体制の根源には、何があるのか? 初 […]