本のページ

SINCE 1991

〈30分あたり300円〉国内外の性産業に売られるネパールの少女たちのドキュメント『わたしは13歳 今日、売られる』が刊行

国内外の性産業に売られるネパールの少女たち――その現実、救出・保護を描いたドキュメント、長谷川まり子さん著『わたしは13歳 今日、売られる――ネパール・性産業の闇から助けを求める少女たち』が合同出版より刊行されました。   少女たちにつけられた値段は〔30分あたり300円〕 ――祖父母と妹と貧しいくらしをしていた少女スニタは14歳のときに、仕事を紹介してくれるという男にだまされ、売春宿に […]


カレー・オブ・ザ・イヤー2022企画部門受賞「ネコとカレーライス」第2弾!藤野ふじのさん『ビリヤニとガンジスの朝焼け』が刊行

マイクロマガジン社は、「カレー・オブ・ザ・イヤー2022」企画部門を受賞した藤野ふじのさん著『ネコとカレーライス スパイスと秘密のしっぽ』の続編『ネコとカレーライス ビリヤニとガンジスの朝焼け』(イラスト:ふすいさん)をことのは文庫より刊行しました。   今度はインドと日本の2か所で「僕たちのビリヤニ」作りに挑戦! 今回の舞台は「インド(バラナシ)」と「東京(南青山)」の2か所。 スパイ […]


「第16回出版甲子園」グランプリ受賞!熊谷はるかさん『JK、インドで常識ぶっ壊される』が刊行 タピオカもプリクラもない国インドで3年間を過ごしたJKが見たものとは?

河出書房新社は、「第16回出版甲子園」グランプリ受賞作品、熊谷はるかさん著『JK、インドで常識ぶっ壊される』を刊行しました。   現役女子高生が体験したエモい異文化交流記 熊谷はるかさんは現役の高校3年生。高校生活への憧れと夢を膨らませていた中学3年進級前の春、突如告げられたインドへの引っ越し。その後待ち受けていた新たな日々は、想像を超えて心を揺さぶられる「エモい」ものでした。 &nbs […]


アマゾンの先住民族との出会いからはじまる4年にわたる“探求の旅”の記録『これからやってくる素晴らしい世界の話』が刊行

ヒロカズマさん著『これからやってくる素晴らしい世界の話』が、自由国民社より刊行されました。   コロナ禍に必要な「しあわせ」の秘訣とは? 旅先で異文化に触れることで、抱えている問題を解決する糸口が見つかる――このような経験はありませんか?   本書は、4年にわたる「しあわせな生き方・社会のデザインとは何か」を探求するための旅を記録した一冊です。 「お金」の観念がない南米エクアド […]


世界15カ国で翻訳&ハリウッド映画化も進行中『愛の自転車 インドからスウェーデンまで最愛の人を追いかけた真実の物語』刊行

極貧のインド人青年PK(ピーケー)が最愛の人ロッタに会うためにインドからスウェーデンまで自転車で旅した実話で、世界15カ国で翻訳されベストセラーとなり、ハリウッド映画化も進行中の感動のラブストーリー『愛の自転車 インドからスウェーデンまで最愛の人を追いかけた真実の物語』が、徳間書店より刊行されました。   極貧のインド人青年が、愛する人を追って、ひとり自転車でインドからスウェーデンを目指 […]