本のページ

SINCE 1991

台湾現代文学の担い手、呉明益さんオンライントークイベントを開催 KADOKAWA・河出書房新社・白水社・文藝春秋が主催

『複眼人』(KADOKAWA)、『眠りの航路』(白水社)、『雨の島』(河出書房新社)、そして『自転車泥棒』(文藝春秋)、『歩道橋の魔術師』(河出書房新社)の文庫化など、邦訳/新刊が相次ぎ、まさに「呉明益Year」となった2021年。出版社の垣根を越えて、版元四社主催によるオンライントークイベント「私の作品の中の日本と台湾」が11月20日に開催されます。 2018年にはブッカー国際賞候補にもなり、世 […]


ルイーズ・グリュック、カマラ・ハリス、マーガレット・アトウッド、アマンダ・ゴーマン――翻訳家・鴻巣友季子さんが語るオンライン講座「4人の女性のことばの力」開催

ノーベル文学賞作家ルイーズ・グリュックさん、アメリカ副大統領カマラ・ハリスさん、ブッカー賞作家マーガレット・アトウッドさん、大統領就任式の詩人アマンダ・ゴーマンさんの4人の女性の言葉を取り上げ、原文と訳文を対照しながら、その深い世界観に迫る、翻訳家・鴻巣友季子さんによるオンライン講座「4人の女性のことばの力」が3月5日(金)に開催されます。   鴻巣友季子さんと4人の女性たち 『風と共に […]