本のページ

SINCE 1991

紗倉まなさんの小説デビュー作『最低。』が文庫化 映画化作品が東京国際映画祭2017コンペティション部門にノミネート!

現役セクシー女優・紗倉まなさんの小説デビュー作『最低。』が文庫化 映画化作品が東京国際映画祭2017コンペティション部門にノミネート!

現役セクシー女優・紗倉まなさんの小説デビュー作『最低。』が文庫化 映画化作品が東京国際映画祭2017コンペティション部門にノミネート!

KADOKAWAは9月23日、紗倉まなさんの小説デビュー作『最低。』を文庫化し、角川文庫より発売しました。

 

現役セクシー女優・紗倉まなさんの小説デビュー作『最低。』が角川文庫で登場!

映画『64-ロクヨン-』(横山秀夫さん/原作)を手掛けた瀬々敬久監督により今秋、実写映画化も決定している現役セクシー女優・紗倉まなさんの小説デビュー作が文庫化されました。

AV出演歴のある母親を憎む少女、あやこ。家族に黙って活動を続ける人気AV女優、彩乃。愛する男とともに上京したススキノの女、桃子。夫のAVを見て出演を決意した専業主婦、美穂。四人の女優を巡る連作短編小説です。

 

今秋公開映画『最低。』が東京国際映画祭2017コンペティション部門ノミネート決定!

紗倉まなさんの小説デビュー作を映像化した同名映画が、いよいよ11月25日に公開されます。

また、昨年は98の国と地域から1,502本もの応募のあった東京国際映画祭コンペティション部門に、今年、同映画『最低。』のノミネートが決定しました。今年は本作を含む15作品がノミネート。

 
【紗倉まなさんよりメッセージ】

瀬々敬久監督にメガホンをとっていただいた映画『最低。』が東京国際映画祭にノミネートされるという素晴らしいお話に、ただただ感激しております。

今回、私の処女作『最低。』が文庫化されるにあたりまして、書き下ろしエッセイも入れさせていただきました。

映画のほうは一足先に試写会で拝見しましたが、AV業界に足を踏み入れる女性3人が織り成す世界を、素晴らしく魅力的に表現していただいていました。儚げで、脆いけど強い、そんな女性の芯の部分にふわりと触れたような感動がありました。女性に生まれて良かったな、いや、女性に生まれて良かったのかな、としみじみ考えさせられるような。

たくさんの方に観ていただきたい映画です!改めまして、よろしくお願いいたします。

★映画『最低。』(11月25日公開)公式サイト:http://saitei-movie.jp/

★東京国際映画祭2017公式サイト:http://2017.tiff-jp.net/ja/

 

紗倉まなさん プロフィール

著者の紗倉まな(さくら・まな)さんは、1993年3月23日、千葉県生まれ。工業高等専門学校在学中の2012年にSODクリエイトの専属女優としてAVデビュー。2015年にはスカパー! アダルト放送大賞で史上初の三冠を達成する。

テレビ出演や雑誌グラビアでも活躍し、『週刊プレイボーイ』(集英社)、『messy』(サイゾー)でコラム連載。著書に単行本『最低。』、『凹凸』(ともにKADOKAWA)、エッセイ集『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)、スタイルブック『MANA』(サイゾー)がある。

 

最低。 (角川文庫)
2017年秋、実写映画化! 紗倉まなの小説デビュー作

 
【関連】
映画『最低。』オフィシャルサイト
第30回東京国際映画祭(2017)
紗倉まなさんの初長編小説『凹凸』が発売3日で重版 デビュー作『最低。』は今秋映画化 | 本のページ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です