本のページ

SINCE 1991

木内昇さん『かたばみ』が山中由貴さん主催「第10回山中賞」を受賞!

高知市の「TSUTAYA中万々(なかまま)店」の書店員であり、フリーペーパー「なかましんぶん」の編集長を務める山中由貴さんが、芥川・直木賞の発表に合わせて半年に一度、お客様に「どうしても読んで欲しい」と思った本の中(翻訳書も含め、ジャンルは問わず)から独自に選出する「第10回山中賞」を、直木賞作家・木内昇さんの『かたばみ』(KADOKAWA)が受賞しました。 受賞作の『かたばみ』は昨年8月に刊行さ […]


浅倉卓弥さん翻訳『デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ・シックスがマジで最高だった頃』が山中由貴さん主催「第7回山中賞」を受賞!

高知のTSUTAYA中万々店の本好き書店員であり、フリーペーパー「なかましんぶん」編集長として読書家からの信頼も篤い山中由貴さんが芥川・直木賞の発表に合わせて半年に一度選ぶ「第7回山中賞」に、テイラー・ジェンキンス・リードさん著、浅倉卓弥さん訳『デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ・シックスがマジで最高だった頃』(左右社)が選ばれました。   第7回山中賞は『デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ […]


太田愛さん『彼らは世界にはなればなれに立っている』が書店員・山中由貴さん主催「第4回山中賞」を受賞!

脚本家・太田愛さんの最新小説『彼らは世界にはなればなれに立っている』(KADOKAWA/2020年10月刊行)が、2021年1月19日に発表された第4回山中賞を受賞しました。 同書は、〈はじまりの町〉と呼ばれる架空の町を舞台とし、ジャンルを横断したエンターテインメント作品です。   山中賞とは 山中賞は、高知市の「TSUTAYA中万々店」の書店員・山中由貴さんが、お客様に「どうしても読ん […]