本のページ

SINCE 1991

ヒコロヒーさん短編恋愛小説集『黙って喋って』が刊行

「国民的地元のツレ」ヒコロヒーさんによる、はじめての短編恋愛小説集『黙って喋って』が朝日新聞出版より刊行されました。   記憶の片隅にあった感情がじわっとあふれ出す恋愛小説集『黙って喋って』 吉本ばななさん、西加奈子さんも推薦! 友達以上恋人未満の彼に「あと十分一緒にいたい」とどうしても言えない甘酸っぱい瞬間、「分かってる女」として振舞ってしまい同僚を貶める発言をたしなめられなかったもど […]


ヒコロヒーさん短編恋愛小説集『黙って喋って』刊行記念お渡し会を開催

ヒコロヒーさん初めての短編恋愛小説集『黙って喋って』が1月31日(水)に朝日新聞出版より刊行されます。これを記念して、ヒコロヒーさんによるお渡し会が紀伊國屋書店新宿本店にて2月4日(日)に開催されます。   「ヒコロヒー短編恋愛小説集『黙って喋って』刊行記念お渡し会」開催概要 ■開催日時:2024年2月4日(日)14:30~ ※整理券のブロックによって集合時間が異なります。 ■会場:紀伊 […]


アジカン・後藤正文さんエッセイ集『朝からロック』が刊行

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)のボーカル&ギターを担当し、Gotch名義でソロ活動もおこなう後藤正文さんのエッセイ集『朝からロック』が朝日新聞出版より刊行されました。 本書は、朝日新聞朝刊で2017年4月にスタートした同名の人気連載から厳選したエッセイを再構成。音楽、社会、政治、本、震災、コロナ、そして思わず笑みがこぼれそうな日常の一コマまで、後藤さんが立ち止まって感 […]


小池真理子さんの新聞連載エッセイ『月夜の森の梟』が書籍化 夫・藤田宜永さんの肺に腫瘍が見つかってから死別するまで、そしてその喪失と向き合う日々を描く

作家・小池真理子さんが、2020年1月に亡くなった、夫で小説家の藤田宜永さんの肺に腫瘍が見つかってから死別するまで、そしてその喪失と向き合う日々を描き、朝日新聞連載時から多くの読者の共感を得たエッセイが書籍化され、『月夜の森の梟(ふくろう)』として、11月5日に朝日新聞出版より刊行されます。   「年をとったおまえを見たかった。見られないとわかると残念だな」 夫の藤田宜永さんの肺に腫瘍が […]