本のページ

SINCE 1991

ハイハイも体育座りもできない、同級生の姓すら知らない――『ルポ スマホ育児が子どもを壊す』が刊行

新潮ドキュメント賞受賞作『こどもホスピスの奇跡』や『ルポ 国語力を誰が殺すのか』など、子どものリアルへの取材を重ね、伝えてきた石井光太さんのノンフィクション『ルポ スマホ育児が子どもを壊す』が新潮社より7月16日に刊行されます。 スマホ登場以来16年、コロナ禍を経て、子どもの身体やコミュニケーションはどう変化しているのか。現代の子どもたちの成長現場のリアルを描いた作品です。   保育園か […]


家族や社会から見放されないために知っておくべき未来とは?『池上彰の未来予測 After 2040』が刊行

ジャーナリスト池上彰さんが生涯、家族や社会から必要とされ続けるために知っておくべき、これからの未来を綴った『池上彰の未来予測 After 2040』が主婦の友社より刊行されました。   ジャーナリスト池上彰さんが綴る未来予測の決定版! これまでさまざまな事件、災害、消費者・教育問題などを独自のわかりやすい視点で解説・報道し続けてきたジャーナリスト池上彰さんが考える未来の日本。 少子高齢化 […]


子どもたちから何が奪われているのか? 『体験格差』が刊行

子どもの教育格差の解消に取り組む公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)の代表理事・今井悠介さんによる初の単著『体験格差』が講談社現代新書より刊行されました。   「サッカーがしたい」「うちは無理だよね」――子どもたちから何が奪われているのか? 本書では、2000件以上の全国調査データと10人の当事者へのインタビューにより「体験格差」の実態に迫ります。   【本書のお […]


小学校に通えず、読み書きができないまま社会に出て、還暦を過ぎて夜間中学で学んだ――最愛の妻にラブレターを書くために…ノンフィクション『35年目のラブレター』が刊行

来春の全国劇場公開も決定、小倉孝保さんによるノンフィクション作品『35年目のラブレター』が講談社より刊行されました。   『35年目のラブレター』という実話が持つ重み   《貧しさ故にうそつき呼ばわりされていじめられ、低学年で小学校に通うのをやめた。読み書きができないまま社会に出て、つらい思いをした。でも、自分を苦しめてきた読み書きを覚えようと64歳で夜間中学に通い始めた。長年 […]


『じょっぱりの人 羽仁もと子とその時代』刊行記念!森まゆみさん講演会&サイン会を開催

明治草創期の日本で女性ジャーナリストの草分けとして活躍した羽仁もと子の生きざまを描く、森まゆみさん著『じょっぱりの人 羽仁もと子とその時代』が婦人之友社より4月23日(火)に刊行されます。 刊行を記念して、森まゆみさんによる講演会&サイン会が4月23日(火)に開催されます。   「森まゆみさん 出版記念講演会&サイン会」開催概要 今回のイベントでは、女性記者の先駆けとして近代女性史に大き […]


明治・大正・昭和激動の時代を駆け抜けた日本の女性ジャーナリストの先駆け『じょっぱりの人 羽仁もと子とその時代』が刊行

明治草創期の日本で女性ジャーナリストの草分けとして活躍した羽仁もと子の生きざまを描く、森まゆみさん著『じょっぱりの人 羽仁もと子とその時代』が婦人之友社より4月23日に刊行されます。   羽仁もと子とはどんな人か? 女性記者の先駆けとして近代女性史に大きな足跡を残した羽仁もと子の生き様を、地域雑誌『谷中・根津・千駄木』の編集長を25年務め、『鷗外の坂』など数多の著作を執筆し […]


「男が8割」の衝撃――その歪んだ事実と歴史的背景に現役の東大教授が迫る! 矢口祐人さん『なぜ東大は男だらけなのか』が刊行

現役の東大教授・矢口祐人さんの著書『なぜ東大は男だらけなのか』が集英社新書より刊行されました。   女性の“いない”キャンパス!? これは大学だけじゃない、日本全体の問題だ! 2023年現在、東大生の男女比は8:2です。日本のジェンダー・ギャップ指数が世界最下位レベルであることはよく知られていますが、将来的な社会のリーダーを輩出する高等教育機関がこのように旧弊的なままでは、真に多様性ある […]


荻上チキさん初のソーシャルアクション入門『社会問題のつくり方 困った世界を直すには?』が刊行

薬物報道やストーカー規制法、いわゆる「ブラック校則」など、さまざまな社会課題解決に取り組んできた荻上チキさんによる、絵本感覚で読めるソーシャルアクション入門書『社会問題のつくり方 困った世界を直すには?』が翔泳社より刊行されました。   世の中の空気を変えて、社会を動かすんだ! 社会の中で感じる困りごとや違和感、不公平だと思うシステムやルールたち。「おかしいな」「いやだな」と感じ、口に出 […]


何がすごいのか、どうしてすごいのか? 超名門校「筑駒」の謎を解く『筑駒の研究』が刊行

教育ジャーナリスト小林哲夫さん著『筑駒の研究』(河出新書)が河出書房新社より刊行されました。   当代屈指の教育ジャーナリストが、初めて「神童たちの楽園」の正体に迫る! ・中学入試でもっとも難易度が高く、天才、秀才、賢い人が多い。 ・東京大現役合格率日本一を続けている。 ・数学オリンピック金メダリストが続出した。 ・制服がないなど校則は定められていない。とにかく自由だ。 ・日銀総裁を2代 […]


『SPY×FAMILY』や『【推しの子】』で英語を学ぼう!学習アプリ「Langaku」がAndroid版をリリース

マンガに特化したAI技術の研究開発を行うMantra株式会社は、マンガを用いた英語多読学習アプリ「Langaku(ランガク)」のAndroid版を公開しました。   “マンガで楽しく英語多読” 学習アプリ「Langaku」にAndroid版が登場! Langakuは、集英社の名作マンガとMantra独自の学習サポート機能を組み合わせた、英語多読学習アプリです。2022年6月、集英社全面協 […]