本のページ

SINCE 1991

【第79回現代俳句協会賞】マブソン青眼さん『妖精女王マブの洞窟』が受賞

現代俳句協会は6月25日、第79回現代俳句協会賞の受賞作を発表しました。   第79回現代俳句協会賞が決定! 現代俳句協会は6月22日、第79回現代俳句協会賞の選考委員会を開催。2023年中に刊行された協会会員の句集の中から第一次選考(20編)を経て選出された最終候補(9編)について審査を行い、次の通り受賞作を決定しました。   <第79回現代俳句協会賞 受賞作品> マブソン青 […]


瀬戸内寂聴さん遺句集『定命』が刊行

99歳でこの世を去った作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが生前書きためていた、花、旅、恋、孤独といった様々なテーマで詠まれた遺句集『定命(じょうみょう)』が小学館より刊行されました。   魂に響く「いのち」の遺句集 没後、寂庵の書斎からおびただしい数の句稿が見つかりました。   「小説とちがい、私にとっては俳句は無責任な愉しみだけを与えてくれるので今では無二の友になりました。死ぬまでつ […]


【第58回蛇笏賞・迢空賞】蛇笏賞は小澤實さん句集『澤』、迢空賞は吉川宏志さん歌集『雪の偶然』が受賞

公益財団法人 角川文化振興財団は、4月12日に第58回蛇笏賞、4月15日に第58回迢空賞の選考会を東京・飯田橋の志満金において開催し、受賞作が決定しました。 贈呈式は2024年7月2日(火)に角川武蔵野ミュージアム(東所沢)で関係者のみでの開催を予定。選考委員選評は2024年5月25日発売、の『俳句』『短歌』各6月号に掲載されます。   「第58回蛇笏賞」受賞者・受賞作品 <第58回蛇笏 […]


【第65回毎日芸術賞】俳人・柿本多映さん、作家・北方謙三さんらが受賞

毎日新聞社は1月1日、第65回(2023年度)毎日芸術賞の受賞者を発表しました。   「第65回(2023年度)毎日芸術賞」受賞者が決定! 第65回(2023年度)毎日芸術賞を俳人・柿本多映さん、作家・北方謙三さんらが受賞しました。   柿本多映(かきもと・たえ)さんは、1928年生まれ、滋賀県大津市出身。実家は寺院の園城寺(三井寺)。京都女子専門学校(現・京都女子大学)卒業。 […]


【第78回現代俳句協会賞】井口時男さん『その前夜』が受賞

現代俳句協会は6月26日、第78回現代俳句協会賞の受賞作を発表しました。   第78回現代俳句協会賞が決定! 現代俳句協会は6月24日、第78回現代俳句協会賞の選考委員会を開催。2022年中に刊行された協会会員の句集の中から第一次選考(21編)を経て選出された最終候補(13編)について審査を行い、次の通り受賞作を決定しました。   <第78回現代俳句協会賞 受賞作品> 井口時男 […]


【第57回蛇笏賞】小川軽舟さん句集『無辺』が受賞

角川文化振興財団は4月14日、1年間に刊行された句集の中で最も優れたものに贈る第57回蛇笏賞の受賞作を発表しました。   第57回蛇笏賞が決定! 第57回蛇笏賞は4月14日、角川本社ビル(東京・飯田橋)で選考委員会を開催し、次の通り受賞作を決定しました。   <第57回蛇笏賞 受賞作品> 小川軽舟(おがわ・けいしゅう)さん 句集『無辺(むへん)』(ふらんす堂)   受 […]


【令和4年度俳人協会四賞】俳人協会賞を森賀まりさん『しみづあたたかをふくむ』が受賞

俳人協会は、優れた句集や評論などに贈られる俳人協会四賞(第62回俳人協会賞および第46回俳人協会新人賞、第37回俳人協会評論賞、第37回俳人協会評論新人賞)の受賞作を発表しました。   俳人協会四賞が決定! 俳人協会四賞が次の通り決定しました。   ■第62回俳人協会賞 森賀まり(もりが・まり)さん 句集『しみづあたたかをふくむ』(ふらんす堂)   ■第46回俳人協会 […]


【第77回現代俳句協会賞】林桂さん『百花控帖』と堀田季何さん『人類の午後』が受賞

現代俳句協会は6月27日、第77回現代俳句協会賞の受賞作を発表しました。   第77回現代俳句協会賞が決定! 現代俳句協会は6月25日、第77回現代俳句協会賞の選考委員会を開催。2021年中に刊行された協会会員の句集の中から第一次選考(22編)を経て選出された最終候補(11編)について審査を行い、次の通り受賞作を決定しました。   <第77回現代俳句協会賞 受賞作品> ◎林桂( […]


【第56回蛇笏賞】「該当作なし」に決定

角川文化振興財団は4月20日、1年間に刊行された句集の中で最も優れたものに贈る第55回蛇笏賞の選考結果を発表しました。   第55回蛇笏賞が決定! 第56回蛇笏賞は4月20日、角川第一本社ビル(東京・飯田橋)で選考委員会を開催し、次の通り決定しました。   <第56回蛇笏賞 受賞作品> 該当作なし   選考委員は高野ムツオさん、高橋睦郎さん、中村和弘さん、正木ゆう子さ […]


【第37回詩歌文学館賞】田中庸介さん『ぴんくの砂袋』、志垣澄幸さん『鳥語降る』、遠山陽子さん『遠山陽子俳句集成』が受賞

日本現代詩歌文学館は3月9日、第37回詩歌文学館賞の受賞作を発表しました。   「第37回詩歌文学館賞」各部門の受賞作が決定! 第37回詩歌文学館賞の受賞作が次の通り決定しました。   ■詩部門 田中庸介(たなか・ようすけ)さん 『ぴんくの砂袋』(思潮社) ■短歌部門 志垣澄幸(しがき・すみゆき)さん 『鳥語降る』(本阿弥書店) ■俳句部門 遠山陽子(とおやま・ようこ)さん 『 […]