本のページ

SINCE 1991

「書籍」に関する記事

萩尾望都さんが「SF作家・木下司」名義で発表した幻のSF小説『ピアリス』を初単行本化 「SF原画展」も全国巡回スタート

2017年7月、萩尾望都さんのSF小説『ピアリス』が河出書房新社より発売になりました。萩尾望都さんがマンガではなく小説で作品を著した、非常にめずらしい一冊です。   萩尾望都さん、初告白「SF作家・木下司は私でした」 『ピアリス』の初出は雑誌『The Sneaker Special』(角川書店/1995年廃刊)で、1994年春号・夏号・秋号・冬号に全4回連載されたものです。 「萩尾望都」 […]

「すごい小説」新潮社が、謎の作家・宿野かほるさん『ルビンの壺が割れた』を刊行前にウェブで全文公開 キャッチコピーを一般公募

新潮社は、8月22日に刊行する覆面作家・宿野かほるさんの『ルビンの壺が割れた』の全文を、7月14日から7月27日までの2週間限定で、特設サイト(http://www.shinchosha.co.jp/rubin/)にて全文公開しています。 また、「担当編集者からのお願い」として、本作のキャッチコピー案の一般公募も行っています。 なお、本作は新潮社の特設サイトのほか、各電子書店でも無料で配信されてい […]

超豪華本『坂本龍馬大鑑~没後150年目の真実~』 完全受注生産で予約受付〔9/15まで〕

KADOKAWAは、坂本龍馬没後150年を迎えた2017年に、完全受注生産となる『坂本龍馬大鑑~没後150年目の真実~』を刊行します。予約申し込み期間は、2017年7月14日(金)から2017年9月15日(金)まで。発売は「龍馬の命日」である11月15日(水)を予定しています。   「読んで」「見て」「触れて」「感じる」龍馬という漢。 薩長同盟、大政奉還などの実現に奔走し、近代日本の礎を […]

昭和の人気作家・獅子文六が再ブレイク! ちくま文庫が7月~9月に毎月1点ずつ刊行、NHKは『悦ちゃん』ドラマ化

筑摩書房が刊行している「ちくま文庫」の中で、今ひときわ注目を集めている作家がいます。戦前から昭和の中期まで絶大な人気を誇り、その作品の多くは映像化されるほどの国民的作家でありながら、没して以降は“忘れられた作家”と呼ばれ書店店頭でも見かけることがなくなっていた人物・獅子文六がその人です。 今やシリーズ累計発行部数は20万部を突破するほどの反響となっており、2017年7月15日からは初期代表作で、か […]

梅沢富美男さんが渋谷であなたの悩みを聞きます! 新刊『正論』発売記念サイン本お渡し会&お悩み相談会開催〔7/9〕

今テレビを始め各メディアで引っ張りだこ。歯に衣着せぬ“真っ向勝負”の意見で世間の矛盾を鋭く突く梅沢富美男さんの約9年ぶりとなる新刊 『正論 ~人には守るべき真っ当なルールがある~』が、7月6日にぴあより発売となります。   『正論 ~人には守るべき真っ当なルールがある~』発売記念サイン本お渡し会&お悩み相談会開催決定! 『正論 ~人には守るべき真っ当なルールがある~』の発売を記念して「梅 […]

発売2か月で4刷!『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』刊行記念 磯田道史さんの講演会を新宿で開催〔7/15〕

磯田道史さんのNHK出版新書『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』が、発売2か月弱ですでに4刷となっています。 『武士の家計簿』や『殿、利息でござる!』の映画の原作となったのは、歴史書でありながら、生々しいリアリティがドラマ性をもっていたから。その著者であり当代一の歴史学者である磯田道史さんが本作で挑んだのは、国民的作家・司馬遼太郎の視点でした。 日本人の歴史観をかたちづくったともいえる司馬史観を、歴史学 […]

手塚治虫さんのエッセイ集が2冊同時発売! 手塚治虫文庫4冊収納ボックスがもれなく当たるフェアも

リットーミュージックは6月20日、立東舎文庫より『手塚治虫エッセイ集成 映画・アニメ観てある記』『手塚治虫エッセイ集成 私的作家考』の2冊を同時発売しました。   『手塚治虫エッセイ集成 映画・アニメ観てある記』 巨匠が綴った、映画、アニメーションへの限りない憧憬と深い愛。 多忙な中、年間300本以上の映画を観ていたという手塚治虫さんは、マンガの虫であると同時に映画の虫でもありました。『 […]

『はがきの名文コンクール 一言の願い 明日への願い』発売 第3回はがきの名文コンクールも募集中

最近、「はがき」を書いたことがありますか?想いを綴り、ポストに出向き、コトンと投函。そんな「はがき」の魅力を再発見できる『はがきの名文コンクール 一言の願い 明日への願い』が刊行されました。 前略。どうだい、ソッチ。 もう馴れたかい。コッチは万事に不馴れで、閉口しているよ。 そうか、 出窓の手すりにきていた鳩も、君から豆が貰えず閉口しているのか、 おれが顔を出すと、ぷいと顔を背けて行っちまうんだ。 […]

フラワーアーティスト・東信さんのフォトストーリーブック『花のない花屋』 電子書籍版を無料公開(6/21まで)

朝日新聞出版では、国内外で精力的な活動を展開するフラワーアーティスト・東信さんによるフォトストーリーブック『花のない花屋』の電子書籍版を、6月8日(木)より2週間限定でKindle および ReaderStoreにて無料公開するキャンペーンを展開中です。   『花のない花屋』を無料公開 『花のない花屋』は、世界に一つだけの「花束」に託された想いが胸を打つ、感動の物語です。 贈り主が「花束 […]

『サラリーマン川柳 なっとく傑作選 30回記念版』が発売 歴代の名句も掲載

NHK出版より、「サラリーマン川柳30回記念」となる最新傑作選『サラリーマン川柳 なっとく傑作選 30回記念版』が発売されました。「なるほど、なっとく、なけちゃう川柳がてんこ盛り」の保全版です。   第30回サラリーマン川柳 2017年最新版! 「第一生命サラリーマン川柳コンクール」は、大会累計応募数が110万句を超える国民的川柳コンクール。本書は、第30回大会の応募約5万5千句の中から […]