本のページ

SINCE 1991

約10年後の203Q年、地方局の再編が始まり、その10年後の204Q年、キー局は3大ネットワークに統合される――『テレビ局再編』が刊行

元キー局経営幹部の根岸豊明さんがテレビ70年の歴史を振り返りながら、「2030年代の地方局再編」「2040年代の3大メガネットワーク誕生」など、テレビの近未来を大胆に予測する『テレビ局再編』(新潮新書)が新潮社より刊行されました。   元キー局経営幹部が、テレビの近未来を大胆に予測する『テレビ局再編』   今から約10年後の203Q年、地方局の再編が始まり、その10年後の204 […]


10代のメンタルは「史上最悪」――『スマホ脳』著者アンデシュ・ハンセンさん最新作『メンタル脳』が刊行

『スマホ脳』など世界的危機に応えるシリーズが日本国内でも100万部を超えるアンデシュ・ハンセンさんの最新作『メンタル脳』が新潮社より刊行されました。   現代人のメンタルは「史上最悪」 不眠、不安、うつ、孤独…現代人のメンタルは「史上最悪」と言われています。とりわけ若年層のメンタルは深刻です。コロナ禍の渦中とは言え2021年、ユニセフは世界の10~19歳の若者の7人に1人以上が心の病気の […]


移動は自転車、外食は激安チェーン、旅行は我慢――『世帯年収1000万円 「勝ち組」家庭の残酷な真実』が刊行

ファイナンシャルプランナー・加藤梨里さん著『世帯年収1000万円 「勝ち組」家庭の残酷な真実』が新潮社より刊行されました。   タワマンや高級車なんてもってのほか! カツカツの生活を耐えしのんだ先に待つのは「所得制限」と「老後不安」だった――。 タワマンに住んで外車に乗る人まで国が支援するのか―― 所得制限撤廃の話になると、きまってこんな批判がわき起こります。しかし、当事者の実感は今やこ […]


「まずは親子の対話から」「信じて待つ」「本人の意思を尊重」→何も変わりません!『引きこもりの7割は自立できる』が刊行

二神能基さん・久世芽亜里さん著『引きこもりの7割は自立できる』が新潮新書より刊行されました。 著者たちが創設した「認定NPO法人ニュースタート事務局」は、30年にわたって若者支援の活動をしています。「レンタルお姉さん」「レンタルお兄さん」という、引きこもり本人に直接働きかける訪問支援を展開すると共に、引きこもりの青年たちをあずかる寮も運営しています。こうした活動を通じ、病気など特別の事情がない限り […]


不倫はすることより、バレてからが本番――恋愛小説の名手・唯川恵さんが実話を元に贈る〈修羅場の恋愛学〉『男と女 恋愛の落とし前』が刊行

恋愛小説の名手・唯川恵さん初の書下ろし恋愛新書『男と女 恋愛の落とし前』が新潮社より刊行されました。 「大人の恋には事情がある。だが、男に主導権はない」「恋愛は成功と失敗があるのではない。成功と教訓があるだけ」――恋に浮かれる人にも不倫の愛に悩む人にも、人生を狂わせた人にも、小説家・唯川恵さんが珠玉の名言を贈ります。   男は世間体をとり、女は自分をとる――。12人の女性のリアルな証言に […]


南インド料理ブームの火付け役・稲田俊輔さんエッセイ『お客さん物語 飲食店の舞台裏と料理人の本音』が刊行

南インド料理専門店「エリックサウス」の総料理長を務める稲田俊輔さんのエッセイ集『お客さん物語 飲食店の舞台裏と料理人の本音』が新潮社より刊行されました。   稲田俊輔さんが「お客さんと飲食店」にまつわるエピソードをつづるエッセイ集 レストランを舞台に日夜繰り広げられている、食をめぐる濃厚なドラマ。楽しくも不思議なお客さんの生態から、値上げや後継者をめぐる飲食店の舞台裏、サービスの本質まで […]


その忠告、スルーしても大丈夫!『聞いてはいけない スルーしていい職場言葉』が刊行

山本直人さん著『聞いてはいけない スルーしていい職場言葉』が新潮社より刊行されました。   仕事の悩み・職場のストレスを引き起こす「困った言葉」から解放される方法、教えます! 「仕事の悩みの8割は人間関係」――こんな説が人事関係の仕事をしている人たちの間では以前から唱えられているそうです。無理な残業はNGとなり、働き方改革も行われ、昔と比べるとかなり労働環境は改善されてきました。 &nb […]


これが、戦争の新しい形だ!サイバーセキュリティの専門家によるリアルタイムの戦況解説『ウクライナのサイバー戦争』が刊行

サイバーセキュリティの専門家として国際シンポジウムなどでも情報発信を続けている松原実穂子さんが「見えない戦争」の実相を読み解く『ウクライナのサイバー戦争』が新潮新書より刊行されました。   受刑者IT人材を活用《ロシア》vs.「サイバー義勇兵」が結集《ウクライナ》 ウクライナはもともと、それほど「サイバー強国」だったわけではありません。2014年、ロシアにクリミアを奪取された時点で、国内 […]


新潮社が「Kindle本」約7,500点を対象に50%ポイント還元フェアを開催

新潮社は、Kindleで配信している同社の電子書籍の対象作品を購入すると、購入額の50%分がポイントで還元されるフェアを2023年8月10日まで開催中です。 対象作品数は7,511点。新潮文庫をはじめ、新潮新書・新潮選書・バンチコミックスなど新潮社刊行の様々な電子書籍作品をお得に購入できます。   <Kindle本50%ポイント還元フェア 開催概要> 対象作品には、昨年実写映画が公開され […]


「プーチンの戦争」、野望と誤算の全貌とは? 秦郁彦さん『ウクライナ戦争の軍事分析』が刊行

軍事史研究の第一人者、秦郁彦さん著『ウクライナ戦争の軍事分析』が新潮社より刊行されました。   圧倒的な火力で迫るロシア軍と、欧米の軍事支援を受けるウクライナ軍との攻防は一進一退 ロシア軍の野望と誤算を冷徹に分析し、最新の戦局から今後のシナリオを示す ロシアによるウクライナ侵攻開始から早や1年4カ月。当初わずか数日のうちにウクライナを掌握可能とふんだプーチン大統領の目算は大きく狂い、今や […]