本のページ

SINCE 1991

「僕街」三部けいさん最新コミック『13回目の足跡』第1巻が刊行

コミック配信サイト「コミックNewtype」にて連載中の、三部けいさん作『13回目の足跡』第1巻がKADOKAWAより刊行されました。   “平凡”な家族が小さな幸せを手にするため、“過去”に立ち向かうヒューマン・サスペンス!   【あらすじ】 2018年、千葉県某市で小学校の教員として働く戸河桃弥は家族が大事な普通のお父さん。出来たばかりのマイホームで長男・逢生の退院を妻・小 […]


モモコグミカンパニーさん小説第2作『悪魔のコーラス』が発売前重版&札幌での刊行記念イベント開催

先月惜しまれながら解散したBiSHの元メンバー、モモコグミカンパニーさんによる小説第2作『悪魔のコーラス』が河出書房新社より7月21日に発売されましたが、同社では発売を前に重版を決定。また、即日完売となった東京、大阪、名古屋、福岡での刊行記念イベントに加え、8月19日に札幌でのイベント開催が決定しました。   モモコグミカンパニーさん小説第2作『悪魔のコーラス』について 『悪魔のコーラス […]


モモコグミカンパニーさん小説第2作『悪魔のコーラス』刊行記念!東京・大阪・名古屋・福岡でサイン本お渡し会を開催

先月惜しまれながら解散したBiSHの元メンバー、モモコグミカンパニーさんによる小説第2作『悪魔のコーラス』が河出書房新社より7月21日(金)に刊行されます。 また、東京、大阪、名古屋、福岡での刊行記念イベントの開催も決定しました。   窪美澄さん激賞! モモコグミカンパニーさん小説第2作『悪魔のコーラス』 6月29日(木)に開催された東京ドームでの解散ライブ「Bye-Bye Show f […]


「BiSH」モモコグミカンパニーさん小説第2弾〈戦慄の学園サスペンス〉『悪魔のコーラス』が刊行へ

河出書房新社は、BiSHモモコグミカンパニーさんによる小説第2弾『悪魔のコーラス』を、2023年7月下旬に刊行します。   大ヒットのデビュー作『御伽の国のみくる』に続く小説第2弾! “楽器を持たないパンクバンド” BiSHは、6月29日(木)に開催される東京ドームでの解散ライブ「Bye-Bye Show for Never」をもって、グループの解散が発表されています。2021年12月の […]


宮部みゆきさん〈12の俳句と12の短編小説〉『ぼんぼん彩句』が刊行

角川文化振興財団は、宮部みゆきさんの最新刊『ぼんぼん彩句』をKADOKAWAより刊行しました。   宮部みゆきさんの新たなる創作への挑戦は、ここから始まる! 《まったく触れたことがなかった17音の俳句の世界に、私は魅せられてしまいました。 第一巻の12作では、まだメンバー全員の句をカバーしきっていませんし、二巻、三巻と続けていきたい。 「凡凡」な眼差しと、身近な暮らしのなかに彩りを見出す […]


久坂部羊さん〈高級クリニックの黒い疑惑に迫る〉医療経済サスペンス『砂の宮殿』が刊行

久坂部羊さんの最新小説『砂の宮殿』がKADOKAWAより刊行されました。本書は、セレブ医師4人が経営する高級クリニックで起きた不審死事件をきっかけに、彼らが疑惑に囚われ揺らいでいく医療サスペンス小説です。 なお、発売を記念して、KADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」で本書の冒頭試し読みを特別公開中です。   がんの手術費、6200万円――高級クリニックの黒い疑惑に迫る医療経済サス […]


ヨン・コーレ・ラーケさん〈極寒のスリラー小説〉『氷原のハデス』がノルウェーより上陸!

巨大津波の脅威を描いた代表作「THE WAVE/ザ・ウェイブ」(2016年本邦公開)で第88回アカデミー賞外国語映画賞に選出、またその続編である「THE QUAKE/ザ・クエイク」(2018年)も世界で話題を呼んだ、ノルウェーを代表する映画脚本家ヨン・コーレ・ラーケさんの小説家デビュー作『氷原のハデス』(2019年)が扶桑社より上下巻同時刊行されました。 なお、冒頭40ページを無料公開中(http […]


吉川トリコさん〈二度読み必至の逆クロニクル・サスペンス〉『あわのまにまに』が刊行

吉川トリコさんの最新作『あわのまにまに』がKADOKAWAより刊行されました。 本書は、2029年から10年刻みで1979年までさかのぼりながら(逆クロニクル)、ある家族をとりまく真実が明かされていく全6章からなる小説です。   「好きな人とずっといっしょにいるために」、あのとき、あの人は何をした? 『余命一年、男をかう』(講談社)で第28回島清恋愛文学賞を受賞するなど、数々の傑作を発表 […]


著者全員が東大出身!結城真一郎さん、新川帆立さんら注目のミステリ作家6名による小説集『東大に名探偵はいない』が刊行

東大卒作家および現役東大生によるミステリ小説集『東大に名探偵はいない』(著:市川憂人さん、伊与原新さん、新川帆立さん、辻堂ゆめさん、結城真一郎さん、浅野皓生さん)がKADOKAWAより刊行されました。   結城真一郎さん、新川帆立さんら、今最も旬なミステリ作家が贈る前代未聞の「東大」小説集 『#真相をお話しします』で2023年本屋大賞ノミネートされた結城真一郎さん、『元彼の遺言状』『競争 […]


高階良子さん引退作は自らの血塗られた自伝!『70年目の告白~毒とペン~』完結巻が刊行

『ミステリーボニータ』で先日連載を終えた高階良子さんの漫画作品『70年目の告白~毒とペン~』の完結巻となる単行本第3巻が秋田書店より刊行されました。   ミステリー&サスペンスコミックの女王・高階良子さん引退作『70年目の告白~毒とペン~』第3巻が発売! 50年以上にわたり少女まんが界のサスペンス・ミステリージャンルに君臨し続けた高階良子さんがついに漫画家を引退します。『マジシャン』『地 […]